【失敗は許されない。。】CD Projekt Redがサイバーパンク2077の開発に1億2,100万ドル以上(約128憶円)を費やしたことが判明。未発表プロジェクトの存在も判明。

CD Projekt REDが「Cyberpunk 2077」の開発に1億2,100万ドル以上(約128憶円)を費やしたほか、未発表のプロジェクトや技術にも資金を投入していることが明らかになりました。

サイバーパンク2077の規模が大きくなることは誰もが知っていたので、これは多くの人が驚くことではないはずです。

とは言え、サイバーパンク2077は高額なプロジェクトです。CDPRはこれまでに2度ゲームを延期させ、巨大な生活都市やリアルタイムAIを可能にする次世代技術の開発に数千万ドルを費やしてきました。そのような献身的な取り組みには大きな予算が必要で、『Cyberpunk 2077』はこれまでのゲームで史上最大規模のタイトルになるかもしれません。

CDPRの最新の企業レポートによると、同社は2020年6月30日現在、開発中のプロジェクトに4億4851万3,000PLN(1億2,209万ドル)を費やしています。

これには、確認済みの「Cyberpunk 2077」のマルチプレイヤーモードなどのゲームや、新作のシングルプレイヤーゲーム「Witcher」のような未発表のプロジェクトも含まれています。

Image : CD PROJEKT RED

ゲームプロジェクトへの支出は実際には77%増の1億1,100万PLNとなっており、サイバーパンク2077の遅延やチームが将来のプロジェクトにシフトし始めたことが影響している可能性があります。

開発プロジェクトへの支出(114274000 PLN)、主に開発の最終段階で最も集中的な(支出面では)フェーズに入った「Cyberpunk 2077」に関連したもので、CD PROJEKT REDで進行中の他のプロジェクトやGOG.comセグメントの新技術の開発も含まれます。

Cyberpunk 2077 / Image:CD PROJEKT RED

CD Projekt REDが2つのチームが同時に2つのフランチャイズに取り組んでいることを確認しました。

サイバーパンクのチームとウィッチャーシリーズのチームがあります。明らかに今はCyberpunkが最も重要であり、マルチプレイヤーモードがリリースされるまでの当面の間はCyberpunkの開発者がThe Witcherにシフトし始める可能性があります。

現在、ウィッチャーシリーズはGwent、Thronebreaker、そしてSpokkoが発表した新しいARベースのモバイルゲームに追いやられています。しかし、新しいシングルプレイヤーのウィッチャーゲームは開発中です。

「私たちはすでに別のシングルプレイヤーゲームに取り組んでいますが、比較的明確なコンセプトを持っており、さらなる開発が待たれています。」と、CD Projekt Groupの社長Adam Kicinski氏が2020年3月にポーランドで開催されたプレスイベントで語っています。

2つの独立した開発チームとともに、2つの主要フランチャイズ(The WitcherとCyberpunk)を管理することで、複数のプロジェクトの並行作業が可能になり、長期的なリリーススケジュールをスムーズにすることが可能になります。

複数の独立した製品ラインに支えられた二重フランチャイズモデルへの移行は、製造と財務活動の最適化を可能にし、重要なリスク要因を軽減し、会社の従業員が専門的な充実感を求めることを容易にします。

先日公開された、Cyberpunk2077 nVIDIA GeForce RTX30トレイラー

 

『Cyberpunk 2077』は、2020年11月19日にPS4、Xbox One、PCで発売予定。また、現行版を購入した人は誰でも無料でアップグレードできるように、PlayStation 5とXbox Series Xにも登場します。

via TweakTown, Dualshockers

128憶円、、RDR2やGTA5を超える史上最高の開発費となるのではないかと言われています。詳しいことは分かりませんが、CD PROJEKT REDからすると、失敗は許されないという事ですので、だからこそ2度の延期でより完成度を高めているのかもしれません。「Cyberpunk 2077」のタイトル情報をみているだけでも、とんでもない規模のタイトルになるという事は誰もが感じていた事でしょう。

既に2度の延期がされた「Cyberpunk 2077」ですが、どうやらこれ以上の延期はないようで、11月19日に間違いなく出るようです。ますますプレイするのが楽しみになってきました。

私は、RTX 3090でレイトレーシングや画質設定を最高設定にして、4K 60fps以上の高フレームレートでプレイしたいと思っています。もちろん、RTX 3090が予定通り無事に確保出来たらの話ですが、、🔚

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

映画、海外ドラマ、音楽、ビデオゲーム、ガジェット、自作ハイエンドPC、車、バイク、政治、経済、株式投資、格闘技、70年代のTVドラマ、超常現象などが大好きな湘南在住の管理人です。東京に住んでいた頃は、ハイエンドオーディオ、ハイエンドホームシアターなど趣味で実践していました。現在は、ソニー4KブラビアX9500Gの85インチで洋画、海外ドラマ、ビデオゲームをYAMAHAのA3070AVアンプ経由で5-1-4 9.1チャンネルのDolby Atmos環境で楽しんでいます。映画やゲームレビューはこのシステムかサブシステムのLG 55インチNANO91 4K 120Hzで検証しています。様々な幅広いジャンルでの経験で得た知識、見識をレビューやエッセイも含め、色々と書き綴って情報発信していきたいと思っています。尚、当サイトで書く内容は、あくまで個人的な好みや価値観での意見を書き綴っていますので、あしからず。 YOUTUBEチャンネルでは、高画質をモットーに4K解像度のゲームプレイ、PCゲームのベンチマーク動画、グラフィック比較動画に加えて他に好きなものなど、色々と公開していきたいと思いますので、お気に召したらチャンネル登録をよろしくお願いいたします。  https://www.youtube.com/user/hidebusa720