【海外記事】Xbox Game Pass をxCloud経由でプレイすると、まるで次世代機のように感じる。

Microsoftは『Halo Infinite』の突然の延期など、次世代機の計画にいくつかの厄介なねじれを抱えていますが、それ以外の部分では、テック大手独自のマスタープランが計画通りに拡大しています。

今週、Xboxのゲームストリーミングサービス「xCloud」のベータ版がAndroid上のXbox Game Pass Ultimate加入者全員に提供されるようになりました。そして、それを数時間プレイしてみて、マイクロソフトの未来のビジョンが何であるかが分かりました。

次世代機はハードウェアが全てではない、とマイクロソフトは言います。そしてゲームが全てでもない。その代わりに、Xboxはサービスを提供しています。新しいハードウェアは、そのサービスをサポートするために存在しているように感じています。というよりも、その逆です。

モバイルでは、ほぼファイナルに近いxCloudのベータ版をプレイしていますが、まるで「次世代のように感じられる」ほど洗練されています。それは、大きな次世代ローンチゲームについてではなく、何千もの下位互換性のあるゲーム、最適化されたゲーム、そしてサブスクリプションサービスについてです。このXクラウドのベータ版が強調しているように、必ずしも新しい XBOXを買う必要はありません。Game Pass Ultimateライブラリの膨大な量のゲームタイトルをスマートフォンで起動しプレイすることができます。

Game Pass Ultimateは月額15ドル(日本は1100円)です。この価格で、PCとXboxの両方のGame Passライブラリへのアクセスと、Xbox Live Goldメンバー、そしてxCloudというストリーミングサービスが利用でき、スマートフォン、タブレット、その他の互換性のあるデバイス、XboxやPCのハードウェアで追加料金なしでゲームをプレイすることが出来てしまうのです。これはハッキリ言ってお得です。

とにかく、XクラウドでHalo 3、Forza Horizon 4、そしてStreets of Rage 4を数時間プレイしましたが、ちょっとした感動でした。

この技術は新しいものではありません。私は長い間死んでいたOnLive初期のメディアアクセスに目がくらんだことを覚えています。そして、Google Stadiaは正しい実行ではないにしても、正しいアイデアを持っていたことを再び確信しました。Xboxの実装については何かこう、ちょうど良い感じなのです。

そう感じるのは、おそらく私たちがよく知っている適切なゲームだからでしょう。私のセーブデータが相互に同期されているため、PCやコンソールでのゲームの続きを、スマートフォン上ですぐ出来るという事です。快適に感じるのは適切なコントローラを使用していることです。

多くの場合、これらの要素とそれ以上の要素が組み合わさったものになります。これまでの多くのクラウドゲーミングサービスとは異なり、これは完全に本物の、完全に機能したサービスのように感じます。そして、より伝統的なゲーム環境で実際に役立つサービスです。

誤解しないでください。6インチの画面でHalo 3をプレイするのは、本来デザインされた体験ではありません。ユーザーインターフェースは小さいです。私はスマートフォン用コントローラクリップを持っていなかったので、私のスマートフォンはプレイするのに理想的ではない状態で置かれていました。しかし、このような要因にもかかわらず、これが正確に動作するという事実は、それだけで素晴らしいアイデアだという究極の証拠です。

4Gのモバイル接続でプレイしましたが、安定していて見た目も良いです。時折、Haloでは映像に乱れが発生することがあったが、xCloudの技術は視覚的な忠実度よりも、スムーズなゲームプレイ体験を優先しているようで、これはスマートです。完璧なショットプレイを台無しにしてしまうようなヒッチングよりも、ゲームプレイを中断しない程度の小さなビジュアルのヒックアップや品質の低下の方がよいです。

現在ベータ版として提供されているものの中で、最も優れているのは、間違いなくゲームパスアプリそのものです。これこそがすべてを結びつけるものであり、最終的にはこれこそが新しいエキサイティングな次世代の体験のように感じさせるものです。

それは心地よいそよ風であり使用する喜びです。それは次世代のより広いビジョンの中に滑り込む事です。明らかに私は主にハイエンドマシンでローカルゲームをプレイするつもりです。しかしこれは純粋にお手軽さと利便性です。

Google Playストアで現在のアプリとは別にリストアップされているこのベータ版は、まさに巧妙です。クラウド、コンソール、PCのゲームパスタイトルをフリックして、登録したマシンにリモートでインストールを指示することができます。つまり、外出先でクラウドを使ってゲームを試してみて、気に入ったら自宅でダウンロードを開始してローカルでプレイを続けることができます。進行状況は自動的に引き継がれます。ゲームの起動は迅速かつスムーズで、新しいコントローラの同期などもうまく処理してくれます。

これは、クラウドプレーヤーにXboxを購入する理由を与えるだけでなく、クラウド技術の現状をよりよく補完するものでもあるので、賢明なことです。xCloudの強さは、次世代機に向かうXboxの弓には絶大な「紐」となっています。

今はXboxのゲームだけがクラウド経由でプレイできるようになっていますが、まだ100タイトル以上ありますし、そのうちにXboxのライブラリが拡張され、PCのライブラリもクラウド経由でプレイできるようになることを期待しています。

とにかく、すべてがうまくいきます。これまでに何度かxCloudで遊んだことがあるが、現在の体験がこれだけ素晴らしく動作する事に驚きました。もしあなたがAndroid携帯電話を持っているなら、ぜひ試してみてください。このベータ版は9月11日まで実施され、その後、9月15日の正式スタートするまでサービスは一時停止されます。

via VG247


Xクラウド、現在は本当に素晴らしく順調な動作をしているようで、まるで次世代機のようだと記事では述べています。これは相当の破壊力を秘めたサービスになるかもしれません。9月15日のローンチ22カ国に日本が含まれていないのが本当に残念です。XクラウドとゲームパスUltimateのコンビのサービスは、日本でも非常に大きな可能性を秘めたサービスだと思います。

先日サムスンがGalaxy Note 20シリーズで大々的にマイクロソフトとの提携で、Windows10との連携、そしてXクラウドをアピールしていました。そしてXクラウドサービスとXbox Liveゴールドが含まれた、「ゲームパスUltimate」1年分にPowerA MOGA XP5-5コントローラーをバンドルしたパックも用意されています。

日本では、Galaxy Note 20、Note 20 Ultraは間違いなく、ドコモとauで秋冬モデルとして発売されると思われるので、この機会に日本マイクロソフトは海外でも用意されているゲームパスUltimate(Xクラウド、XboxLiveゴールドも含まれる)のバンドルパックを用意して頂き、アンドロイドだけでもよいのでXクラウドをローンチして欲しいところでです。🔚

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

映画、海外ドラマ、音楽、ビデオゲーム、ガジェット、自作ハイエンドPC、車、バイク、政治、経済、株式投資、格闘技、70年代のTVドラマ、超常現象などが大好きな湘南在住の管理人です。東京に住んでいた頃は、ハイエンドオーディオ、ハイエンドホームシアターなど趣味で実践していました。現在は、ソニー4KブラビアX9500Gの85インチで洋画、海外ドラマ、ビデオゲームをYAMAHAのA3070AVアンプ経由で5-1-4 9.1チャンネルのDolby Atmos環境で楽しんでいます。映画やゲームレビューはこのシステムかサブシステムのLG 55インチNANO91 4K 120Hzで検証しています。様々な幅広いジャンルでの経験で得た知識、見識をレビューやエッセイも含め、色々と書き綴って情報発信していきたいと思っています。尚、当サイトで書く内容は、あくまで個人的な好みや価値観での意見を書き綴っていますので、あしからず。 YOUTUBEチャンネルでは、高画質をモットーに4K解像度のゲームプレイ、PCゲームのベンチマーク動画、グラフィック比較動画に加えて他に好きなものなど、色々と公開していきたいと思いますので、お気に召したらチャンネル登録をよろしくお願いいたします。  https://www.youtube.com/user/hidebusa720