『World of Tanks』のWargamingがロシアとベラルーシ事業から撤退。

, , ,

        

World of Tanksの開発元であるベラルーシミンスクのWargaming社は、ウクライナ侵攻を受けて、ロシアとベラルーシでの事業から撤退することを発表したようです。ロシアのウクライナ侵攻での影響と思われます。

Wargamingは1998年にベラルーシの首都ミンスクでCEOのビクター・キスライ氏が創業しました。2010年に『World of Tanks』を発売するまで、ストラテジーファン向けにさまざまな戦争ゲームを制作し、第二次世界大戦を舞台に一人称視点で戦車戦を実現し、マルチプレイヤーオンラインゲームとして大ヒット、東欧最大級の企業に成長した同社は、2011年に本社をベラルーシからキプロスに移転していました。

Wargamingは、3月31日付でロシアおよびベラルーシにおけるライブゲーム事業を、ロシア・サンクトペテルブルクのレスタスタジオの現地運営に移管したとの事。Lesta StudioはWargamingとは関係ないとのことです。Wargamingは、現在も今後もこのプロセスから利益を得ることはなく、逆に今回の決定でWargamingは大きな損失被る見込みとしています。

Wargamingは運用移行を完了させる予定で、移行期間中もロシアとベラルーシではライブ製品は利用可能になっており、将来的に新オーナーによって運営される予定との事。

そしてWargamingは、ベラルーシのミンスクにあるスタジオを閉鎖する手続きを開始したようです。この変更により影響を受ける従業員には、可能な限りの退職金とサポートを提供する予定だそう。

Wargamingは声明で、

「大きな決断ではありますが、私たちは会社として事業の将来に自信を持ち、プレイヤーの皆様に高品質のゲームをお届けすることをお約束します。」

Wargamingは、ウクライナに550人以上の従業員がいるようで、彼らに対して支援しようと試みているようです。

ロシアのウクライナ侵攻による影響がここにも出ているようです。ロシア軍によるウクライナ市民への無差別虐殺が全世界で大きく報道されており、今後ますますロシアのイメージは悪化、全世界で孤立化するのは明らかで、今後更にロシア離れが様々な方面で加速しそうです。

via VideoGameChronicle

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

映画、海外ドラマ、音楽、ビデオゲーム、ガジェット、自作ハイエンドPC、車、バイク、政治、経済、株式投資、格闘技、70年代のTVドラマ、超常現象などが大好きな湘南在住の管理人です。東京に住んでいた頃は、ハイエンドオーディオ、ハイエンドホームシアターなど趣味で実践していました。現在は、ソニー4KブラビアX9500Gの85インチで洋画、海外ドラマ、ビデオゲームをYAMAHAのA3070AVアンプ経由で5-1-4 9.1チャンネルのDolby Atmos環境で楽しんでいます。映画やゲームレビューはこのシステムかサブシステムのLG 55インチNANO91 4K 120Hzで検証しています。様々な幅広いジャンルでの経験で得た知識、見識をレビューやエッセイも含め、色々と書き綴って情報発信していきたいと思っています。尚、当サイトで書く内容は、あくまで個人的な好みや価値観での意見を書き綴っていますので、あしからず。 YOUTUBEチャンネルでは、高画質をモットーに4K解像度のゲームプレイ、PCゲームのベンチマーク動画、グラフィック比較動画に加えて他に好きなものなど、色々と公開していきたいと思いますので、お気に召したらチャンネル登録をよろしくお願いいたします。  https://www.youtube.com/user/hidebusa720