【ようやく両機種揃う】8ヶ月のブランクを経てXbox Series Xに復帰。久々にXbox Series Xに触れて感じた事など。

Game | Microsoft | SONY

昨年末くらいからXbox Game Pass Ultimateでマイクロソフト傘下の Xbox Game Studio開発のタイトルが全て、PCでも同時リリースされる状況になり、そしてPCではnVIDIA RTX3090を幸運にも入手出来た事もあり、Xbox Series Xでのプレイ機会が激減してしまい、Xbox Series Xを処分しました。

そして処分から約8ヶ月、、私の息子はHalo全作プレイはもちろん、小説まで読む程HALOの世界観が好きなようで、「Halo InfiniteをXbox Series Xでプレイしたいので、代金を半額出すからXbox Series Xを買い直して欲しい」とまで言われたので、抽選販売を待って応募しました。

ソフマップとビックカメラで申し込みしたところ、ソフマップで当選し(ビックカメラは当然同グループ店なのでハズレ)、無事に購入する事が出来ました。先月、幸運にもPS5をヨドバシ横浜で飛び込みで買えたので、今回のXbox Series Xでようやく現行2機種が揃ったという感じです。

Xbox Series Xの到着を待っている間に、私のPCのOSドライブのNVMe SSDが突如壊れたようで、起動出来なくなってしまい、新たにNVMe SSD(2TB)を買い直して再インストールしなければならない状況になってしまい、困った状況に。。そこに現行コンソール2台が次々に入手出来てしまったのです。

このタイミングといい、“ゲームはもうコンソールでプレイしろ“とでも言われている様な気さえしますw

ま、そんな事もあり凄いタイミングで両機種の次世代コンソールが揃ったので、簡単なレポをしたいと思います。

PS5が手元に来て数週間、PS5の大きさに慣れてしまったせいか、久々に観たXbox Series Xのコンパクトさに改めて驚きました。

PS5は膨張色でもあるホワイトから、引き締まったブラックカラーのカバーに換装しているにも関わらず、その大きさは際立っていますね。一方、Xbox Series Xのコンパクトさには改めて驚かされます。

Xbox Series XはPS5より2テラフロップスも処理能力で上回っているのに、ここまでコンパクトに出来たのか、、それはマザーボードを2分割し、アルミブロックを介してサンドイッチにしてマザーボードの放熱性を高めているからです。

プレイステーション5はマザーボードは分割していませんので、見た感じではXbox Series Xのマザーボードと1.5〜2倍近い大きさの差があります。これが本体の大きさの差になったのは間違いないでしょうね。

自分が購入したXbox Series Xの本体の製造年月日(MFR Date)をみてみると、2021年9月22日でした。なんと自分の誕生日近辺での製造日。これは縁起が良いと勝手に思っていますw

早速、セットアップなどをXBOXアプリから行い、過去にプレイしたForza Horizon 4、アサシンクリード・ヴァルハラ、ギアーズ5、モータルコンバット11、DIRT5、トゥームレイダー(Shadow)Oriなど最適化タイトルから、様々な後方互換タイトルを一通りプレイしてみましたが、8ヶ月前とはコンソールのOS自体もゲームの最適化も進化した恩恵で、動作のレスポンス、快適性が大きく向上しているのを実感します。かなり良くなりましたね。しばらく触っていなかっただけに尚更に分かります。

最近までは、PCでプレイしていたタイトルもあり、当然PC版より高い描画解像度で高フレームレートという事もあって、見劣りする部分もあるものの、正直横並びで比較しない限り問題ないのは確かですね。5万5000円程度でこれだけの品質でプレイ出来るなら文句なしでしょう。RTX3080Ti、RTX3090搭載のPC作るとなると、最低でも40万円〜50万円はかかるので、そう考えるとその差が価格差ほどあるとは到底思えませんw それだけコンソールの性能が向上しているという事ですね。

PCはレイトレーシング負荷が重すぎて、DLSSに頼るなどで負荷を回避していますが、PS4、Xbox OneとPCの頃と比べると、以前ほどの差はなくなりつつあるという印象です。

分かってはいた事ですが、やはりコンソールは最適化の技術が進んでより一層魅力的になるんだな、と改めて思いましたし、時間を空けて久々に触れてみるのもアリだなとも感じましたねw

一つ気になったのは、我が家は家族が映画、海外ドラマ大好きで、NETFLIX、amazonプライムビデオ、アップルTV、U-NEXT、hulu全て契約しています。基本はアップルTV 4Kから85インチのブラビアで観る事が多いのですが、家族が使っている場合は、PS5、Xbox Series X、Switchを接続しているLG NANO91 55インチ(HDMI 2.1、VRR、ALLM、DolbyVision、FreeSynk Premiumなど全て対応)で観る事があります。

Xbox Series Xのセットアップ段階で気づいたのですが、PS5にはあるU-NEXTとhuluアプリがXboxにはありません。発売から1年近く経過し、Xbox Oneより好調に売れているXbox Series X|Sですが、まだこのようにはぶられる事があるんだな、、と感じました。

ま、PS5やLGのTV、ブラビアにもUNEXT、huluアプリはあるので、それで観れば済む話で、自分的には何ら困らないですが、ちょっと気になりましたね。

とにかく、久々のXbox Series X楽しんでいます。

後はストレージ。PS5は拡張M.2 SSDスロットにサムスン980PRO 1TBを装着し、更にPS4Proで使っていたCrucialのS-ATA SSD MX300 1TBをSabrentのUSB-A変換アダプターで装着し、問題なく使っています。

当ブログ関連記事:PS5の追加ストレージ・スロットにM.2 SSD増設

マイクロソフトとSeagate共同開発の純正拡張ストレージカードの2TB版が12月にリリースされるのを待つか。。しかし国内リリースは未定、価格は4万円以上になる可能性大、、とりあえずはS-ATA SSD 2TBにするか、外付けハードディスクにするか、、悩むところです。

🔚

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

映画、海外ドラマ、音楽、ビデオゲーム、ガジェット、自作ハイエンドPC、車、バイク、政治、経済、株式投資、格闘技、70年代のTVドラマ、超常現象などが大好きな湘南在住の管理人です。東京に住んでいた頃は、ハイエンドオーディオ、ハイエンドホームシアターなど趣味で実践していました。現在は、ソニー4KブラビアX9500Gの85インチで洋画、海外ドラマ、ビデオゲームをYAMAHAのA3070AVアンプ経由で5-1-4 9.1チャンネルのDolby Atmos環境で楽しんでいます。映画やゲームレビューはこのシステムかサブシステムのLG 55インチNANO91 4K 120Hzで検証しています。様々な幅広いジャンルでの経験で得た知識、見識をレビューやエッセイも含め、色々と書き綴って情報発信していきたいと思っています。尚、当サイトで書く内容は、あくまで個人的な好みや価値観での意見を書き綴っていますので、あしからず。 YOUTUBEチャンネルでは、高画質をモットーに4K解像度のゲームプレイ、PCゲームのベンチマーク動画、グラフィック比較動画に加えて他に好きなものなど、色々と公開していきたいと思いますので、お気に召したらチャンネル登録をよろしくお願いいたします。  https://www.youtube.com/user/hidebusa720