エリザベス女王 即位70周年記念行事で、航空機編隊の周囲を高速で移動するUFOがTV中継映像に写っているのが発見される。

,

イギリスのエリザベス女王在位70周年記念の航空ショーを撮影した空撮映像に、航空機の編隊の周囲を高速で移動するUAPが写っていたようです。

映像では球状のUAPが右側におり、その後ジェット機隊列の後方をに回り込むように煙幕の中を通過して左側に移動する動きをしています。しかし、少し前からの映像を見ると物体は当初画面の中央位置におりゆっくりとした速度で移動していたようですが、ジェット機編隊が近づくと、そのまま加速してジェット機の速度を超えて左に移動していったようです。

↓の動画は更に長いバージョンで、ジェット機に気がついて加速しているようにも見えます。

当初ドローンではないかとの指摘がありました。

しかし、物体は白い球状の形でやや白く、しかもドローンにしてはジェット機とほぼ同じかそれ以上の速度で回り込んでいる事、更に当日は厳しいと飛行禁止区域に指定されており、その点でもドローンではないとされています。動きからも、明らかに知性を持って移動している事も分かります。

動画では、画面エリザベス女王の右隣にいた、ジョージ王子?がキャサリン妃を向いてから、上空を見て指を差して『UFO!』と声を出しているように、口の動きからは見えました。ジョージ王子は気がついていたのかもしれません。気になった方は、動画を見てみてください。

更にネットでは、他の中継画像にも謎の物体が写っている事が指摘されています。飛行中の戦闘機のコクピットからの画面では、左後方からスモークを抜けていくUAPが写っています。そして、拡大された画像を見ると、間違いなく白い球体の物体である事がより分かります。

一つ言えるのは、航空機の速度に遅れる事なく、旋回しつつ徐々に加速して左側に回り込んでいるので、速度的にドローンでは流石にここまで早く動けないようです。

更に、他のアングルの映像の空には別の白いUAPが雲に入っていく映像もあるようです。

先日、米議会のUAP( UFO )公聴会で公開された海軍パイロットが戦闘機コクピットからパイロット自身のiPhoneで撮影された右前方から右後方へ高速で飛び去る物体も、メタリックな球状の形をした物体でした。

ドローンでないとしたら、この物体の正体は何なのでしょうか、、非常に気になるところです。🔚

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

映画、海外ドラマ、音楽、ビデオゲーム、ガジェット、自作ハイエンドPC、車、バイク、政治、経済、株式投資、格闘技、70年代のTVドラマ、超常現象などが大好きな湘南在住の管理人です。東京に住んでいた頃は、ハイエンドオーディオ、ハイエンドホームシアターなど趣味で実践していました。現在は、ソニー4KブラビアX9500Gの85インチで洋画、海外ドラマ、ビデオゲームをYAMAHAのA3070AVアンプ経由で5-1-4 9.1チャンネルのDolby Atmos環境で楽しんでいます。映画やゲームレビューはこのシステムかサブシステムのLG 55インチNANO91 4K 120Hzで検証しています。様々な幅広いジャンルでの経験で得た知識、見識をレビューやエッセイも含め、色々と書き綴って情報発信していきたいと思っています。尚、当サイトで書く内容は、あくまで個人的な好みや価値観での意見を書き綴っていますので、あしからず。 YOUTUBEチャンネルでは、高画質をモットーに4K解像度のゲームプレイ、PCゲームのベンチマーク動画、グラフィック比較動画に加えて他に好きなものなど、色々と公開していきたいと思いますので、お気に召したらチャンネル登録をよろしくお願いいたします。  https://www.youtube.com/user/hidebusa720