オーディオテクニカ オープン型プロフェッショナルモニターヘッドフォンATH-R70xのイヤーパッド交換

現在、自分がゲーミングやオーディオなど全般で愛用している、オーディオテクニカ社製のオープン型プロフェッショナル・モニターヘッドフォンR70xですが、かれこれ2年が経過しイヤーパッドがかなりへたって来たので、オーディオテクニカから取り寄せた純正のイヤーパッドを交換してみました。

ATH-R70xはオーディオテクニカ社初のプロ用オープン型リファレンスモデルで、同社の40年来のヘッドホン技術に基づく新設計ドライバーと最適化された音響回路により全音域を正確に再現します。

ATH-R70xは、全ての音域を高純度で再現する高磁力マグネット純鉄製磁気回路を採用した大口径45mmドライバーを搭載し、
オープン型専用設計の新たなドライバーを開発し採用しています。これにより、プロ用途に最適な歪みのないリファレンスサウンドを実現しています。

他の特徴として

  • カーボン繊維入り合成樹脂材を採用し剛性を高めて到達したハイレスポンスサウンド
  • よりナチュラルで空間的な広がりのある音を再生するハニカムアルミニウムパンチングメッシュを採用。
  • 通気性の良いイヤパッドと進化を遂げた新3D方式ウイングサポートで快適な装着感。
  • 長時間の作業にストレスを感じない約210gの超軽量ボディ。
  • L/Rの区別なく取り付け可能な独自のデュアルサイド着脱式コード(バヨネット式ロック機構)。
  • ヘッドホンとコードの収納に便利なポーチを付属。
  • プロ用/業務用機での接続を前提とした470オームのハイインピーダンス仕様。

インピーダンスが470Ωですが、XBOXコントローラーから音量最大であれば辛うじて鳴らすことは出来ますが、理想を言えば、ヘッドフォンアンプでゲインは低〜中でボリューム上げて鳴らした方が良いとは思います。

外観はシンプルで悪く言えばややチープ。上位モデルの2000xも以前所有していましたが、それと外観を比べるレビューを見かけましたが、確かに安っぽさは否めませんが、本機はあくまで業務用を謳っていますし、業務で長時間装着を想定し210gという超軽量ボディに仕上げているので、この点は仕方ないと思います。高級モデルの2000xと比べる事自体が間違っていると思いますね。

音はもう文句なしに素晴らしくて、過去の同社のM50xや2000x、SHUREなど色々使ってきた中で軽い装着感で長時間使え、総合的に1番気に入ってます。とにかくオープン型とは思えないくらいに低音が出ていますし(とは言え、密閉型よりは出ません)バランスが良く、音場再現性や拡がりも良い。ヘッドフォンアンプを通じてしっかり鳴らせば、スピーカーで聴いているのに近い再現性があるので、これを購入してからは他の機種に目がいかなくなりました。

既に2年以上他の機種に目移りする事なく使っていますし、今後も買い替えるならまたATH-R70xかなと思っているくらい、気に入ってます。買い足すなら以前使ってたM50xも良いかなと思っています。

ということで、オーディオテクニカのオンラインショップからATH-R70xの純正イヤーパッドを注文しました。同社ホームページからオーダー出来るパーツは以下の通り。

Image:AudioTechnica

イヤーパッドは3,300円です。頭の上部をサポートするウィングサポートもありましたが、まだへたっていないので、今回はとりあえずイヤーパッドをオーダーし、数日で直ぐに届きました。支払いは代引きもクレカも可能です。

非常に分かりやすい写真入りのイヤーパッドの交換マニュアルも同梱されてました。

説明書の写真とATH-R70xのフラップ部の厚み部分に違いがあるので、よくみてみると後方部分が厚くなっている事が分かりそこにイヤーパッドのフラップの長い部分に合わせて差し込んでいく形です。

イヤーパッドを外した状態。ハニカム・アルミニウム・パンチングメッシュが見えます。このパンチングホールの空き方で音が変わるようで、音を決める重要なパーツの一つです。

早速、古くなったボロボロのイヤーパッドを外します。周囲の溝にはめ込んだ状態で装着されているので、外すのは意外と簡単に取れます。

フラップの厚みのある部分を合わせて溝にはめ込めば完了。外すのは簡単ですが、装着は溝に丁寧にはめ込まないといけないので、面倒ですが伸縮性もあるので思っていたよりは簡単でした。

↑左が替えたイヤーパッド、右が2年使用したイヤーパッド。見た目だけでなく色褪せしてへたっているのが一目瞭然です。

新品になった事で、耳に当たる感触も若干ソフトになりフィット感も良くなりました。いかにイヤーパッドがへたっていたか改めて分かります。新品で厚みが戻った事で耳との密閉感も戻ったことで、聴いて即座に低音も出が良く感じます。ヘッドフォンのイヤーパッドの機密性は音に大きく影響するので、バカに出来ません。ヘビーな使用なら1年、たまに使う場合でも遅くても2年以内にイヤーパッドは新品に替えた方が良い重要なパーツです。🔚

オーディオテクニカ ATH-R70xパーツオンラインショップページ

オーディオテクニカ ヘッドフォンラインナップ ホームページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

映画、海外ドラマ、音楽、ビデオゲーム、ガジェット、自作ハイエンドPC、車、バイク、政治、経済、株式投資、格闘技、70年代のTVドラマ、超常現象などが大好きな湘南在住の管理人です。東京に住んでいた頃は、ハイエンドオーディオ、ハイエンドホームシアターなど趣味で実践していました。現在は、ソニー4KブラビアX9500Gの85インチで洋画、海外ドラマ、ビデオゲームをYAMAHAのA3070AVアンプ経由で5-1-4 9.1チャンネルのDolby Atmos環境で楽しんでいます。映画やゲームレビューはこのシステムかサブシステムのLG 55インチNANO91 4K 120Hzで検証しています。様々な幅広いジャンルでの経験で得た知識、見識をレビューやエッセイも含め、色々と書き綴って情報発信していきたいと思っています。尚、当サイトで書く内容は、あくまで個人的な好みや価値観での意見を書き綴っていますので、あしからず。 YOUTUBEチャンネルでは、高画質をモットーに4K解像度のゲームプレイ、PCゲームのベンチマーク動画、グラフィック比較動画に加えて他に好きなものなど、色々と公開していきたいと思いますので、お気に召したらチャンネル登録をよろしくお願いいたします。  https://www.youtube.com/user/hidebusa720