【DF】結局、AMD RADEON RX6900XTはRTX3090を超える「New KING」と言える性能なのか?

テック解析で知られるデジタルファウンドリが、AMD RADEON RX6900XTのグラフィックカードの徹底テストを行い、一応の結論を出しています。以下のリンク先で詳細なテスト動画などが詳しく観れます。

Death Stranding, Far Cry 5, Hitman 2, Assassin’s Creed Odyssey.

Doom Eternal, Control, Borderlands 3, Shadow of the Tomb Raider.

Metro Exodus, Dirt Rally 2, Assassin’s Creed Unity.

Control, Metro Exodus, Battlefield 5 レイトレーシングゲーム

AMDのカードは、標準的なラスタライズ・ゲーミングベンチマークでは、紛れもなく速いことは確かなようで、RTX 3090を上回るタイトルもあります。

ハイエンドクラスになる、RX 6800 XT、RX 6900 XTは、nVIDIA RTX 3080とRTX 3090との間で完全に競合していますが、しかしAMDの製品はどちらも様々なテストでnVIDIAのカード(RTX 3080、RTX 3090)を完全に打ち負かす事は出来ていないようです。

AMDが革新的な技術(スマートアクセスメモリなど)を駆使してnVIDIAに挑戦状を叩きつけることで、間違いなくパワー競争に戻ってきたことは確かですが、DFは新しいAMD RADEONのグラフィック・カード(RX 6900 XTを含む)は、次世代の機能とパフォーマンスの面で大きく遅れをとっていることは間違いないとしています。

その大きな要因はレイトレーシングです。レイトレーシングについては、SNSなどネットでも熱い議論が交わされてきましたが、次世代コンソールへの導入や、『Cyberpunk 2077』を含む主要タイトルへの展開は、この機能がビジュアル忠実度の新時代における重要な物である事は間違いありません。

レイトレーシングは RDNA 2 カード上で動作し、コンソールに搭載されているのと同じコア技術であるため、将来的にはこの技術がより活用されることが期待されてはいます。

しかし、現在nVIDIAはより多くこの機能に投資し、レイトレーシングの性能を倍近くに向上させたことで、パフォーマンスの向上は明らかです。これはRTX 2080TiからRTX 3090に換えた私も本当に実感しています。

今回のDFのテストでの問題は、DLSS技術(nVIDIAのAIで処理する専用Tensorコアで低解像度を高解像度化し処理負荷を軽減する技術)をサポートしている「Control」や「Death Stranding」のようなゲームに、AMDがどうアプローチするかということです。

DLSSがない場合、Death StrandingはAMDのグラフィックスカードでは、より高速に動作するようですが、DLSSがある場合はAMDよりnVIDIAの方がはるかに高速で、見た目にも優れた結果になっています。

既にnVIDIAのRTXカードをお持ちのユーザーなら明らかなことですが、DLSSはレイトレーシングの膨大な処理を軽減するために必要不可欠であることが既に証明されています。

DFによると、AMDはnVIDIAのDLSSのような独自の超解像機能を開発中で、プレス向けのブリーフィングコールでは、この機能のリリース時期はまだ明らかにされておらず、実際にどのように機能するのかはまだ不明だそうです。しかし、DFが入手している情報では、「機械学習機能(ML)」は使用していないようです。

結果的に、RX 6900 XTの性能はnVIDIAのRTX 3080とRTX 3090の間のパフォーマンスに位置しているようです。しかし、RX 6900XTはRTX 3090の希望小売価格よりも500ドル(約55,000円)安いというのは大きなポイントので、やはりコスパではRX 6800 XTには敵わないようです。

とは言え、DFはすべてのバージョンでAMDにとって、パフォーマンスと機能において非常に印象的な飛躍で、2015年のRadeon R9 Fury X以来初めて、競争力が高い製品だと評価しています。AMDがこの勢いを維持できれば、将来は非常に明るいものになるだろうと結論づけています。🔚

via Eurogamer, DigitalFoundry

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

映画、海外ドラマ、音楽、ビデオゲーム、ガジェット、自作ハイエンドPC、車、バイク、政治、経済、株式投資、格闘技、70年代のTVドラマ、超常現象などが大好きな湘南在住の管理人です。東京に住んでいた頃は、ハイエンドオーディオ、ハイエンドホームシアターなど趣味で実践していました。現在は、ソニー4KブラビアX9500Gの85インチで洋画、海外ドラマ、ビデオゲームをYAMAHAのA3070AVアンプ経由で5-1-4 9.1チャンネルのDolby Atmos環境で楽しんでいます。映画やゲームレビューはこのシステムかサブシステムのLG 55インチNANO91 4K 120Hzで検証しています。様々な幅広いジャンルでの経験で得た知識、見識をレビューやエッセイも含め、色々と書き綴って情報発信していきたいと思っています。尚、当サイトで書く内容は、あくまで個人的な好みや価値観での意見を書き綴っていますので、あしからず。 YOUTUBEチャンネルでは、高画質をモットーに4K解像度のゲームプレイ、PCゲームのベンチマーク動画、グラフィック比較動画に加えて他に好きなものなど、色々と公開していきたいと思いますので、お気に召したらチャンネル登録をよろしくお願いいたします。  https://www.youtube.com/user/hidebusa720