アップル、App Store 反トラスト訴訟で敗訴の可能性も。判事がアップルに不利な意思を示す。

アップルがアプリ開発会社の「EPIC Games」と争っている注目の反トラスト裁判の最後の2日間は、アップルが期待していた通りにはいかなかったようです。

裁判官のYvonne Gonzalez Rogers氏は、Epic Gamesの訴えの核心である、AppleのApp Storeがアプリ内でのデジタル購入に30%の手数料を課していることについて懸念を表明しました。また、アップル社がアプリ開発者に対して、デジタル商品をウェブ・ブラウザ上で購入するとアプリ内で支払うよりも安い価格で購入できると顧客に伝えることを禁止していることは、「反競争的であると思われる。」と述べています。

月曜日に終了したこの裁判では、アップル社のスタートダッシュが好調で法的にも有利だったにもかかわらず、Yvonne Gonzalez Rogers裁判官はここ数日、アップル社のビジネスに少なくとも何らかの変更を加えることで、アプリ開発者に有利に働き、App Storeを別途調査している政府の反トラスト法執行機関を助けることを意図しているように見えます。

Yvonne Gonzalez Rogers裁判官が直面している主な課題は、そのような判決を下すには、アップル社が独占的な力を使って競争相手に損害を与え、法律を破ったと認定する必要があることです。

裁判の終了間際に、彼女はEPIC Gamesや他のモバイルゲーム開発者のみを助ける判決を下すための方法を示唆しました。このような判決は、範囲が限定されてはいますが、それでもAppleの利益に影響を与える可能性があるかもしれません。

アップルも裁判が長引くことで、米議会のアップルに対する批判の矛先が向くのを避けたい意図もあるようです。この裁判の流れですと、ややアップル劣勢になりつつあるのかもしれません。。アップルが譲歩して決着するのか、その裁判の行方に注目が集まっています。🔚

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

映画、海外ドラマ、音楽、ビデオゲーム、ガジェット、自作ハイエンドPC、車、バイク、政治、経済、株式投資、格闘技、70年代のTVドラマ、超常現象などが大好きな湘南在住の管理人です。東京に住んでいた頃は、ハイエンドオーディオ、ハイエンドホームシアターなど趣味で実践していました。現在は、ソニー4KブラビアX9500Gの85インチで洋画、海外ドラマ、ビデオゲームをYAMAHAのA3070AVアンプ経由で5-1-4 9.1チャンネルのDolby Atmos環境で楽しんでいます。映画やゲームレビューはこのシステムかサブシステムのLG 55インチNANO91 4K 120Hzで検証しています。様々な幅広いジャンルでの経験で得た知識、見識をレビューやエッセイも含め、色々と書き綴って情報発信していきたいと思っています。尚、当サイトで書く内容は、あくまで個人的な好みや価値観での意見を書き綴っていますので、あしからず。 YOUTUBEチャンネルでは、高画質をモットーに4K解像度のゲームプレイ、PCゲームのベンチマーク動画、グラフィック比較動画に加えて他に好きなものなど、色々と公開していきたいと思いますので、お気に召したらチャンネル登録をよろしくお願いいたします。  https://www.youtube.com/user/hidebusa720