【待望】スカーフェイスと地獄の黙示録が4Kブルーレイ化。米国盤4Kブルーレイ スカーフェイス「World is Yours盤レビュー」

デジタル修復版「地獄の黙示録 ファイナルカット」は、製作40周年を記念し、今年2月に全国のIMAXデジタルシアターで限定公開され、4月17日には全国のドルビーシネマ・6カ所でアンコール上映されていました。

4月17日からは、「地獄の黙示録」「地獄の黙示録 特別完全版」「地獄の黙示録 ファイナル・カット」の全3バージョンを4Kで配信されていましたが、 ようやく6月5日にDolby Vision、Dolby Atmos仕様の4K Ultra HD ブルーレイ版が発売されます。本編を収録した4Kブルーレイ、ブルーレイに加え、映像特典を収録したボーナス・ブルーレイディスクの3枚組で価格は6,800円です。何と言ってもジャケットデザインがイイ。

ようやく、4Kリマスター&デジタル修復され、Dolby VisionとDolby Atmos化され、究極のクオリティで見れます。地獄の黙示録は随分昔に、有楽座で70mm上映を観た強烈な印象の記憶が今も鮮明に残っていて、同じ70mm上映を観た2001年宇宙の旅と相まって今も自分の中では特別な映画という感じ。OPに流れるDoorsのTHE END大好きな名曲です。

そしてスカーフェイスもようやく4Kブルーレイ化。私は先に米国版の「The World is Yours 世界は君のもの」コレクターズ版を昨年購入してます。(日本語音声や日本語字幕は収録されていません。)トニーがのし上がり、自宅に作った成金趣味丸出しの黄金の像ですwそれがミニスタチューで同梱されているのですwこういう物を4Kブルーレイに同梱してしまう感覚が好きですw

自分の中ではスカーフェイスはアル・パチーノのベストパフォーマンス作品だと思っていて、これも大好きな作品。(ヒート、狼たちの午後も好きです。)キューバ訛りの独特のアクセントとギラリとした大きな目で相手を睨みつけて悪態をつき、どんな奴だろうと怯まずぶつかっていく、悪く言えば怖いもの知らずで短気で無謀な奴。結局は、その「怖いもの知らず、短気」という性格が、成功と破滅の両方のトリガーになるという皮肉なストーリーも素晴らしい。冷静になればどうしようもない奴なんですがw、ブライアン・デ・パルマの手にかかると壮大なシネマになってしまうというw脚本がオリバー・ストーンというのも要因として大きかったかもしれませんね。

意外とよく出来てますw

ゴッドファーザー1、2の時のマイケル・コルレオーネとは全くの対照的な、荒くれ者トニー・モンタナを演じるアル・パチーノは本当に最高です。正に静のゴッドファーザー、動のスカーフェイスという感じ。監督も大好きなブライアン・デ・パルマで、耳に残るシンセサイザーのジョルジョ・モロダーの音楽も素晴らしく、共演者もスティーブン・バウアー、お若くて美しい(この時はちょっとケバいw)ミシェル・ファイファー、マフィアを演じさせたら天下一品のロバート・ロッジア、アル・パチーノの取引相手役はポール・シェナールなど、全てが噛み合った奇跡的な1作だと思います。

米国盤にはオリジナル作品「暗黒街の顔役」も同梱されてます。
   

しかも嬉しいことに4Kブルーレイは、Dolby Atmosではなく、レアなDTS X収録。音も鮮烈でパンチがあり、台詞も明瞭、ジョルジョ・モロダーのシンセの洪水のようなサウンドも鮮烈です。 米国版にはスカーフェイスの元となっている1932年のオリジナルのモノクロ作品「暗黒街の顔役」ハワードホークス監督(こちらも原題はSCARFACE)も同梱されています。残念ながら日本版には同梱されていません。

最近、ようやく4Kブルーレイも価格が落ち着いてきたようで、名作が続々と日本でも発売されるようになったのは嬉しいですね。でも中には4Kとは名ばかりであまりブルーレイと変わらない物もあるので、注意は必要です。4Kレストア、4K修復版、4Kリマスター版と書かれたものはある程度は大丈夫だと思います。

アップルTVやNETFLIX、Amazon Prime、huluなどストリーミングでも4K、Dolby Atmosでも見れるようになり、パッケージ・ディスクメディアも徐々に売れなくなってきていますが、思い入れのある特別な作品は、やはり手元に置いてジャケを眺めたり、劇場パンフや解説書を読みつつじっくりと鑑賞するのもたまには良いものです。🔚

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

映画、海外ドラマ、音楽、ビデオゲーム、ガジェット、自作ハイエンドPC、車、バイク、政治、経済、株式投資、格闘技、70年代のTVドラマ、超常現象などが大好きな湘南在住の管理人です。東京に住んでいた頃は、ハイエンドオーディオ、ハイエンドホームシアターなど趣味で実践していました。現在は、ソニー4KブラビアX9500Gの85インチで洋画、海外ドラマ、ビデオゲームをYAMAHAのA3070AVアンプ経由で5-1-4 9.1チャンネルのDolby Atmos環境で楽しんでいます。映画やゲームレビューはこのシステムかサブシステムのLG 55インチNANO91 4K 120Hzで検証しています。様々な幅広いジャンルでの経験で得た知識、見識をレビューやエッセイも含め、色々と書き綴って情報発信していきたいと思っています。尚、当サイトで書く内容は、あくまで個人的な好みや価値観での意見を書き綴っていますので、あしからず。 YOUTUBEチャンネルでは、高画質をモットーに4K解像度のゲームプレイ、PCゲームのベンチマーク動画、グラフィック比較動画に加えて他に好きなものなど、色々と公開していきたいと思いますので、お気に召したらチャンネル登録をよろしくお願いいたします。  https://www.youtube.com/user/hidebusa720