米情報機関の重鎮が書いたUAP(UFO)に関する最新コラム記事が素晴らしい。

,

    

米上院情報委員会の少数派スタッフ・ディレクター、国防総省情報担当副次官補など、米国情報機関に20年近く在籍し、政府の軍事予算監視委員会にもいた事があり、進行中の軍事機密、計画段階のものまで、極秘計画も知る立場にあった、クリストファー・メロン(クリス・メロン)氏は、情報機関の重鎮でもあります。

そんなクリストファー・メロン氏が、最近「The Debrief」に寄稿したUAP(=UFO)に関するコラム記事が、あまりにも素晴らしい内容で非常に説得力のある内容なので、日本語訳で一部ご紹介したいと思います。

メロン氏は、現在、UAP(UFO)問題、それが国家安全保障への影響に関する啓蒙活動に取り組んでいます。

NYタイムズや全世界のメディアでもスクープ記事として広く報じられた海軍パイロットが撮影した3種類のUAP(=UFO)ビデオをリーク(ビデオをメロン氏に渡したのはルイス・エリゾンド氏)した本人でもあり、議会をUAP(=UFO)調査、解明する方向に働きかけた1人でもあります。

米情報機関の重鎮であり、米政府の軍事機密プロジェクトなども知りうる立場にあった、クリス・メロン氏が書いたという事に大きな意味がある、必見の内容です。

この記事を読んでしまうと、もうUFO=UAPはいる、いないの段階のレベルではない事が明らかです。

             


UAPの一部は、地球外生命体である可能性があるのか?地球を訪れる知的な宇宙人がいると考えるのは妥当な事なのか?

宇宙が無限であるかどうかは、まだ科学者たちの間で議論されているが、少なくとも私たちの目に見える宇宙には何兆個もの銀河があり、それぞれに何千億もの惑星や月のような衛星が存在しているのである。

また、生命の基本構成要素である重い有機分子も豊富に存在する。つまり、最も近い太陽系から最も遠い時空の果てまで、私たちは生命のための限りないチャンスに囲まれているのだ。このような無限の可能性の中で、知的な地球外生命が存在することは、確率的に考えれば、ほぼ確実である。

しかし、地球の銀河系近隣で知的生命体が進化する可能性はどうだろうか?推定にはかなりの幅があるが、多くの人がこの天の川銀河の中で私たちだけが存在しているのではないと言っている。

スコットランドのエディンバラ王立天文台で、天文学の博士号を取得しているダンカン・フォーガン氏は、天の川の構成に関するデータを慎重に評価し、我々の銀河系には360以上の安定した高度文明が存在するはずだと結論づけた。

また、もし微生物生命体が流星を介して拡散することができれば、私たちは何万もの技術的に進んだ文明と「天の川(銀河)」を共有していることになるかもしれないとも考えている。

2020年、ノッティンガム大学の研究者である天文学者トム・ウェストビーとクリストファー・コンセリスは、最新の天文学的データの広範囲な評価を行い、我々は天の川を技術的に進んだ他の何十ものエイリアン文明と共有していると結論づけた。

天文学者のアダム・フランクとウッドラフ・サリバンは、やや異なるアプローチをとったが、前述のように同じ結論に達している。共著者のアダム・フランクによれば、「かなり悲観的に考えて、文明が発達した惑星を見つけるまでにハビタブル・ゾーン(地球と似た生命が存在できる天文学上の領域。)の惑星を1,000億個探さなければならないと考えても、宇宙の歴史の中で1兆個の文明があったことになる!」とのことだ。地球のようなハビタブルな惑星に生命が誕生するのが600億回に1回だとしても、私たちは天の川で最初の文明ではないと言えるのだ。

これらの天文学者や他の天文学者が結論付けたように、我々の銀河系に高度な宇宙人文明が存在することはほぼ間違いない。とはいえ、天の川銀河は何十万光年も離れている。天の川銀河に存在する他の文明が、探査機や宇宙船で地球に到達する可能性はあるのだろうか?

私たちにはUAP=UFOに見えるかもしれないものに搭乗して?もし、他の文明が地球と同じような技術的軌道をたどっていれば、答えは明確に「イエス」である。

私たちが宇宙に進出してからまだ70年足らずで、平均的なアメリカ人の生涯より短い期間しか経っていないことに留意して頂きたい。私の祖父は1897年に生まれたが、ライト兄弟がノースカロライナの砂丘の上から最初の飛行を成功させる7年近く前のことだ。しかし、彼は1969年にニール・アームストロングが月面を歩き、その後スペースシャトルの打ち上げを見るまで生きていた。

最初の月面歩行から約50年後の今、地球から4光年離れた最も近い恒星の隣人、ケンタウルス座アルファ星に探査機を送る計画がすでに進行中である。億万長者のロシアの物理学者ユーリ・ミルナーによって構想された「スターショット計画」は、スティーブン・ホーキング博士、マーク・ザッカーバーグ、アヴィ・ローブ(ハーバード大学天文台所長)などの支持を瞬く間に集めた。巨大なレーザーを使って、光の帆を装備した小型センサーを光速の1/5まで加速させるという計画だ。最高速度に達するまでの時間にもよるが、目的地に到着するまでに、地球では20〜30年の歳月がかかるという。

しかし、相対性理論による時間拡張の効果で、恒星間航行船とそれに乗っている人が経験する実際の移動時間は短縮されるだろう。もっと言えば、もし一人の裕福な個人が他の星系に探査機を送ることができるなら、はるかに古くて高度な宇宙文明が星間空間に探査機を送ることができると疑う余地はないだろう。超光速で移動する必要はないのだ。実際、天の川銀河を光速の20%で移動する宇宙文明は、理論的には銀河の寿命のほんの一部である50万年程度で銀河全体を植民地化することが可能である。

さらに進んだ文明は、ワームホールを利用した光より速い移動、「異次元移動」、あるいは我々がまだ想像していない何らかの手段で、光より速い移動を実現している可能性もある。また、他の文明は、生物の寿命を無限に延長する能力を開発しているかもしれない。もし何もなければ、乗員はいないが高度に知的な探査機、おそらくは自己複製を行う探査機が、徐々に銀河系に広がっていくことは容易に想像がつくだろう。もしこれが空想に思えるなら、すでに恒星間空間で機能している探査機があることを思い出してほしい。

私はSETIプロジェクトを支持しているが、地球外文明は、やみくもに電波を宇宙に向けて発信するよりも、探査機を派遣する可能性の方がはるかに高いと思われる。というのも、宇宙に向けて公然と電波を発信している文明は、自らの位置を公表していることになり、自滅を招く可能性があるからだ。よく言われるように、「暴れるクジラは銛を食らう」のである。

これに対し、プローブは、干渉や発見を受けずに直接観測することができ、密かに情報を得ることができる。また、互換性のある通信技術も必要なく、現在私たちが火星で行っているような物理的な標本の収集や検査も可能だ。また、星間距離で検出可能な信号を宇宙空間に送るために必要な膨大なエネルギーを考えると、プローブはより効率的であると思われる。NASAが太陽系探査に信号ではなく探査機を送っているのは、驚くことではない。では、なぜ他の文明からの探査機の証拠がないのか?それとも、そうなのか?

私たちの銀河系には、生存可能な生息地が圧倒的に多いにもかかわらず、知的な宇宙人がまだ発見されていないことに、多くの科学者が驚きを隠せないでいる。核物理学者エンリコ・フェルミは、理論と観測の間のギャップを表現するために、”Where is everybody?(みんなどこにいるんだ?) “という名言を残している。

この有名な物理学者の言葉は、現在では「フェルミのパラドックス」として知られている。私は、別の種類のパラドックスだが、それを感じている。私はこれを “UAPのパラドックス “と呼んでいる。

私が逆説的だと思うのは、エンリコ・フェルミが “みんなどこにいるんだ?”と聞いていたのと同じ頃、ニューメキシコ州のロスアラモス(国立研究所)周辺では、UAPがロウソクの周りにいる蛾のようにロスアラモスの周りを飛び回っていたのです。

私たちの空には、SFの世界でしか見られないような能力を発揮する謎の飛行物体が飛んでいる証拠がたくさんあるのに、なぜUAPを宇宙人の探査機として考えようとする科学者が少ないのか?

まず、フェルミ博士自身について見てみよう。1944年、フェルミ博士はマンハッタン計画にフルタイムで参加し、ニューメキシコ州ロスアラモスに移り住んだ。戦争が終わるまでロスアラモスで働き、その後も長い間、夏の間はロスアラモスで研究者として活躍した。実際、1950年の夏、ロスアラモスで仲間の物理学者たちに向かって「みんなどこにいるんだ」という有名なコメントを残している。さて、フェルミ博士が有名な質問「Where is Everybody? 」をする数ヶ月前の1950年5月にロスアラモス国立研究所の警備部長からアメリカ空軍特別捜査局の司令官ジョセフ・キャロル准将に送られたメモからの引用を考えてみましょう。

“ニューメキシコ地域での説明のつかない空中現象の頻度は、これらの目撃結果を報告する組織的な計画が実施されるべきほどです。これらの現象の目撃者は、科学者、特別捜査局の特別捜査官、米国空軍と航空会社のパイロット、軍のパイロット、ロスアラモス保安検査官、軍人、その他信頼性を疑われない様々な職業の人々です。 過去18ヶ月間に連続して発生した現象は、機密施設付近で発生し続けているのです。”

1950年5月のこのメモは、1950年3月にニューメキシコ州ファーミントンの近隣住民から、白昼に何百もの銀色の金属製の円盤が編隊を組んで町の上空を飛行していたという、アメリカ史上最も驚くべきUAP現象の後に書かれたものであった。

つまり、フェルミ博士が宇宙人が存在しないことに困惑していたまさにその時、ロスアラモス周辺では数百のUAPがあらゆる人々によって観測されていたのである。

UAPの証拠には、訓練を受けた目撃者、パイロット、科学者、警備員による多くの報告書、写真、さらにはレーダーの軌跡やセオドライト(精密光学機器)の測定値も含まれている。

緑色の火の玉や超音速の銀色の円盤が繰り返しやってきて、ロスアラモス研究所のセキュリティに大きな懸念を抱いたのと同じ頃、フェルミ博士が「みんなはどこにいるんだ?」と問いかけていたのは皮肉なことだと思いませんか?

フェルミ博士に関するこのエピソードは、科学界、報道機関、そしてアメリカの主流派全体が奇妙なほど冷淡な見方をしていることを如実に示している。

国防総省が何百ものUAP事件の存在を公式に認めているにもかかわらず、ジャーナリスト、科学者、市民は、まもなく人類史上最大の発見となるかもしれないことに関心を示さないようである。

少なくとも公開されている情報では、まだ決定的な証拠はない。しかし、地球外生命体仮説は、大量かつ急速に増加する説得力のあるデータと完全に一致する唯一の説明であるように思われる。さらに、いくつかのUAPは、理論が予言する宇宙人の探査機と理想的に一致しているように思われる。

UAP(UFO)が、米国の核兵器設計・開発の中心地であるロスアラモス研究所を監視する動機は明白である。NASAの探査機が、いつか人が住む太陽系外惑星に遭遇したとしよう。そのとき、まず最初にすることは、間違いなく、どんな脅威や危険が存在するかを評価することだろう。

もし、宇宙人の探査機を誘い出すためのハニーポットがあるとすれば、核兵器の大気爆発ほど成功しそうなものはないだろう。

前述のように、ロスアラモスやその他の核兵器施設の近くでは、UAPの活動が持続的かつ強制的に行われ、非常に敏感な制限空域に何度も上空飛行と侵入が繰り返されたのである。

著者のロバート・ヘイスティングス氏の努力、ロバート・サラス氏のような核兵器退役軍人の率直さと粘り強さ、そして情報公開法を丹念に活用してきた研究者たち(ブラッド・スパークス、ポール・ディーンなど)の働きにより、米空軍がこれらの事件を率直に認めることを拒否し、国民や議会の情報要求にも協力しなかったのに、米国の核施設におけるこのUAP活動のパターンは十分に文書化されるようになった。

もしエイリアンが地球を監視しているとしたら、それは私たちが持つものとは根本的に異なり、外見も能力も不可解なものであることを期待しなければならない。アーサー・C・クラークの不滅の言葉を借りれば、「十分に進歩した技術は魔法と見分けがつかない。」のである。

私の考えでは、UAPのデータは再び地球外生命体の探査仮説に合致する。フェルミ博士の時代、ロスアラモス地区で最も多く観測されたUAPは、緑色の火の玉と超音速の銀色の円盤で、推進力はないものの、素晴らしい加速と操縦性を発揮した。

ブルーブックや他の情報源からの信頼できる報告の累積的な重みは、人間が創造したどんなものよりも優れた過激なクラフトの存在に対する非常に説得力のある証拠を提供している。

また、UAPに遭遇して火傷や放射線障害を負ったとされる事例も把握している。これらの事例の中には、米国で発生したものもあれば、ブラジルやソロモン諸島で発生したものもある。米国とその同盟国は、核放射線を発生させる航空機を製造していないため、これはやむを得ないことです。

プロジェクト・サイン、グラッジ、ブルーブックの時代には、UAPのデータを調査する軍の高官の中には、ET仮説をUAPの有力な説明として考える人もいましたが、主流の科学者の中にはこの関連性を認めようとする人はほとんどいませんでした。現代ロケット工学の父の一人で、ウェルナー・フォン・ブラウンの師匠でもあるヘルマン・オバースは例外で、彼は長い分析結果を書いてこう結論づけた。

「空飛ぶ円盤は実在し、それは他の太陽系からの宇宙船であるというのが私の論文です。これらの物体はある種の惑星間航行船であることに疑いの余地はない。私や私の同僚は、それらが太陽系で発生したものではないことを確信しています。」

オバース博士は、アメリカ政府に勤務していたときにUAP事件に遭遇したことが影響していると思われる。また、当時の軍の高官たちがUAPに強い関心を抱いていたことも、軍でのUAP遭遇の頻度から説明がつく。

例えば、1950年代から60年代にかけて最も活発だった公的なUAP研究団体、NICAP(National Investigating Committee for Airborne Phenomenon)のリーダーには、元CIA長官のロスコー・ヒレンケッター提督、海軍の誘導弾プログラム責任者のデルマー・ファールニー提督、米海兵隊の飛行士ドナルド・キーホー少佐、H・B・ノールズ少将など、多くの人が含まれている。また、私のUAP活動は、軍のUAP報道に接したことに起因している。

残念ながら、UAP=UFOを目撃した事で受けるスティグマ(嘲笑、侮辱)は多くの、おそらくほとんどの科学者の間で今日まで続いている。さらに悪いことに、一部の科学者はUAPに関する誤った情報を広めているのだ。

例えば、著名なSETI研究者が公の場で、

“もしUAPが実在するなら、どうして民間航空会社のパイロットはそれを見ることができないのか?”

と質問しているのを見て、私は驚かされたことがあります。Googleで検索するだけで、何千もの民間航空会社のパイロットがUAPを目撃したという信頼できるデータが見つかるのに、どうしてこうしたSETI研究者は大きな勘違いをするのだろうか?

同様に、アリゾナ大学の天文学者が2020年に発表した論文では、UAPの目撃情報は“カナダとメキシコの国境で止まっている “という、とんでもない主張をしている。もしこの著者や編集者が5分もネットで調べれば、カナダとメキシコにはUAPの目撃情報や写真、ビデオ、さらには軍の報告書があふれていることをすぐに知ることができたはずだ。

私は、現在の航空学や工学の理解を超えた未確認飛行体に遭遇した数多くの軍人を取材する機会があった。その中には、北極圏からアメリカ東海岸一帯に飛来したUAPのレーダー軌跡を観察した、元NORAD(北米航空宇宙防衛軍)監視官のジェームズ・コブ米空軍大佐の話もある。 北極圏からアメリカ東海岸一帯を高空飛行するUAPのレーダー軌跡をしたのだ。

私はまた、政府のUAPに関する多くの情報を入手し、この現象の異常な性質に関する私の見解を補強してきた。しかし、機密扱いでないオープンソースのデータは十分に説得力があり、実際、累積的に圧倒的であるため、UAP問題に対する学界や報道機関の関心がそれほど高くないことに驚きを感じている。

ニミッツUAP遭遇事件をすでに知っている人は、次のセクションを読み飛ばしたいかもしれないが、そうでない人にとっては、この十分に文書化されたケースは、なぜ今米国政府がUAPを重大な国家安全保障問題として扱っているのかを説明するのに役立つだろう。

ーUSSニミッツ遭遇事件ー へと続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

映画、海外ドラマ、音楽、ビデオゲーム、ガジェット、自作ハイエンドPC、車、バイク、政治、経済、株式投資、格闘技、70年代のTVドラマ、超常現象などが大好きな湘南在住の管理人です。東京に住んでいた頃は、ハイエンドオーディオ、ハイエンドホームシアターなど趣味で実践していました。現在は、ソニー4KブラビアX9500Gの85インチで洋画、海外ドラマ、ビデオゲームをYAMAHAのA3070AVアンプ経由で5-1-4 9.1チャンネルのDolby Atmos環境で楽しんでいます。映画やゲームレビューはこのシステムかサブシステムのLG 55インチNANO91 4K 120Hzで検証しています。様々な幅広いジャンルでの経験で得た知識、見識をレビューやエッセイも含め、色々と書き綴って情報発信していきたいと思っています。尚、当サイトで書く内容は、あくまで個人的な好みや価値観での意見を書き綴っていますので、あしからず。 YOUTUBEチャンネルでは、高画質をモットーに4K解像度のゲームプレイ、PCゲームのベンチマーク動画、グラフィック比較動画に加えて他に好きなものなど、色々と公開していきたいと思いますので、お気に召したらチャンネル登録をよろしくお願いいたします。  https://www.youtube.com/user/hidebusa720