【XboxWire日本語訳】XboxシリーズXとXboxシリーズS。 次世代コンソールをデザインする。

米国Xbox公式ニュースサイトXbox Wireが更新され、Xbox Series XとXbox Series Sのデザインコンセプトや内部設計のコンセプトなど詳細な公式解説記事が掲載されました。一人でも多くの日本のXBOXユーザーにもこの素晴らしいコンソールコンセプトを深く知ってもらった方が良いと思い、日本語訳で掲載します。


3月には、Xbox Series Xを支えるテクノロジーについて、技術的なスペックから、Xbox Velocity ArchitectureやOptimized for Xbox Series Xのような次世代テクノロジーがプレイヤーにとってどのような意味を持つのかまで、詳しくご紹介しました。 2週間前、私たちはXbox Series Sを明らかにし、そのコンソールを支える技術を見てきました。 今回は、新しい Xbox コンソールの設計方法を間近で見ていただき、そのプロセスやインスピレーションの一部をご紹介します。

先日、パートナー デザイン ディレクターのカール・レドベッター氏、Xbox コンソールのプリンシパル デザイナー クリス・クジャウスキー氏、シニア デザイン ディレクターのニコラス・デネズ氏、シニア デザイナーのライアン・ウィテカー氏、シニア デザイナーのエリカ・ケルター氏を含む Xbox デザイン チームのメンバーと、2 つの新しいコンソールを一からデザインするプロセスについて話をする機会がありました。

簡単に言えば、チームは、よりアクセスしやすく、より柔軟に、そして最終的には世界中のXboxファンの現代の生活やリビングルームにシームレスにフィットするような方法で、高性能なゲーム体験を実現するために、次世代ハードウェアを設計してきました。

「多くの点で、これらの製品を設計するために使用されるプロセスは、私たちがすべてのデバイスを構築する方法を象徴しています。マイクロソフトのハードウェア デザインは、キャンパス内で互いに独立して作業する小さなチームから、現在では、XboxからHoloLens、Duo、Surface Hubに至るまで、すべてのマイクロソフトのデバイスを1つのスタジオで制作するようになり、各製品にふさわしい個性を維持しながらハードウェア言語を統一しています」とLedbetter氏は述べています。デザインもまた、ハードウェアとソフトウェアの間でシームレスに動作し、それを可能にするデバイスと連動してデジタル体験を構築します。それが、人々に愛される製品の作り方なのです。

内側からデザインする

2017年9月、デザインとリサーチのチームは、XboxシリーズXとなるもののフォームファクタのプロトタイプをいくつか持って、お客様を訪問しました。次世代コンソールとは何かというビジョンを共有した際に彼らが見つけたのは、ゲーマーが最も興奮しているのは、新しくて変わった感じのするものでありながら、どこでプレイするにしても家に簡単にフィットするものだということでした。そこでチームは、可能な限りコンパクトで、小さなフットプリントと、複数の方向やスペースに設置できる柔軟性を備えたコンソールをデザインすることにしました。

XboxシリーズXとXboxシリーズSは、形状やサイズ、カラーが異なりますが、どちらもスタンドを追加することなく、縦置き・横置きで使用することができます。そして、シリーズSは、それが家の周りや友人に簡単に運ぶことができ、十分に小さいのです。これは、お客様からもとても重要だと言われていました。

「Xbox の設計プロセスは、常にエンジニアリング チームと設計チームのコラボレーションに深く根ざしています。最も効率的でコンパクトなフォーム ファクターを提供するために、チームは数ヶ月間、さまざまなアーキテクチャのプロトタイプを作成し、シミュレーションを行いました。」とクジャウスキーは言います。「顧客がどのようにデバイスを自宅に設置するかを考えた結果、ユニークで象徴的な2つの形にたどり着きました。

XboxシリーズSのデザインでは、デジタルファーストゲーマーのためのゲーム機をデザインする機会を得て、本体全体のフォルムを再考、再構築し、これまでで最もコンパクトなXboxを実現することに注力しました。内部レイアウトは、Xbox One Sのために開発された効率性の多くを活用していますが、電源の形状を変更し、ディスクドライブを取り外すことで、シリーズSはOne Sよりも40%も小さくなっています。

私たちは、意図的にシリーズXの奥行きに合わせて、オリジナルのIDコンセプトを「スライス」という愛称で呼んでいます。これは文字通りXの側面を切り取ったもので、家族のような関係を暗示していることから、ケーブルを取り付ける際にも同様のアクセシビリティを実現しています。そして、水平方向でも垂直方向でも安定していることを確認するために、コンポーネントの重量バランスを調整しました。その結果、Series Sは、電源ケーブルやHDMIケーブルを含めて、8インチほどしか必要としない、はるかに浅い棚の奥行きに収まります。

このように柔軟に設計されているため、お客様はゲーミングセットアップをどのように構成するかを選択することができ、シリーズSのコンパクトな性質は、ゲームのセットアップに収まることを意味します。また、これまでのどのXboxよりも、より簡単に、より多くの環境に移動することができます。バックパックや小さなバッグにも簡単に収まり、次世代のコンソール品質のゲーム体験を持ち運ぶことができます。

チームは、Xbox Series Xのプロトタイプを共有した顧客から多くの素晴らしいフィードバックを得たので、それに伴う技術的な課題を解決する作業に取り掛かることになりました。Xbox Series Xは、Xbox史上最も強力なSoC(System on Chip)を搭載していますが、そのチップを1つの軸流ファンで独創的に冷却することで、このフォームの解決策を解き明かしました。マザーボードを半分に分割し、それぞれの側面を中央のアルミニウム製シャーシにボルトで固定することで、チームはシステム全体を通して大量の空気を十分に低い音響レベルで吸引し、コンソールを静かにかつ効率的に動作させることができました。

最終的には、ファンのサイズがデバイスの寸法を決定し、チームは他の主要なコンポーネントの周りの筐体の比率を調整して、2つの立方体を2:1の比率で正確に積み重ねることに成功しました。これが、両方のコンソールの幾何学的なアイデンティティの基礎となりました。

ページ2へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

映画、海外ドラマ、音楽、ビデオゲーム、ガジェット、自作ハイエンドPC、車、バイク、政治、経済、株式投資、格闘技、70年代のTVドラマ、超常現象などが大好きな湘南在住の管理人です。東京に住んでいた頃は、ハイエンドオーディオ、ハイエンドホームシアターなど趣味で実践していました。現在は、ソニー4KブラビアX9500Gの85インチで洋画、海外ドラマ、ビデオゲームをYAMAHAのA3070AVアンプ経由で5-1-4 9.1チャンネルのDolby Atmos環境で楽しんでいます。映画やゲームレビューはこのシステムかサブシステムのLG 55インチNANO91 4K 120Hzで検証しています。様々な幅広いジャンルでの経験で得た知識、見識をレビューやエッセイも含め、色々と書き綴って情報発信していきたいと思っています。尚、当サイトで書く内容は、あくまで個人的な好みや価値観での意見を書き綴っていますので、あしからず。 YOUTUBEチャンネルでは、高画質をモットーに4K解像度のゲームプレイ、PCゲームのベンチマーク動画、グラフィック比較動画に加えて他に好きなものなど、色々と公開していきたいと思いますので、お気に召したらチャンネル登録をよろしくお願いいたします。  https://www.youtube.com/user/hidebusa720