【ぶっちゃけフレームレートはどれくらい向上するのか?】デジタルファウンドリー RTX3080レビュー「猛烈に速い」多数のベンチマークも

デジタルファウンドリーがRTX3080の詳細なベンチマークを公開しています。具体的にどれだけフレームレートが上がるのか?レイトレーシングのパフォーマンスは?など動画で全て詳細に公開されているので、購入予定の方はチェックしておいた方が良さそうです。

   


    

ベンチマークに入る前に、この新しいAmpereカードの構造を説明しておきましょう。Nvidiaは、2倍のレイトレーシング性能とこれまでで最大の世代的飛躍を実現すると主張していますが、その主な理由は、通常のファブであるTSMCではなく、サムスンの提供する12nmプロセスから8nmプロセスへのダイ・シュリンクにあります。これにより、Nvidiaはこれまで以上に多くのトランジスタを搭載し、性能と電力効率を向上させることができます。

Image: DigitalFoundry

カードのメモリもアップグレードされており、10GBのGDDR6XメモリはGDDR6の前身よりも電力効率が高く、より高い周波数とより多くの帯域幅を可能にしています。Nvidiaはまた、そのレイトレーシングとテンサーコアの次世代バージョンに取り組んでおり、明らかに余分な負荷を必要とする部分も全て改善させています。要するに、ここではほとんどすべてのものが最大のパフォーマンスを発揮するために限界までプッシュされており、Nvidiaは多くの場合、RTXやAIを加速させるワークロードを担当するハードウェアを文字通り倍増させています。

RTX 3080は、カード内部で多くのことが行われていますが、最初に気づくことは、その変わった冷却構造です。20シリーズのカードに見られたように、一対のファンはまだありますが、現在はプッシュプル構成になっていて、両側に1つのファンがあります – Nvidiaは「フロースルー」と呼んでいます。これはファンの回転数で温度を改善しますが、従来の設計よりもCPUに熱風がかかる可能性があります。AiOやカスタム水冷ではなく、空冷クーラーを使用している場合は注意が必要です。

そしてベンチマーク。詳しいスコア、解説、蘊蓄は専門サイトに色々掲載されるので、ここでは単純にぶっちゃけフレームレートはどれくらい上がるの?ということに言及していきたいと思います。

Doom Eternal、Borderlands3、CONTROL、Shadow of The Tombraider ベンチマーク

Gears5、Far Cry5、Hitman 2ベンチマーク Part 2 

Metro Exodus, Dirt Rally 2, Assassin’s Creed Unity – ベンチマーク Part 3

Death Stranding, Ghost Recon Wildlands, Assassin’s Creed Odyssey – ベンチマーク Part 4

Control, Metro Exodus, Battlefield 5, Quake 2 RTX – RTX ベンチマーク

デジタルファウンドリーが様々なタイトルをテストしてます。上記のリンク先に飛ぶと、FPS GUIのような形で動画とフレームレート比較、推移がみれます。チェックボックスにチェックを入れることで、好きなカードと比較、解像度も選べます。

実際にCONTROLやShadow of The Tombraider、ギアーズ5、ヒットマンなど全ての比較を見てみましたが、GTX1080からほぼ2倍〜2.5倍2080からは30〜40fps2080Tiからですと15〜20fps向上するようです。

この結果から推察するに、2080TiからRTX3090ですと、おおよそ約20〜30fps近くフレームレートが向上する可能性があるかもしれません。

既に日本国内各社がRTX 3080を9月17日、RTX 3090を9月24日にリリースする事をアナウンスしています。思った以上に速い発売で海外と同日ということになりました。

ただし、RTX 3090の入荷は極少数なようで、各ショップ、各メーカー数本づつしか入荷しないようですので、争奪戦になるのは確実で、抽選販売などになりそうです。今日から情報が解禁なので、販売方法など問い合わせてみると良いかもしれません。🔚

2 件のコメント

  • 自分がB&Hで予約しているTUF3080の国内販売価格が昨日一瞬発表され、税抜き91000円とされていたようです。その後価格は消されてしまいましたが、この程度の値段なら個人輸入しなくとも良かったかな、というのが本音です。

    もし発送がだいぶ先になりそうなら、国内で買えればB&Hをキャンセルするかもしれません。あとはやはり電力消費は大きめで、冬の時期のブレーカー落ちが心配ですね。

    • ASUSのTUFにされたんですね。日本国内の発売も思ったより速くて、びっくりしています。
      自分は、本命でEVGAのRTX3090 KINGPIN狙いなので、個人輸入しかないので、、
      でも国内簡単にMSi RTX3090 Gaming Trioとか、RTX3090 ROG STRIX買えそうだったら
      行ってしまうかもしれませんw

      消費電力凄いらしいですからねぇw 一応自分はSeasonicのPRIDE Platinum 1000Wで
      電源は変えないで済みそうですが、確かに消費電力は怖い。。w

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    映画、海外ドラマ、音楽、ビデオゲーム、ガジェット、自作ハイエンドPC、車、バイク、政治、経済、株式投資、格闘技、70年代のTVドラマ、超常現象などが大好きな湘南在住の管理人です。東京に住んでいた頃は、ハイエンドオーディオ、ハイエンドホームシアターなど趣味で実践していました。現在は、ソニー4KブラビアX9500Gの85インチで洋画、海外ドラマ、ビデオゲームをYAMAHAのA3070AVアンプ経由で5-1-4 9.1チャンネルのDolby Atmos環境で楽しんでいます。映画やゲームレビューはこのシステムかサブシステムのLG 55インチNANO91 4K 120Hzで検証しています。様々な幅広いジャンルでの経験で得た知識、見識をレビューやエッセイも含め、色々と書き綴って情報発信していきたいと思っています。尚、当サイトで書く内容は、あくまで個人的な好みや価値観での意見を書き綴っていますので、あしからず。 YOUTUBEチャンネルでは、高画質をモットーに4K解像度のゲームプレイ、PCゲームのベンチマーク動画、グラフィック比較動画に加えて他に好きなものなど、色々と公開していきたいと思いますので、お気に召したらチャンネル登録をよろしくお願いいたします。  https://www.youtube.com/user/hidebusa720