【XboxWire日本語訳】XboxシリーズX|SがフルAMD RDNA 2アーキテクチャをどのように統合しているか、詳しく見てみましょう。

Xbox公式ニュースサイトXboxWireが更新され、AMDとXBOXの提携関係、そしてRDNA2がいかにAMDと緊密に協力して、XboxシリーズX、シリーズSに結実したのか、詳細な解説がされています。特に興味深い一文は、

XboxシリーズX|Sは、AMDが本日発表したRDNA 2のすべての機能をハードウェアでフルサポートしている唯一の次世代ゲーム機です。」

とした事で、XboxシリーズXとシリーズSが唯一の「フルRDNA2」採用のコンソールという事が明らかにされています。


Team Xboxでは、本日のRadeon RX 6000シリーズのRDNA 2 GPUの発表について、AMDの素晴らしいパートナーの皆様にお祝いの意を表し、お祝いしたいと思います。AMDが、新しいAMD RDNA 2アーキテクチャが世界中のゲーマーに提供できるパワーと可能性を実証したことは、信じられないことでした。AMDは、CPUとGPUのイノベーションにおける業界のリーダーであり続け、PC、コンソール、クラウドに次世代の機能をもたらします。

Xbox 360に始まる過去15年間のXboxとAMDの長期的な戦略的関係が、XboxシリーズXとXboxシリーズSの中核をなしています。11月10日に発売されるXboxシリーズX|Sは、AMDの最新アーキテクチャ「Zen 2」とRDNA 2を搭載し、これまでのコンソールゲーム機にはないパワー、パフォーマンス、互換性を提供する次世代ゲーム機の先駆けとなります。XboxシリーズX|Sは、AMDが本日発表したRDNA 2のすべての機能をハードウェアでフルサポートしている唯一の次世代ゲーム機です。

Image:UBI Soft

AMDの最新のRDNA 2アーキテクチャは、従来のアーキテクチャに比べてパフォーマンスと効率を大幅に向上させるとともに、ハードウェア・アクセラレーションDirectXレイトレーシング、メッシュ・シェーダー、サンプラー・フィードバック、可変レート・シェーディングなどの新しいハードウェア・アクセラレーション機能を追加しました。ハードウェア・アクセラレーションされたDirectXレイトレーシングは、Ubisoftの『Watch Dogs: Legion』などのタイトルで発表され、開発者はリアルなライティング、シャドウ、反射、音響などの技術により、新たなレベルのビジュアルフィデリティと没入感を提供することができます。

メッシュシェーダーは、リアルタイムでジオメトリを操作することができ、開発者がこれまでにない高レベルの忠実度と柔軟性を提供します。サンプラーフィードバックは、GPUがシーンに必要とするテクスチャの一部のみを細かい粒度でメモリにロードできるようにすることで、メモリ効率を大幅に向上させ、生のハードウェア能力を超える効果的な2.5倍のメモリと帯域幅を提供します。また、サンプラーフィードバックは、オンデマンドでテクスチャの効率的な作成とシェーディングを可能にします。

最後に、「VRS (Variable Rate Shading) 可変レートシェーディング」は、開発者が Xbox シリーズ X|S のパワーをフルに活用する方法について、より細かいグレインコントロールを実現します。これにより、開発者は画質を落とすことなく、フレームの中で最も恩恵を受ける部分にGPUリソースを集中させることができます。可変レートシェーディングのような技術を活用することで、Gears 5のようなゲームでは、パフォーマンスが最大15%以上向上し、より高く、より安定したフレームレートと、解像度を全く同じ画質で実現することができます。

これらの次世代機能はすべて、XboxシリーズXとシリーズSの両方のハードウェアで利用可能であり、PCでも利用できるようになることを期待しています。これにより、コンソールとPCの両方でゲームを開発する際に、開発者が信頼できる共通の機能を提供することができます。

Image:Microsoft

Xbox シリーズ X | S の開発当初から、私たちは、コンソール、PC、クラウドを横断して、次の 10 年間のゲームの革新とパフォーマンスの基盤を築くことを意識していました。このビジョンを実現するために、私たちは初日からRDNA 2の機能をハードウェアでフルに活用したいと考えていました。

XboxとAMDの緊密な連携とパートナーシップにより、私たちはこの約束を実現しただけでなく、ハードウェアで加速されたML(機械学習)機能によるNPCのインテリジェンス向上、よりリアルなアニメーションの実現など、次世代の技術革新をさらに進めてきました。そして、機械学習機能を搭載した超解像技術により、更にビジュアルクオリティを向上させました。

ゲーマーと開発者を第一に考える私たちは、XboxシリーズX|Sのアーキテクチャを最終決定する前に、パートナーであるAMDの最先端技術を待つことを選択しました。XboxシリーズX|Sと新しいAMD Radeon RX 6000シリーズGPUのリリースが間近に迫っている今、開発者は次世代ツールとパフォーマンス機能の共通セットを手に入れ、コンソールとPCの両方で変革的なゲーム体験を提供できるようになります。

私たちは、Gears 5、Assassin’s Creed: Valhalla、Dirt 5、その他多くのタイトルで、発売時にゲーマーの皆様が目にするであろう結果を非常に誇りに思っています。しかし、開発者の皆様がこれらの次世代イノベーションを今後どのように活用し、コンソールゲームではかつて考えられなかったようなビジュアルの忠実さと没入感を実現できるのか、私たちはさらに楽しみにしています。

AMDの継続的なパートナーシップに感謝するとともに、PCエコシステムに次世代のグラフィックス技術を導入するAMDの本日の発表を祝福します。

そして、11月10日のXboxシリーズXとXboxシリーズSの世界発売まで2週間を切りました。次の10年に向けて、皆様と一緒にゲームを始められるのが待ち遠しいです。

via XboxWire

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

映画、海外ドラマ、音楽、ビデオゲーム、ガジェット、自作ハイエンドPC、車、バイク、政治、経済、株式投資、格闘技、70年代のTVドラマ、超常現象などが大好きな湘南在住の管理人です。東京に住んでいた頃は、ハイエンドオーディオ、ハイエンドホームシアターなど趣味で実践していました。現在は、ソニー4KブラビアX9500Gの85インチで洋画、海外ドラマ、ビデオゲームをYAMAHAのA3070AVアンプ経由で5-1-4 9.1チャンネルのDolby Atmos環境で楽しんでいます。映画やゲームレビューはこのシステムかサブシステムのLG 55インチNANO91 4K 120Hzで検証しています。様々な幅広いジャンルでの経験で得た知識、見識をレビューやエッセイも含め、色々と書き綴って情報発信していきたいと思っています。尚、当サイトで書く内容は、あくまで個人的な好みや価値観での意見を書き綴っていますので、あしからず。 YOUTUBEチャンネルでは、高画質をモットーに4K解像度のゲームプレイ、PCゲームのベンチマーク動画、グラフィック比較動画に加えて他に好きなものなど、色々と公開していきたいと思いますので、お気に召したらチャンネル登録をよろしくお願いいたします。  https://www.youtube.com/user/hidebusa720