【XboxWire日本語訳】XboxシリーズXが4世代にまたがる数千本のゲームで今年11月に発売。

本日、Halo Infiniteの発売時期に関するアップデートが発表されました。Xboxと343 Industriesにおける我々のビジョンは、これまでで最も野心的なHaloゲームをファンの皆様にお届けすると同時に、チームのバランスを整えることでした。そのためには、2021年に登場する『Halo Infinite』の発売に必要な重要な作業を完了させるために、もう少し時間が必要になるでしょう。

しかし、マスターチーフが来るまでの間、あなたを忙しくさせておくことができます。

今年の11月には、4世代にわたる数千本のゲームをプレイすることができます。今年は、最も強力なコンソールを最大限に活用するために作られた100以上のXboxシリーズX用に最適化されたタイトルが予定されています。また、ハードウェアで動作するDirect X レイトレーシング、最大 120 フレーム/秒のフレームレート、より高速なロード時間、複数のゲームのクイック レジュームなど、まったく新しいコンソール機能が搭載されており、初日にどのゲームをプレイするにしても、見た目もプレイ感も向上しています。

・『アサシンクリード ヴァルハラ』、『ダート5』、『ギアーズ タクティクス』、『ヤクザ ライク ア ドラゴン』、『ウォッチドッグス:レギオン』など、Xbox シリーズ X 向けに最適化された 50 本以上の新作ゲームが、世代を超えて今年予定されています。スマートデリバリーを利用すれば、これらのゲームを一度に購入するだけで、世代を超えてお使いのゲーム機に最適なバージョンをプレイすることができます。

・XboxシリーズX向けに開発され、Xbox Game Passで発売される新作ゲームは、「The Medium」、「Scorn」、「Tetris Effect Connected」などの独占タイトルゲームを含みます。

・「Destiny 2」や「Forza Horizon 4」、「Gears 5」、「Ori and the Will of the Wisps」、「Madden NFL 21」など、XboxシリーズXを最大限に活用するために新たに最適化された40本以上の人気ゲームが登場。

Xbox Game Passを介して、素晴らしいゲームの共有ライブラリを提供します。

数百人もの開発者がXbox Series Xの新しいゲームに取り組んでおり、忠実さ、スピード、没入感のハードルを上げています。新しいゲームを発見するための最良の方法は、Xbox Game Passを利用することです。ゲームパスは、コンソールとPCのコンテンツの厳選されたライブラリを提供しています。

また、9月15日より、Xbox Game Pass Ultimate会員の皆様には、Androidスマートフォンやタブレットでクラウド上の100本以上のゲームをプレイしていただくことが可能となります。 フレンドリスト、実績、コントローラーの設定、セーブしたゲームの進行状況など、Xbox コンソールで期待されている体験が、モバイルでプレイする際にもすべて一緒に楽しめます。

4世代にわたるコンテンツで何千ものゲームをプレイできます。

Xboxの4世代にわたるお気に入りのゲームや、フランチャイズをプレイすることは、次世代コンソールゲームの重要な信条でした。この約束は、Xbox、Xbox 360、Xbox Oneの4世代にわたる何千ものタイトルのコンテンツにアクセスできることを意味します。

当社の後方互換チームは、厳選されたタイトルのリストに適用可能な新しい技術革新を継続的に開発しており、オリジナルの作成時に可能であった以上の効果を発揮します。 これらの最適化には、最大 4Kまでの解像度でタイトルをレンダリングする機能、HDR が登場する数年前に開発されたゲームに新しいHDR再構成技術(オートHDR)を提供すること、画質を向上させるための異方性フィルタリングを適用すること、特定のタイトルのフレームレートを増加または倍増させる方法を開発することなどが含まれています。

何年もプレイしている人も、最近コントローラを手にしたばかりの人も、今年の11月にXbox Series Xでゲームの次世代への大きな一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか。

via XboxWire


Halo Infiniteの2021年の発売延期は非常に残念ですが、XboxSeriesXの目玉ローンチタイトルとして大々的に宣伝して来ただけに、XboxSeriesXの販売には大きな打撃になるのは間違いないでしょう。

しかし、様々な問題を抱えた完成作をプレイしてストレスを感じるより、しっかりとブラッシュアップされ研ぎ澄まされた完成品をプレイすることの方が、私達プレイヤーにとっては最も重要な事ではあります。

Haloの大ファンで小説も読むほどにHaloユニバースが好きな私の息子に延期の話をすると、「2021年はHalo Combat Evolvedの20周年のアニバーサリーイヤーだから、俺はかえってその方がいいかなと思うな。」とクールな回答がかえってきました。 流石、Halo Loversのいう事は違うなと。考え方の違いでこうも捉え方が変わるんだなという事です。

Halo Infiniteの延期は残念ですが、Xboxには4世代に跨いだ互換機能があり、しかもXboxOneX Enhancedのような、数世代前のタイトルが信じられないほど高精細でリマスターのように蘇る(異方性フィルタリングの恩恵も)機能があります。このEnhanced機能がXbox Series Xでは更に強化されて、HDRでないタイトルのHDR化、さらなるフレームレートの向上など、膨大な互換タイトルが新たに生まれ変わるので、その辺りも注目です。

発売日は既に色々噂が出ていて、先日リークした新型コントローラーのBOXのシールに「11月6日前に販売、店頭展示しない事」と記載されている事から、Xbox Series Xの発売日は11月6日の可能性が濃厚と言われています。

SNS全盛の時代、このようなところから簡単にリークされてしまうので、昔のようなサプライズ感は薄れてしまうので、味気ないものになってしまいますが、こう言ったリーク情報でワクワクするのも確かなので、今の時代ならではの発売までの楽しみ方と言えるかもしれません。

8月にもXBOXのデジタル発表イベントがあるとも言われているので、そこでいよいよ価格とXbox Series Sの発表となるのか、要注目と言えそうです。🔚

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

映画、海外ドラマ、音楽、ビデオゲーム、ガジェット、自作ハイエンドPC、車、バイク、政治、経済、株式投資、格闘技、70年代のTVドラマ、超常現象などが大好きな湘南在住の管理人です。東京に住んでいた頃は、ハイエンドオーディオ、ハイエンドホームシアターなど趣味で実践していました。現在は、ソニー4KブラビアX9500Gの85インチで洋画、海外ドラマ、ビデオゲームをYAMAHAのA3070AVアンプ経由で5-1-4 9.1チャンネルのDolby Atmos環境で楽しんでいます。映画やゲームレビューはこのシステムかサブシステムのLG 55インチNANO91 4K 120Hzで検証しています。様々な幅広いジャンルでの経験で得た知識、見識をレビューやエッセイも含め、色々と書き綴って情報発信していきたいと思っています。尚、当サイトで書く内容は、あくまで個人的な好みや価値観での意見を書き綴っていますので、あしからず。 YOUTUBEチャンネルでは、高画質をモットーに4K解像度のゲームプレイ、PCゲームのベンチマーク動画、グラフィック比較動画に加えて他に好きなものなど、色々と公開していきたいと思いますので、お気に召したらチャンネル登録をよろしくお願いいたします。  https://www.youtube.com/user/hidebusa720