PS5減産報道を受けてソニーが全面否定「プレイステーション5は量産開始から生産数を変更していません。ブルームバーグが提供する情報は虚偽である。」

ブルームバーグPS5のSOC歩留まり低下により400万台の減産報道を受けて、ソニーがステートメントを発表し、全面否定しました。GameIndustrybizがソニーの声明を掲載しています。

「製造業関連の詳細は公表していないが、ブルームバーグが提供する情報は虚偽である。我々は、プレイステーション5量産開始から生産数を変更していません。」

ブルームバーグのPS5減産報道を受けてソニーの株は4%安の全面安で引けていました。

ブルームバーグの報道で株が4%超の全面安であまりの影響力からも、ソニーのPS5の収益依存も大きいんだなと実感した次第。結局今回の報道もお馴染みの「望月氏」でした。

とは言え、「火の無い所から煙は立たず」です。ソニーも全面否定しているので報道された事実はないという事でしょう。ここからは推測ですが、そのような気配、兆候があったのかもしれません。なぜかというと、過去のブルームバーグの報道(PS5の冷却装置の詳細な報道)全て外れているわけではないのです。

ただ、リアルタイムというより情報にどうも時間差がある印象で、望月氏のソース、事情通という方はソニーOBなのかもしれませんね。これも推測で事実はわかりませんが、、何はともあれ、お騒がせな報道でした。

1プレイステーションユーザーとしては、減産で入手困難になることが1番迷惑なので、減産はないという事ならひと安心といった所です。🔚

via Gameindustrybiz

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

映画、海外ドラマ、音楽、ビデオゲーム、ガジェット、自作ハイエンドPC、車、バイク、政治、経済、株式投資、格闘技、70年代のTVドラマ、超常現象などが大好きな湘南在住の管理人です。東京に住んでいた頃は、ハイエンドオーディオ、ハイエンドホームシアターなど趣味で実践していました。現在は、ソニー4KブラビアX9500Gの85インチで洋画、海外ドラマ、ビデオゲームをYAMAHAのA3070AVアンプ経由で5-1-4 9.1チャンネルのDolby Atmos環境で楽しんでいます。映画やゲームレビューはこのシステムかサブシステムのLG 55インチNANO91 4K 120Hzで検証しています。様々な幅広いジャンルでの経験で得た知識、見識をレビューやエッセイも含め、色々と書き綴って情報発信していきたいと思っています。尚、当サイトで書く内容は、あくまで個人的な好みや価値観での意見を書き綴っていますので、あしからず。 YOUTUBEチャンネルでは、高画質をモットーに4K解像度のゲームプレイ、PCゲームのベンチマーク動画、グラフィック比較動画に加えて他に好きなものなど、色々と公開していきたいと思いますので、お気に召したらチャンネル登録をよろしくお願いいたします。  https://www.youtube.com/user/hidebusa720