【噂】遂にUBIソフトが、スプリンターセルの新作開発にGOサインを出したらしい。

Game | Microsoft | PC | SONY

ユービーアイソフトは、10年ぶりに「Splinter Cell(スプリンターセル)」シリーズの新作開発にGOサインを出したようです。

ユービーアイソフトは昨年、すでに「Splinter Cell」の新プロジェクトを発表していましたが、Facebookとの提携により制作されるVR専用タイトルとして発表されたため、多くのスプリンターセルのファンは落胆していました。

開発関係者の話によると、モバイルやVRで「スプリンターセル」フランチャイズを復活させようとする、UBI Softの最近の取り組みに不満を持っているスプリンターセルのファンを引き戻す為に製作されるとのこと。

UBI Softのどのスタジオが開発しているのかは明らかになっていませんが、ユービーアイソフトの計画を知るという2人の人物は、新しいSplinter Cellは従来のモントリオールスタジオ以外のスタジオが開発を主導していると示唆、本作はまだ開発の初期段階にあるとの事なので、来年2022年に発表される可能性は小さいとみられています。

UBIはVGCの取材に対し、コメントを拒否したとの事。

昨年、UBI SoftのCEO Yves Guillemot氏は、「スプリンターセルを復活させるには、ゲームを進化させる必要があります。つまり、今までのゲームとは違うものを作らなければなりません。前回のスプリンターセルでは、ファンの皆さんから「変えないでくれ、あれもこれもしないでくれ」というプレッシャーがあったので、チームの中にはブランドに取り組むことに不安を感じているところもありました。今では、ブランドに目を向け、大切にしている人たちもいます。」と述べています。

同氏はまた、「スプリンターセルの新作が待たれるようになったのは、「Assassin’s Creed」などのユービーアイソフトの他のフランチャイズが成功し、「Watch Dogs」や「The Division」などの新しいフランチャイズが登場したことが大きな要因だ。」と述べています。

「スプリンターセル」は2013年に発売された「スプリンターセル ブラックリスト」が最後で、発売から既に8年が経過、2002年に初登場して以来、スプリンターセルの新作が出ていない期間としては最長となってしまいました。

スプリンターセルは、Xboxの後方互換機能+Xbox Enhancedによってリマスターレベルの美麗なグラフィックで、初代XBOXのスプリンターセル、パンドラトゥモロー、カオスセオリー、二重スパイの4作が全てプレイ可能です。

開発初期との事で、実際にお披露目されるのは2〜3年後でしょうか?噂レベルなので、いつになるかは全く分かりませんし、真偽も不明ですが「火のないところに煙は立たず」。スプリンターセルファンからすれば、ヤキモキする状況ですが数年後に期待というところでしょうか。。とりあえず、サム・フィッシャーの声優で俳優でもあるマイケル・アイアンサイドさんが元気なうちに、、w完成して欲しいものです。。🔚

via VGC

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

映画、海外ドラマ、音楽、ビデオゲーム、ガジェット、自作ハイエンドPC、車、バイク、政治、経済、株式投資、格闘技、70年代のTVドラマ、超常現象などが大好きな湘南在住の管理人です。東京に住んでいた頃は、ハイエンドオーディオ、ハイエンドホームシアターなど趣味で実践していました。現在は、ソニー4KブラビアX9500Gの85インチで洋画、海外ドラマ、ビデオゲームをYAMAHAのA3070AVアンプ経由で5-1-4 9.1チャンネルのDolby Atmos環境で楽しんでいます。映画やゲームレビューはこのシステムかサブシステムのLG 55インチNANO91 4K 120Hzで検証しています。様々な幅広いジャンルでの経験で得た知識、見識をレビューやエッセイも含め、色々と書き綴って情報発信していきたいと思っています。尚、当サイトで書く内容は、あくまで個人的な好みや価値観での意見を書き綴っていますので、あしからず。 YOUTUBEチャンネルでは、高画質をモットーに4K解像度のゲームプレイ、PCゲームのベンチマーク動画、グラフィック比較動画に加えて他に好きなものなど、色々と公開していきたいと思いますので、お気に召したらチャンネル登録をよろしくお願いいたします。  https://www.youtube.com/user/hidebusa720