【発表会を前に公式チラ見せ】NVIDIAがGeForce RTX 30 次世代Ampereゲーミンググラフィックスカードの革新的なPCBと冷却設計を発表。

NVIDIAは、次世代のGeForce RTX 30シリーズ Ampereグラフィックスカードの公式ティーザーを掲載しました。最新のティーザーは、ティーザーの形でも真剣に印象的に見える次世代グラフィックスカードのデザインを確認します。

NVIDIAは、次世代GeForce RTX 30シリーズゲーミンググラフィックスカードのティーザーを掲載しました。
今回のティーザーでは、数ヶ月前にリークされた次世代Founders Editionのカードを初めて公式に見ることができます。それだけではなく、GeForce RTX 30シリーズグラフィックスカードに搭載されているPCBと電源レイアウトについてもいくつかの情報を得ることができます。

NVIDIA GeForce RTX 30シリーズ ファウンダーズエディションの冷却

NVIDIAは、GeForce RTX 30シリーズグラフィックスカードのために、これまでで最高のFounders Editionの冷却設計を開発しました。Founders Editionの冷却は、フルアルミ合金のヒートシンクと両面アキシャルテックベースのファンを使用しています。クーラーヒートシンクは、ナノカーボンコーティングでコーティングされており、温度をコントロールするのに非常に良い仕事をしてくれるはずです。

nVIDIAが公開した過去のグラフィックスカードのテクノロジーを振り返る公式動画。この中で、Ampereの技術、外観がチラリと公開されています。

    

以前にリークされたシュラウドとヒートシンクは、少なくとも4つの巨大なヒートパイプが4セットのヒートシンクを貫通していることを示しています。

このデザインは、フィンとヒートパイプのデザインを全面的に採用しているだけでなく、GeForce GTX 780 の NVTTM を搭載したオリジナルのファウンダーズエディションの発売以来、この種のデザインとしては初のものであるという意味で興味深いものです。このプッシュ&プルファン構成は、まだグラフィックカードのフィールドでテストされていませんが、間違いなくユニークな実装です。

NVIDIA GeForce RTX 30シリーズ PCB&電源設計

Founders Editionのデザインは、20個以上のパワーチョークを搭載すると予想されており、フラッグシップではないRTX 20シリーズのカードよりもプレミアムなデザインとなっているようです。それに加えて、GeForce RTX 30シリーズFounders Editionカードは、12ピンMicro-Fit 3.0電源コネクターを搭載します。

これらのコネクタですが、カードには2×8ピンから1×12ピンの変換コネクタが同梱されているため、電源のアップグレードを必要とせず、互換性の問題なく最新のグラフィックカードに変更することができます。

PCB上の12ピンコネクタの配置に注目です。垂直に配置されており、PCBのデザインから判断すると、NVIDIAが標準的なデュアル8ピンデザインではなく、シングル12ピンプラグに移行した理由がわかります。

次世代RTXカードは、NVIDIAのこれまでのフラッグシップデザインに比べて非常にコンパクトな独自のPCBデザインを採用しています。コンパクトになったPCB上のスペースが限られているため、より小型でコンパクトな電源入力が必要になったと思われます。

NVIDIA GeForce RTX 3090 – 最速アンペアゲーミンググラフィックスカード

リークされた詳細情報によると、GeForce RTX 3090にはGA102-300-A1 GPUが搭載される模様。GA102-300-A1 GPUは、5248個のCUDAコア(82個のSM)で構成されるようで、合計するとGeForce RTX 2080 Tiよりも20%もコアが増えていることになります。クロック速度やTMU/ROP数などの詳細は提供されておらず、ゲーミングパーツとHPCパーツでは構成階層が異なるため、Ampere A100ダイを参考にすることはできません。

メモリはより高速なGDDR6Xで最大24GBのメモリで確認されたようで、384ビットバスなので、ほぼ1TB/秒の帯域幅に達するようです。

NVIDIA GeForce RTX 3080 – ハイエンドのゲームのためのGA102

GeForce RTX 3080に移動して、噂によると、このカードはGA102-200-KD-A1 SKUを搭載するようです。このSKUは、RTX 2080 Tiと同じ4352個のCUDAコアを搭載し、合計68個のSMに配置されます。このカードは、最大10GBのメモリを搭載し、それもGDDR6Xになると伝えられており、メモリが 320 ビット バス インターフェイスを介して 19 Gbps で実行されていると仮定すると、760 GB/s までの帯域幅を期待することができます。

RTX 2080のTU104からGA102への切り替えは確かに興味深く、ハイエンドのSKUはまた、より高いワット数と熱量になりますが、これはGA104ベースのRTX 3070とRTX 3060で構成されるべき500ドル以下のセグメントのバーを上げるために行われると信じています。最新の性能リークはベンチマークでRTX 2080とRTX 2080 Tiよりもかなりの性能向上を示しています。

NVIDIAのGeForce RTX 30「Ampere」ゲーミンググラフィックスカードのラインナップは、NVIDIAのCEOであるJensen Huang氏が主催するデジタルイベントで9月1日に発表される予定で、このイベントでは少なくともGeForce RTX 3090、GeForce RTX 3080、RTX3070?が予定されており、Videocardzでは今のところ3080Tiの存在は確認されていないとしています。

発表まで5日と迫っており、遂に公式も小出しで情報リリースし始めています。次世代機が2080Tiに迫る性能のXboxSeriesXを年末に出しますが、PCのハイエンドも更に引き離す強力なカードがリリースされる事になりそうです。🔚

via wccftech

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

映画、海外ドラマ、音楽、ビデオゲーム、ガジェット、自作ハイエンドPC、車、バイク、政治、経済、株式投資、格闘技、70年代のTVドラマ、超常現象などが大好きな湘南在住の管理人です。東京に住んでいた頃は、ハイエンドオーディオ、ハイエンドホームシアターなど趣味で実践していました。現在は、ソニー4KブラビアX9500Gの85インチで洋画、海外ドラマ、ビデオゲームをYAMAHAのA3070AVアンプ経由で5-1-4 9.1チャンネルのDolby Atmos環境で楽しんでいます。映画やゲームレビューはこのシステムかサブシステムのLG 55インチNANO91 4K 120Hzで検証しています。様々な幅広いジャンルでの経験で得た知識、見識をレビューやエッセイも含め、色々と書き綴って情報発信していきたいと思っています。尚、当サイトで書く内容は、あくまで個人的な好みや価値観での意見を書き綴っていますので、あしからず。 YOUTUBEチャンネルでは、高画質をモットーに4K解像度のゲームプレイ、PCゲームのベンチマーク動画、グラフィック比較動画に加えて他に好きなものなど、色々と公開していきたいと思いますので、お気に召したらチャンネル登録をよろしくお願いいたします。  https://www.youtube.com/user/hidebusa720