最初のカスタムAMD Radeon ASUS TUF Gaming RX 6900 XTが公開

ASUSは、AMDのAIBパートナーであり、グラフィックスカードメーカーとしては初めて、フルファットのBig Navi GPUを搭載したカスタムRadeon RX 6900 XTグラフィックスカードを発表しました。TUF Gaming Radeon RX 6900 XTカードは、ASUSの公式ウェブページに掲載されており、大規模なトリプルファンとトリプルスロットの冷却ソリューションを備えています。

AMDのボードパートナーが近日中にカスタムRadeon RX 6900 XTモデルを発表するのを期待していましたが、ほとんどが発売日にお披露目するようです。

ASUS TUF Gaming Radeon RX 6900 XTは、今後数週間で様々なフルファットNavi 21 XTX「Big Navi」GPUダイをベースにした多くのカスタムモデルの一つに過ぎないでしょう。

TUF Gaming Radeon RX 6900 XTは、2つの11ブレードファンと中央に1つの合計13ブレードファンを搭載した「Axial-techベース」のファンを搭載する予定です。ASUSによると、中央のファンの余分なブレードとフルハイトリングは、GPUのヒートスプレッダーに直接空気を送風するための静圧を高めることができるようです。

また、0dBのファン技術を採用し、GPUとメモリに安定した電力を供給するために、いくつかの高品質な部品を搭載しています。TUF Gamingのラインナップも2.9スロットのデザインを採用するようです。

ヒートシンクについてASUSは、7本の巨大な銅製ヒートパイプと固体ニッケルベースのプレートを装備した大規模なアルミニウム・フィン・アレイを利用して効率的な放熱を行う「Max Contact設計」を利用しています。

このカードは、3つのDisplayPort 1.4a端子、HDMI 2.1ポートを備えたROG STRIX Radeon RX 6800と同じディスプレイ出力構成です。

グラフィックスカードにクーラーを固定するためのアルミニウム製のGPUプレートを備えた、クールなデザインのバックプレートがあります。

クーラーがPCB(基板)からはみ出しているので、3つ目のファンのためのカットアウトもあります。最後に、RX 6900 XT カードの側面に明るいオレンジ色で点灯する小さな TUF Gaming のロゴを見ることができます。

ASUS TUF ゲーミング Radeon RX 6900 XTは、デュアル 8 ピン コネクタによって供給され、完全にカスタムのPCBデザインが採用されています。

残念なことに、まだ詳しい VRMのカウントまたはクロック速度に関する具体的な情報が出ていませんが、RX 6900 XTの 2.8 GHz のリファレンス Radeon RX 6800 XT グラフィックス カードの 2.8 GHz と比較して 3.0 GHz のはるかに高いクロックを備えています。TUF ゲームは、工場でオーバークロックされたモデルなので、それは潜在的に 3 GHz を超える高い最大クロック制限を提供しながら 2250 MHz の標準的なブースト クロックよりも高いクロックにする必要があります。

AMD Radeon RX 6000 シリーズ “RDNA 2” グラフィックスカード ラインナップ

Graphics CardAMD Radeon RX 6700AMD Radeon RX 6700 XTAMD Radeon RX 6800AMD Radeon RX 6800 XTAMD Radeon RX 6900 XT
GPUNavi 22 (XL?)Navi 22 (XT?)Navi 21 XLNavi 21 XTNavi 21 XTX
プロセス7nm7nm7nm7nm7nm
トランジスタTBATBA26.8 Billion26.8 Billion26.8 Billion
コンピュート・ユニットTBA40607280
ストリームプロセッサーTBA2560384046085120
TMUs/ROPsTBATBA240 / 96288 / 128320 / 128
クロック周波数TBATBA1815 MHz2015 MHz2015 MHz
ブースト・クロックTBATBA2105 MHz2250 MHz2250 MHz
FP32 TFLOPsTBATBA16.17 TFLOPs20.74 TFLOPs23.04 TFLOPs
メモリーサイズ12 GB GDDR612 GB GDDR616 GB GDDR6 +128 MB Infinity Cache16 GB GDDR6 +128 MB Infinity Cache16 GB GDDR6 +128 MB Infinity Cache
メモリーバス192-bit192-bit256-bit256-bit256-bit
メモリークロック14 Gbps?16 Gbps?16 Gbps16 Gbps16 Gbps
帯域320 GB/s384 GB/s512 GB/s512 GB/s512 GB/s
消費電力TBATBA250W300W300W
価格TBATBA$579 US$649 US$999 US

グラフィックカードは、リファレンスモデルは999ドルのMSRP(希望小売価格)を持っていることを考えると、1000ドル以上のプレミアムが乗った価格で来ると予想されます。RX 6800 XT TUF ゲーミング モデルは、リファレンス モデルより$150乗ったプレミアム価格なので、RX 6900 XT TUF ゲーミングは$1150〜$1200と予想されます。

Impressで今晩深夜にKTU”加藤勝明氏と高橋敏也氏の両氏が、このRadeon RX 6900 XTをディープに解説するLIVE配信が12月8日火曜日23時からなので、6900XTが気になる方は必見かもしれません。RTX3090ユーザーでもある私も気になるところです。Infinity Cacheある、なしでのパフォーマンス差も気になるところです。

🔚

via ASUS.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

映画、海外ドラマ、音楽、ビデオゲーム、ガジェット、自作ハイエンドPC、車、バイク、政治、経済、株式投資、格闘技、70年代のTVドラマ、超常現象などが大好きな湘南在住の管理人です。東京に住んでいた頃は、ハイエンドオーディオ、ハイエンドホームシアターなど趣味で実践していました。現在は、ソニー4KブラビアX9500Gの85インチで洋画、海外ドラマ、ビデオゲームをYAMAHAのA3070AVアンプ経由で5-1-4 9.1チャンネルのDolby Atmos環境で楽しんでいます。映画やゲームレビューはこのシステムかサブシステムのLG 55インチNANO91 4K 120Hzで検証しています。様々な幅広いジャンルでの経験で得た知識、見識をレビューやエッセイも含め、色々と書き綴って情報発信していきたいと思っています。尚、当サイトで書く内容は、あくまで個人的な好みや価値観での意見を書き綴っていますので、あしからず。 YOUTUBEチャンネルでは、高画質をモットーに4K解像度のゲームプレイ、PCゲームのベンチマーク動画、グラフィック比較動画に加えて他に好きなものなど、色々と公開していきたいと思いますので、お気に召したらチャンネル登録をよろしくお願いいたします。  https://www.youtube.com/user/hidebusa720