次期 iPhone、iPhone 14 Proモデルには、SamsungとLG製のホールパンチ・ディスプレイが搭載される?

,

Appleが来年、ホールパンチディスプレイ(ノッチのないフロントカメラの穴のみのディスプレイ)を搭載した新しいiPhone 14 Pro、ProMaxモデルを発売すると噂されています。新しいレポートによると、LGとSamsungがiPhone 14 ProとiPhone 14 Pro Max用にホールパンチディスプレイを供給するとのこと。本当ならば、ようやく画面上部の切り欠き(ノッチ)がなくなる事を意味します。

韓国のサイトThe Elecによると、LGとSamsungは、iPhone 14とiPhone 14 Pro Max用にAppleのホールパンチディスプレイを供給するようで、アップルの予想で定評のあるMing-Chi氏は以前、Appleが2022年のiPhoneモデルにホールパンチデザインを採用すると予想し、Appleはこのホールパンチディスプレイ「Pro」モデルのみに使用する可能性があると述べています。

レポートでは、韓国のパネルメーカーにとって今回のLTPO(低温多結晶酸化物)TFT(薄膜トランジスタ) OLED(有機EL)パネルの受注は、数量こそ少ないもののアップルのOLEDパネルのサプライチェーンでシェア拡大を積極的に狙っている中国のライバル企業BOEに対して優位性を保つために重要な意味を持っているとの事。

レポートでは、SamsungがiPhone 14 Pro、LGはiPhone 14 Pro Maxにホールパンチ・ディスプレイを提供するとのこと。LTPO TFT OLEDのサプライヤーとしてLGが加わったことは、iPhone13で独占供給しているSamsungへの依存度を下げ、価格交渉面でアップルが有利になるというメリットがある。としています。

とは言え、まだ1年近く先の話で、状況は不透明とは言えますが、「火のない所に煙は立たず」で、アップルがホールパンチディスプレイの採用を検討しているのは間違いないのかもしれません。現行のiPhone13シリーズではサムスンが唯一のディスプレイサプライヤーになっているので、今回のレポートが事実であれば、LGにとっては追い風になるかもしれません。

しかし気になるのは、ホールパンチディスプレイになるという事は、Face IDカメラはなくなるという事なのでしょうか?ギャラクシーの様にディスプレイ内の超音波指紋センサーになるのか、それともiPad Miniでも採用されているようなサイドボタンのTouch IDになるのか、、

個人的には、以前サブでパンチホールディスプレイのギャラクシーノート(画面内超音波式指紋センサーも装備)も使っていたので、サングラスやマスク着用時はFace IDより画面内超音波指紋センサーの方が使いやすかったかなと思いますが、アップルが簡単にFace IDを切り捨てるのかな、とも思いますし、果たしてどうなるのか気になるところです。🔚

via TheElec

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

映画、海外ドラマ、音楽、ビデオゲーム、ガジェット、自作ハイエンドPC、車、バイク、政治、経済、株式投資、格闘技、70年代のTVドラマ、超常現象などが大好きな湘南在住の管理人です。東京に住んでいた頃は、ハイエンドオーディオ、ハイエンドホームシアターなど趣味で実践していました。現在は、ソニー4KブラビアX9500Gの85インチで洋画、海外ドラマ、ビデオゲームをYAMAHAのA3070AVアンプ経由で5-1-4 9.1チャンネルのDolby Atmos環境で楽しんでいます。映画やゲームレビューはこのシステムかサブシステムのLG 55インチNANO91 4K 120Hzで検証しています。様々な幅広いジャンルでの経験で得た知識、見識をレビューやエッセイも含め、色々と書き綴って情報発信していきたいと思っています。尚、当サイトで書く内容は、あくまで個人的な好みや価値観での意見を書き綴っていますので、あしからず。 YOUTUBEチャンネルでは、高画質をモットーに4K解像度のゲームプレイ、PCゲームのベンチマーク動画、グラフィック比較動画に加えて他に好きなものなど、色々と公開していきたいと思いますので、お気に召したらチャンネル登録をよろしくお願いいたします。  https://www.youtube.com/user/hidebusa720