PC版 Cyberpunk 2077は、nVIDIAとCD PROJEKT REDとの技術提携により、4つのレイトレーシング効果が採用され、DLSS2.0対応でレイトレーシングのショーケースタイトルに。

nVIDIAが12月10日発売予定の The WithcerシリーズのCD Projekt RED開発待望のCyberpunk2077のページで次世代機でも話題のレイトレーシング、そしてnVIDIAのRTXカードで実現可能なAIによる高精細化技術DLSSなどの解説しています。

Cyberpunk2077では、NVIDIA GeForce RTXを搭載したレイトレーシングとAIで、活気に満ちた未来の大都市「ナイトシティ」を体験出来ます。キャラクターのサイバーウェア、スキルセット、プレイスタイルをカスタマイズして、パワー、グラマー、肉体改造に取りつかれた街に挑むとき、GeForce RTXは、サイバーパンク2077のための究極のゲーム体験をお届けします。

「Cyberpunk 2077」では、NVIDIAとCD PROJEKT REDの技術提携により、没入感のある4種類のレイトレース効果が採用されており、Cyberpunk 2077は、レイトレース拡散照明、レイトレース反射、レイトレース・アンビエント・オクルージョン、レイトレースシャドウ、NVIDIA DLSSを搭載しています。

各技術の詳細については、こちらをご覧ください。

CD PROJEKT RED ライティング&FXアートディレクター Jakub Knapik

「Cyberpunk 2077 」は、驚異的なビジュアルを生み出すことができる、技術的にも先進的なゲームです。また、GeForce RTX 30シリーズの第2世代レイトレーシングNVIDIA DLSSの高度なAIを活用することで、リアルタイムグラフィックスの未来を大胆に切り開いています。シミュレートされた反射、生き生きとした影、忠実に再現された拡散照明とアンビエントオクルージョン……これらすべてが私の心臓の鼓動を速くしてくれます。

レイトレースド・ディフューズ・イルミネーション

従来のレンダリング技術では実現が困難であった、空の輝きや様々なサーフェスからの放射状の照明をキャプチャします。この機能を有効にすると、ビルボードやその他の照らされた表面やオブジェクトが自然な色の照明で周囲を明るくし、太陽や月がナイトシティをリアルに照らし出します。

レイトレースド・リフレクション

サイバーパンク2077 では、レイトレースされた反射は全てのオブジェクト表面で使用され、最大数キロの範囲をトレースすることができ、広大な視野の距離に渡ってリアルな反射を可能にします。不透明なオブジェクトや透明な表面の両方に存在し、シーンに対して反射光線のシングル・バウンドをトレースすることで、光沢のある表面や金属表面からの光の反射をシミュレートします。

スクリーン上のものだけを反映するスクリーンスペース技術とは異なり、レイトレースされた反射は、キャラクターの周りのシーン全体を取り込み、カメラビューの外にあるオブジェクトや、カメラから離れた方向を向いているオブジェクトを正確に表現することができます。さらに、レイトレース反射は、忠実度が大幅に向上しており、スクリーンスペース技術を使用した場合に見られる、没入感を損なうような画質、リアリティの低下問題に悩まされることはありません。

レイトレースド・アンビエントオクルージョン

アンビエント・オクルージョンは、シーン内の各ポイントがアンビエント照明にどの程度露出しているかを計算するために使用されるシェーディングおよびレンダリング技術で、その結果オブジェクトを接地させたり、サーフェスやオブジェクト、その他のゲーム要素を自然に暗くしたりする新しいAOシャドウがレンダリングされます。

Cyberpunk 2077では、レイトレースされたアンビエントオクルージョンをローカルライトと一緒に使用することで、シャドウが欠落している部分のローカルシャドウイング効果を近似させることができ、アンビエントオクルージョン効果の品質を大幅に向上させることができます。

レイトレースド・シャドウ

レイトレースを使用することで、開発者はシャドウマップの妥協や制限から解放され、ピクセル精度の高いシャドウをゲームに導入することができます。「Cyberpunk 2077」では、光の強さや雲を介した光の散乱などに基づいて、太陽や月の光による方向性のある影がゲームに追加されます。

既にnVIDIAは、RTX30シリーズ(おそらくRTX3090)で4Kウルトラ設定でのゲームプレイトレイラーを公開しています。

レイトレーシングは光の物理的な挙動をシミュレートし、サイバーパンク2077にリアルタイムで映画のようなクオリティのレンダリングをもたらします。レイトレースされた反射、アンビエントオクルージョン、シャドウ、グローバル・ディフューズ・イルミネーション、NVIDIA DLSSで、これまでにないほどにNight Cityが生き返る様子をご覧ください。

これらのエフェクトはそれぞれ、DirectX 12 UltimateのDXRレイトレーシングAPIを搭載しており、GeForce RTXグラフィックスGPUとその専用レイトレーシングコア用に最適化されています。

NVIDIA DLSSは、GeForce RTX上の専用AI処理Tensorコアを使用して、妥協のない画質でフレームレートをブーストする画期的なAIレンダリングです。

テンサーコアと呼ばれるGeForce RTX GPU上の専用AIプロセッサを搭載したNVIDIA DLSS 2.0は、美しく鮮明なゲーム画像を生成しながら、フレームレートを向上させるディープラーニング・ニューラルネットワークです。

これにより、ゲーマーはレイトレーシング設定を最大化し、出力解像度を向上させるためのパフォーマンスの余力を得ることが出来るようになります。

この技術はすでにいくつかのゲームに採用されており、『Cyberpunk 2077』にも採用されます。

どうやら「Cyberpunk2077」はREMEDYの「CONTROL」以来、4つものレイトレーシング効果が採用された、久々のレイトレーシング・ショーケース・タイトルと言えるかもしれませんので、RTX30シリーズのオーナーさんは必須タイトルかもしれません。個人的にも非常に楽しみで注目タイトルです。

しかも、DLSS2.0にもしっかり対応しているようなので、RTX3090では4K 60fps以上の高フレームレートでのプレイも期待出来そうで本当に楽しみです。

via nVIDIA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

映画、海外ドラマ、音楽、ビデオゲーム、ガジェット、自作ハイエンドPC、車、バイク、政治、経済、株式投資、格闘技、70年代のTVドラマ、超常現象などが大好きな湘南在住の管理人です。東京に住んでいた頃は、ハイエンドオーディオ、ハイエンドホームシアターなど趣味で実践していました。現在は、ソニー4KブラビアX9500Gの85インチで洋画、海外ドラマ、ビデオゲームをYAMAHAのA3070AVアンプ経由で5-1-4 9.1チャンネルのDolby Atmos環境で楽しんでいます。映画やゲームレビューはこのシステムかサブシステムのLG 55インチNANO91 4K 120Hzで検証しています。様々な幅広いジャンルでの経験で得た知識、見識をレビューやエッセイも含め、色々と書き綴って情報発信していきたいと思っています。尚、当サイトで書く内容は、あくまで個人的な好みや価値観での意見を書き綴っていますので、あしからず。 YOUTUBEチャンネルでは、高画質をモットーに4K解像度のゲームプレイ、PCゲームのベンチマーク動画、グラフィック比較動画に加えて他に好きなものなど、色々と公開していきたいと思いますので、お気に召したらチャンネル登録をよろしくお願いいたします。  https://www.youtube.com/user/hidebusa720