Xbox Series Xの技術はWindows 10 PCをスーパーチャージする。

Xbox Series Xは、12テラフロップスのグラフィックパワーを持っているかもしれませんが、最高の機能の 1 つは、ゲームのロード時間を排除することを約束するその高速な SSD ストレージになります。そしてその機能は、Windows 10 PCに来ています。

マイクロソフトは、DirectStorage APIをWindows 10の開発者に提供しようとしていますが、これはすべて、ゲームがPCIeやNVMeストレージなどのSSDの進歩を更に利用して、より高速にロードすることができるようにするためのツールを持つことになるという考えに基づいています。

Direct Storageに関するMicrosoftのブログ記事には多くの専門用語がありますが、一言で言えば、ソフトウェアと高速SSDの間のインアウト(IO)インタラクションを向上させるということです。これは、MicrosoftがXbox Series XのカスタムNVMeストレージとそのVelocity Architectureで行っていることです。

マイクロソフトは、現代のゲームは複雑なデータを分解するのが非常に得意で、古いゲームよりも多くのデータをロードする必要があると説明しています。テクスチャのようなゲームアセットを細かくカットして、現在レンダリングされているゲームシーンに必要なものだけをロードすることで、ゲームアセットをいくつかの大きな塊でロードする傾向があった古いゲームよりも、現代のゲームの方が多くのIOプロセスを使用しています。

この現在のアプローチはより効率的だが、多くのIOプロセスが必要であり、Microsoftは現時点ではPCの問題になる可能性があると述べています。

「残念ながら、現在のストレージAPIは、このような高いIOリクエスト数に最適化されていないため、より高いNVMe帯域幅への拡張ができず、ゲームができることを制限するボトルネックを生み出しています」とMicrosoftは説明しています。「超高速な PC ハードウェアと NVMeドライブを使用しても、既存のAPI を使用しているゲームは IO パイプラインを完全に飽和させることができず、貴重な帯域幅がテーブルに残されてしまいます。」

しかし、DirectStorageは、基本的にはNVMeストレージからゲームのレンダリングを提供するグラフィックスカードへのデータの流れを最適化することで、この問題を解決しようと計画しています。これを行うことで、より多くのIOと、SSDからGPUに引き出されたアセットのより良い解凍が可能になります。

「開発者は、これまでよりも桁違いに多い IO リクエストを提出したり、処理したりするための非常に効率的な方法が提供され、最終的にはゲームに入るまでの待ち時間を最小限に抑えることができます。また、より大きくより詳細な仮想世界を提供し、ゲームキャラクターが移動できるだけの速さでロードすることができます」

とMicrosoftは説明しています。

要するに、NVMe SSD ストレージを搭載した Windows 10 PC を持っていれば、将来的にはゲームをプレイする際に、読み込み時間が格段に速くなる可能性があります。

Nvidiaは先日、GeForce RTX 3090, RTX 3080とRTX 3070を公開しマイクロソフトと共同開発した「RTX IO」を明らかにしましたが、これはすべてグラフィックス性能の向上を提供し、より良いデータIOを持ち更に高速にデータをロードすることが出来る事を約束するものです。

「DirectStorage」プラグインの開発者向けプレビュー版は2021年公開予定なので、我々ユーザーが恩恵を受けるのは2021年以降、後半になるかもしれません。

PS5とXboxシリーズXの発売が迫っている中でも、PCゲーマーにとっても将来は明るい良い時代になりそうです。

via Tom’sguide

2 件のコメント

  • MSはXboxでAMDと共同開発、NvidiaとRTX IOやDirectXを共同開発、VR機器をHPとValveと共同開発、Surface XのチップをARMと共同開発、Surface Neoのチップをintelと共同開発、Surface DuoではAndroidカスタムOS採用
    こう考えると近年のMSは本当プラットフォームやメーカーの隔たりがなくなっていますね

    • 完全に全方位ですねw
      ソニーと違ってPCのプラットホーマーでもあり、規格選定にも関わっているので仕方ないかもしれませんね。。
      Xbox Series XのダイレクトストレージAPIも直ぐにRTX 30シリーズに来ますし(来年以降ですが)
      マイクロソフトがコンソール(XBOX)に参入してくれて本当によかったかもしれませんね。
      PCだけでなく、コンソールも含めて業界全体が底上げされて私たちユーザーはワクワクするゲーミング経験を
      享受できるわけでマイクロソフト様様かもしれませんねw

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    映画、海外ドラマ、音楽、ビデオゲーム、ガジェット、自作ハイエンドPC、車、バイク、政治、経済、株式投資、格闘技、70年代のTVドラマ、超常現象などが大好きな湘南在住の管理人です。東京に住んでいた頃は、ハイエンドオーディオ、ハイエンドホームシアターなど趣味で実践していました。現在は、ソニー4KブラビアX9500Gの85インチで洋画、海外ドラマ、ビデオゲームをYAMAHAのA3070AVアンプ経由で5-1-4 9.1チャンネルのDolby Atmos環境で楽しんでいます。映画やゲームレビューはこのシステムかサブシステムのLG 55インチNANO91 4K 120Hzで検証しています。様々な幅広いジャンルでの経験で得た知識、見識をレビューやエッセイも含め、色々と書き綴って情報発信していきたいと思っています。尚、当サイトで書く内容は、あくまで個人的な好みや価値観での意見を書き綴っていますので、あしからず。 YOUTUBEチャンネルでは、高画質をモットーに4K解像度のゲームプレイ、PCゲームのベンチマーク動画、グラフィック比較動画に加えて他に好きなものなど、色々と公開していきたいと思いますので、お気に召したらチャンネル登録をよろしくお願いいたします。  https://www.youtube.com/user/hidebusa720