『グランツーリスモ7』PS5版のゴージャスな4Kスクリーンショット、予約特典のクルマとコースが公開。

Game | SONY

2022年3月4日に発売予定の『グランツーリスモ7』の予約が火曜日に開始され、25周年エディションも発表しました。早期予約特典として、100,000ゲームクレジットと、トヨタ スープラ GT500 ’97 (Castrol Tom’s)、ポルシェ 917 Living Legend、マツダ RX-Vision GT3 Concept Stealth Modelなどのボーナスコンテンツを含む「3カーパック」が特典として入手出来ます。

更に、筑波サーキット、サルトサーキット、ハイスピードリンクなど、いくつかのコースのスクリーンショットに加えて、天候変化で変わる路面環境、ライティング効果など、コースの環境がダイナミックに変化する事が分かる映像も公開しています。天候変化、路面変化などはようやくForza 7に追いついた印象。Forzaと比べてどれくらいの挙動変化の再現がされているか楽しみです。

Toyota Supra GT500 ’97 (Castrol Tom’s)

スズキのエスクードやダイハツのミゼットIIなどと並んで、『グランツーリスモ』シリーズのオリジナルゲームから生まれた最も有名なクルマのひとつといっても過言ではありません。「カストロール トムス スープラ」は、昔からの『グランツーリスモ』ファンなら誰もが懐かしさを覚えるでしょう。97年のJGTCでは、当時圧倒的な強さを誇った日産GT-Rを倒したことで有名になりましたが、初代『グランツーリスモ』に登場すると、その圧倒的にカッコイイ見た目とパフォーマンスで、瞬く間に人気車となりました。

GT5とGT6では登場したものの、GT Sportでは登場しなかった97年モデルが、GT7で久々に復活したわけです。シリーズの生みの親である山内一典氏がGTplanetのインタビューで「プレイヤーには、ゲームを始めたときの感覚を思い出してほしい。」という思いがあるようで、この伝説のマシンの復活は25周年に相応しい1台となるでしょう。

Porsche 917 Living Legend

Castrol Tom’s Supraがシリーズの過去を象徴するとすれば、Porsche 917 Living Legendはこれから先の未来を象徴としているかもしれません。最近では、GTスポーツでポルシェを使うことは、当然のようになってはいますが、数年前までは、グランツーリスモのプレイヤーにとって、ポルシェは夢物語に過ぎませんでした。

その理由は、エレクトロニック・アーツとポルシェが数十年にわたる独占契約で、ポルシェはEA意外のレースゲームにはほとんど登場していませんでしたが、2017年にようやく契約が終了したことで実現しました。GT7でポルシェが大きな存在となりそうなのは明らかです。予約コンテンツパックに「917 Living Legend」が含まれていることがその証拠と言えるかもしれません。

Mazda RX-Vision GT3 Concept Stealth Model

2019年にモナコで開催された「FIAグランツーリスモ選手権ワールドファイナル」で大々的に公開され、2020年5月に「GT Sport」に登場したのが「マツダ RX-Vision GT3」です。このモデルは観た通り、“ステルスモデル“です。これは、通常のGT3カーに艶消しのフラットブラックのカーボンファイバーボディ・バージョンです。鏡のように美しく輝くボディの車が多い中で、艶消しカーボンファイバーボディのステルスモデルは一際目立つでしょうね。

これは、『グランツーリスモ5』のコレクターズエディションで初めて公開された特別仕様車 “ステルスモデル “を彷彿とさせるもので、マツダ787B、日産GT-R GT500、マクラーレンF1などのカーボンファイバーボディ製モデルを収録した特別仕様車「ステルスモデル」に通じるものです。

このRX-Vision GT3 ステルス・モデルがその伝統を引き継いでいるとすれば、より強力なパフォーマンスを発揮することになるでしょう。

「グランツーリスモ 7」のPS5版では以下のゲーム仕様が発表されています。

圧倒的な映像表現

バックミラーに映るドライバーの姿を確認したり、車体のカーブに太陽の光が当たっているのを見たり、PS5のパワーによるレイトレーシング技術により、4KおよびHDRに対応、60fpsのフレームレートで、驚くほどリアルな写真を撮影することが可能。

高速読み込み

PS5本体に搭載された超高速SSDにより、レースイベントの開始、ロビーへの集合、ガレージの閲覧、GT7のモードやメニューのシームレスな操作が可能に。

アダプティブ・トリガー

アンチロック・ブレーキ・システムの振動やホイール・スピン、車ごとのブレーキ抵抗の変化などを、デュアルセンス・ワイヤレス・コントローラーのアダプティブ・トリガーで感じ取ることができます。

触覚フィードバック

ターマックの微妙なバンプから縁石の溝まで、道路上の自分の位置を没入感のある触覚フィードバックで感じ取ることができます。

Tempest 3D AudioTechに対応したヘッドフォンを使用

PS5に搭載された3Dオーディオにより、道路上の他の車やドライバーの位置を、圧倒的な鮮明さで把握することができます。

『グランツーリスモ7』は、PlayStation 5、PlayStation 4向けに、いよいよ来年3月4日に全世界で発売されます。Forza Motorsport8はまだリリース日発表されていませんが、2022年にいよいよ現行機世代でシミュ系レースゲームの2巨頭が出揃うので、ワクワクしますね。どちらも甲乙つけ難い出来になっていると良いなと思います。🔚

via GTplanet

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

映画、海外ドラマ、音楽、ビデオゲーム、ガジェット、自作ハイエンドPC、車、バイク、政治、経済、株式投資、格闘技、70年代のTVドラマ、超常現象などが大好きな湘南在住の管理人です。東京に住んでいた頃は、ハイエンドオーディオ、ハイエンドホームシアターなど趣味で実践していました。現在は、ソニー4KブラビアX9500Gの85インチで洋画、海外ドラマ、ビデオゲームをYAMAHAのA3070AVアンプ経由で5-1-4 9.1チャンネルのDolby Atmos環境で楽しんでいます。映画やゲームレビューはこのシステムかサブシステムのLG 55インチNANO91 4K 120Hzで検証しています。様々な幅広いジャンルでの経験で得た知識、見識をレビューやエッセイも含め、色々と書き綴って情報発信していきたいと思っています。尚、当サイトで書く内容は、あくまで個人的な好みや価値観での意見を書き綴っていますので、あしからず。 YOUTUBEチャンネルでは、高画質をモットーに4K解像度のゲームプレイ、PCゲームのベンチマーク動画、グラフィック比較動画に加えて他に好きなものなど、色々と公開していきたいと思いますので、お気に召したらチャンネル登録をよろしくお願いいたします。  https://www.youtube.com/user/hidebusa720