(2020.08.14 Update)ディズニー、Fox Libraryを含む今後リリースされる4K UHDブルーレイディスクの生産を中止か。アビス、トゥルーライズ、エイリアン2などの名作4K UHD化がお蔵入り。

Update:2020.08.15

海外で噂が広まっている中、ディズニーが噂を否定した様です。Forbsの記者の質問に対し、以下の回答をしています。

ディズニー広報担当者:「特定のフォーマットでのリリースを中止する計画はありません。我々はケースバイケースで各リリースを評価し、様々な需要を満たすプラットフォームを介して消費者の家庭に私たちのコンテンツをもたらすための最善の戦略を追求します。」

ディズニーが否定したForbsの日本語訳の記事を上げました。

    


ストリーミングサービスが普及し、ボタンをクリックするだけで映画が見られるようになったメディアの時代にあって、このように簡単にアクセスできるということは、望ましくない結果をもたらすことにもなります。

企業はあなたの視聴ライブラリをコントロールし、購入したサービスから気まぐれにタイトルを削除することができ、月額料金は利益が必要なときにはいつでも値上げされる可能性があります。

しかし、物理的なディスク・メディア・コレクションを持っている人にとっては、いつどこで映画を見られるか、画質や音質はもちろんのこと、最高のインターネット接続があろうとストリーミングでは、不安定な要素であることは言うまでもありません。スタジオの中で最もモノリシックなディズニーは、今、物理的なディスク・メディアに大きな打撃を与えています。

The Digital Bitsによると、ディズニーは今後リリースされる4K Ultra HDブルーレイの生産を停止しており、これは20世紀フォックスのライブラリ全体にも及びます。

新作の劇場公開タイトル、ディズニーやピクサーのアニメーション作品、スターウォーズやマーベル関連のプロジェクトを除いて、スタジオでは今後、物理的な4K Ultra HDでタイトルをリリースする計画はなく、将来的には4K Digitalのみのリリースになるとのこと

デジタルの未来に力を入れているのは彼らだけではありませんが、最近このような膨大なライブラリをディズニーが買収した後では、特に残念な決断です。

これは、「The Abyss」、「True Lies」、「Aliens」、「Master and Commander :The Far Side of World」、「The French Connection」、「Fight Club」、FOXサーチライトピクチャーズ作品などの4K UHDブルーレイを待っている人たちは、これまで以上に悲惨な見通しで待ち続けなければならないことを意味しています。

今、ディズニーがクライテリオン、アローズ、シャウト!ファクトリーにこれらの映画のライセンスを提供する可能性は非常に低いです。

これらの映画をリリースするために世界中の工場にライセンスを提供するか、またはこの急な決定は、新型コロナウィルス感染危機がおさまった後に、再検討されるかもしれませんが(たとえ家庭用エンターテイメントの売上が現在増加しているとしても)、これはディズニーがあなたの視聴の選択肢を完全に支配するためのもう一つの傲慢なパワープレーの動きであると感じずにはいられません。

しかし、あなたがディズニー+に月7ドルを支払い続ける限り、彼らは継続して払い続ける顧客だと確認し、その視聴オプションは、彼らが利用可能にすることを決定したものだけに制限されます。

新作以外で、ディズニーが4K UHDブルーレイディスクで発売するのは「ホーム・アローン」と「ホカス・ポカス」だけで、どちらも来月に発売されます。

4K UHDブルーレイ化が停止したので、今後はBlu-rayディスクが次のターゲットになるのは時間の問題だと想像できますが、冷静になって「マウスハウス」が戦略を再考してくれることを期待しましょう。

今のところ、ディズニーはFOX買収によって新しく拡張された広大なライブラリーを保管庫に保管し、機会があったときにのみ提供することに熱心なようです。お金を払ってエンターテイメントを所有することを好む人々にとっては悲惨な結果であるが、映画の教育と保存にとっても悪い兆しです。

via The Film Stage The Digital Bits


とうとうというか、予想以上に速いタイミングでこの時が来てしまいました。。ディズニーが新作、スターウォーズやマーベルなどを除いた今後の4K UHDブルーレイの生産を取り止め。しかも!当ブログでも取り上げたブルーレイ化されていない名作の3本「ザ・アビス」、「トゥルーライズ」、「エイリアン2」が!ジェームズ・キャメロン監督の名作3本です。

しかも「アビス」と「トゥルーライズ」はDVDのみで、ブルーレイ化すらされていません。これらの作品を4Kの高画質でパッケージメディアとして手に取る可能性が限りなく、いや完全に消えたと言ってよいでしょう。。これはもう残念と言わざるを得ません。。もう過去の名作は4K UHDブルーレイを購入して手元のコレクションに加える事が出来なくなるという事です。しかもFOX、FOXサーチライト作品も!

ディスクメディア、パッケージメディアを愛し、購入しているユーザーにとっては本当に衝撃的なニュースです。

業界最大手でもある巨人「ディズニー」のこの悪魔のような決定を受けて、他のハリウッドメジャースタジオが、後に続く可能性もあり、ディスクメディアファンにとっては今後のスタジオ動向が気になるところです。。🔚

2 件のコメント

  • 発売中止が決定したかのような記事になっちゃってますが、ディズニーは噂を否定したようです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    映画、海外ドラマ、音楽、ビデオゲーム、ガジェット、自作ハイエンドPC、車、バイク、政治、経済、株式投資、格闘技、70年代のTVドラマ、超常現象などが大好きな湘南在住の管理人です。東京に住んでいた頃は、ハイエンドオーディオ、ハイエンドホームシアターなど趣味で実践していました。現在は、ソニー4KブラビアX9500Gの85インチで洋画、海外ドラマ、ビデオゲームをYAMAHAのA3070AVアンプ経由で5-1-4 9.1チャンネルのDolby Atmos環境で楽しんでいます。映画やゲームレビューはこのシステムかサブシステムのLG 55インチNANO91 4K 120Hzで検証しています。様々な幅広いジャンルでの経験で得た知識、見識をレビューやエッセイも含め、色々と書き綴って情報発信していきたいと思っています。尚、当サイトで書く内容は、あくまで個人的な好みや価値観での意見を書き綴っていますので、あしからず。 YOUTUBEチャンネルでは、高画質をモットーに4K解像度のゲームプレイ、PCゲームのベンチマーク動画、グラフィック比較動画に加えて他に好きなものなど、色々と公開していきたいと思いますので、お気に召したらチャンネル登録をよろしくお願いいたします。  https://www.youtube.com/user/hidebusa720