【ピンボールファン待望】PINBALL FX3の追加台、ウィリアムズの名作「Indiana Jones The Pinball Adventure」が3月10日に配信決定。

, , ,

   

PINBALL FX3を開発するZEN STUDIOが、実機ピンボールファンの間でも人気が高い、「Indiana Jones The Pinball Adventure」の追加台を、3月10日に配信するとアナウンスしました。XBOXのPINBALL FX3公式クラブからのレターで確認しました。公式サイトのニュース欄にはまだ見当たらないようです。

PINBALL FX3は、数々の名作映画(スターウォーズ、エイリアン、ジュラシックパークなど)や TVドラマ、ビデオゲームをテーマに、オリジナルデザインの架空のデジタルピンボール化、最近はウィリアムズやバリーの実機の名作をデジタルピンボール化しつつ、実機では実現出来ないようなデジタルならではの演出要素を取り入れたリマスター版も、ボタン一つで瞬時に切り替えて遊べるなど、現在の実機ピンボールゲームでは、ベストと言えると思います。

実機ピンボールのデジタル版は、個人が趣味で作ってPC版で配布していたレベルでしたが、Farsightスタジオがライセンス契約し、「ピンボール・アーケード」としてコンソールからモバイルまで幅広く発売し、最終的にはファンからの要望を聞いて、クラウドファウンディングなどを利用し、数々の名作実機ピンボールゲームをデジタルピンボール化していました。

しかし、ライセンス更新時?にZENスタジオがより好条件を出したのか、ライセンス保有者がFarsightと天秤にかけたどうかは分かりませんが、突然ZENスタジオとライセンス契約し、実機ピンボールマシンをリリースし出しました。

一連の流れは、「ピンボールアーケード」でマシンパックを買い続けていたユーザーからは失望の声が多く上がりましたが(私もそうでした)、ZENスタジオは精力的にウィリアムズ、バリーの実機マシンパックをリリースし続けており、既にファンハウス、シアター・オブ・マジック、アラビアンナイト、ロードショー、メディーバルマッドネス、ゲッタウェイ、モンスターバッシュ、クリーチャー・フロム・ザ・ブラックラグーンなど名作マシンを合計で21台もリリースしています。

PINBALL FX3の実機台としては、22台目となる「Indiana Jones The Pinball Adventure」は、1993年にウィリアムズが発売した台で、インディアナジョーンズ映画3部作をピンボールで忠実に再現しており、劇中の銃声や音楽、ハリソンフォードやショーンコネリーのセリフ、そして映画の名シーンをビデオゲーム、ミニゲームなど、再現度は数ある映画ものピンボールの中でも、かなりの完成度です。

             

左上に位置する左右に傾斜させて穴に落とさずにボールを導くミニゲームがあるのですが、実機マシンではそこのメカニック部分が壊れやすく、メンテナンスでは難のある箇所でした。

デジタルであれば、そんな故障も気にせずに存分に遊べるので、実機ピンボールファンにとっては正に待望のデジピン化と言えるでしょう。実際にアナウンス・トレイラーを見ると、数々の仕掛けやギミックもしっかりと再現されているのが、確認出来ます。

試しにPINBALL FX3をXbox Series Xで起動してみたところ、既に更新が入ったようで「Indiana Jones」のアイコンが出現し、Coming Soonとなっています。

この流れで、トワイライトゾーン(バリー)、アダムスファミリー(バリー)、ガンズ&ローゼス(旧データイースト)、トミー(旧データイースト)、クリープショー(旧データイースト)、ドラキュラ(ウィリアムズ)、ファイアーボール(バリー)、ツイスター(SEGA)などなど、名作は沢山あるので、デジピン化を更に推進して欲しいなと願っています。

とりあえず、3月10日の「Indiana Jones The Pinball Adventure」は、実機ピンボールファンにとっては、待ちに待った最高のプレゼントと言えるでしょう。

私も非常に楽しみです。🔚

via ZenStudio, The Internet Pinball Database

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

映画、海外ドラマ、音楽、ビデオゲーム、ガジェット、自作ハイエンドPC、車、バイク、政治、経済、株式投資、格闘技、70年代のTVドラマ、超常現象などが大好きな湘南在住の管理人です。東京に住んでいた頃は、ハイエンドオーディオ、ハイエンドホームシアターなど趣味で実践していました。現在は、ソニー4KブラビアX9500Gの85インチで洋画、海外ドラマ、ビデオゲームをYAMAHAのA3070AVアンプ経由で5-1-4 9.1チャンネルのDolby Atmos環境で楽しんでいます。映画やゲームレビューはこのシステムかサブシステムのLG 55インチNANO91 4K 120Hzで検証しています。様々な幅広いジャンルでの経験で得た知識、見識をレビューやエッセイも含め、色々と書き綴って情報発信していきたいと思っています。尚、当サイトで書く内容は、あくまで個人的な好みや価値観での意見を書き綴っていますので、あしからず。 YOUTUBEチャンネルでは、高画質をモットーに4K解像度のゲームプレイ、PCゲームのベンチマーク動画、グラフィック比較動画に加えて他に好きなものなど、色々と公開していきたいと思いますので、お気に召したらチャンネル登録をよろしくお願いいたします。  https://www.youtube.com/user/hidebusa720