【日本語訳】343 Industriesが先日公開されたHalo Infiniteキャンペーンプレイのグラフィック批判ほか、コミュニティへの質問に詳細に公式回答。

XBOXゲームショーケースで公開されたHalo Infiniteのキャンペーンゲームプレイですが、その後グラフィックが次世代っぽくない、のっぺりしている、プラスチッキーでチープなど、批判が渦巻き、様々なメディアでも話題となりました。そして開発スタジオであるマイクロソフトの343 Industriesがこのグラフィックに対しての批判、今後の展開などについて詳細に回答しています。Redditに掲載もされているので、そのグラフィック部分など重要な箇所を一部抜粋して日本語訳を掲載します。

まず、Halo Infiniteキャンペーンデモのビジュアルについて、コミュニティの一部からフィードバックが寄せられていることを認めたいと思います。否定的な意見よりも肯定的な意見の方がはるかに多いのですが、もう少し状況を共有したいと思います。私たちの見解では、コミュニティでは2つの重要な領域が議論されています。

Halo 4、Halo 5、Halo Wars 2から学んだこと、そしてコミュニティからの強いフィードバックに基づいて、私たちはオリジナル3部作を定義したレガシーな美学に戻ることを決定しました。

Halo Infiniteでは、より「古典的」なアートスタイルに回帰しています。これは、より鮮やかなパレット、”クリーン “なモデル、”ノイズ “の少ないオブジェクトを意味しますが、ディテールが少ないという意味ではありません。これは個人的な好みではないかもしれませんが、私たちはこの決定を支持していますし、世界中の多くのファンに共鳴してもらえたことを嬉しく思っています。

2つ目のテーマは「ビジュアルの忠実さ」です。この分野では、キャラクターやオブジェクトが平面的で単純でプラスチックのように見える、照明が鈍くて平面的に感じる、オブジェクトが飛び出してくるなどの否定的な意見が寄せられています。私たちは皆さんのコメントを読み、自作のレタッチされたコンテンツの例を見てきましたし、Digital Foundryの評価も聞きました。

多くの点で私たちの意見は一致しています。これらの分野のいくつかに対処し、最終的なゲームの忠実度と全体的なプレゼンテーションのレベルを向上させるために、私たちは仕事をしなければなりません。

キャンペーン デモの実行に使用されたビルドは、数週間前から進行中のもので、さまざまなグラフィック要素やゲーム システムはまだ完成しておらず、洗練されていませんでした。フィードバックの一部は予想されていたものであり、すでに進行中の領域を示していますが、他の側面からは新たな機会や考慮すべき点が浮き彫りになっており、チームは非常に真剣に評価に取り組んでいます。まだ明確な答えや結果は出ていませんが、チームは細部、明確さ、全体的な忠実度に関するフィードバックの一部に対応するための計画に、できるだけ早く取り組んでいます。チームは、発売時にプレイヤーが探索できるような美しい世界を実現することに全力で取り組んでいます。

マルチプレイヤーベータ/フライトとは?

Xbox Games Showcaseは『Halo Infinite』のキャンペーンにのみ焦点を当てたものでした。しかし、マルチプレイヤー体験に興味を持った皆さんを責めることはできません。先週のデモに付随したブログでChris Lee氏が言及していたように、大規模なフライトのための当初の計画は、新型コロナウィルス危機の影響で、チームは各自宅で仕事をしなければならず、当初の予定とは大きく異なっています。

現時点では正直なところ、フライトに関して何が可能になるのかはわかりませんが、リリース前に広く一般の方々にハンズオンをしていただく機会を持ちたいと考えています。そして、以前にも述べたように、私たちはフライトと継続的なフィードバックとコミュニティとのパートナーシップに頼って、一緒にゲームを成長させ、進化させていきたいと考えています。

コルタナ、クリーテッド、ブルーチーム、ファイアーチーム・オシリス、ラスキー、USNCインフィニティ、ハルセイ、アービター、アトリオックスはどうなったのか?ハービンジャーとは?

先週は、キャンペーンの数時間後に行われるミッションを紹介しました。その結末の中で、リングでUSNC軍を倒し、次の挑戦を熱望しているウォーチーフのエッシャルムを紹介しました。その瞬間に至るまでの経緯とその後の展開を見るには、Halo Infiniteのキャンペーンをプレイする必要があります。ご存知の方も多いと思いますが、私はネタバレには大反対で、トレーラーやデモに答えを詰め込むのは粗末なやり方だと思います。ゲームをプレイするだけで、あなたの疑問の多くはすぐに解決するのでご安心を。

今後、再度デモを見る機会は?

はい、あります。ゲームが出たら、この空間をプレイして、Banished Anti-Aircraftの砲塔を倒せるようになりますよ〜😊。

キャンペーン中にキルバリアや「戦場に戻る」ゾーンはありますか?

プレイヤーが冒険をしたり、戦闘を創造的に行えるようにしたいと考えているため、Halo Infiniteではこれらのゾーンを可能な限り減らすようにしています。例外は必ずありますが、大抵は目に見えていればそこに行けるはずです。

新しい MK50 SIDEKICK と CQS48 BULLDOG がカッコいい。 ピストルやショットガンは他にも登場するのか?

Halo のレガシーなサンドボックスを構築すると同時に、ゲームプレイ体験をさらに進化させ、拡張するための新しいコンポーネントを導入することに興奮しています。MK50 “Sidekick “とCQS48 “Bulldog “は、プレイヤーの皆様に、これまでとは異なる何かをお届けする全く新しい武器です。

Sidekick “は、素早いドローと発射が可能な本格的なサイドアームピストルで、メインウェポンが弾切れした時や、ブルートに襲われた時の頼もしい援護射撃として活躍します。前作と比較すると、この武器はHalo 2のマグナムに最も近いと思います。

「ブルドッグ」はポンプアクションのショットガンで、パンチが効いていて精度が高く、わずかに低いダメージ(12ゲージ vs. 8ゲージ)と高い射程を持ち合わせている。プレイヤーは複数のターゲットを素早く撃ち落とすことができるようになり、「ブルドッグ」はショットガン愛好家にとってより多くのプレイスタイルの機会を提供してくれるだろう。それぞれに追加のバリエーションがありますが、クラシックなマグナムとタクティカルショットガンは現在のところ『Halo Infinite』には登場していません。

発売後も、Halo Infiniteのサンドボックスへのさらなる追加を含め、ゲームの進化を継続していく計画を立てています。

ピストルやショットガンの種類が変わることにワクワクしないプレイヤーもいることは理解していますが、心を開いてプレイすることをお勧めします。

その時が来た時には、これらの新しい武器を実際に手に取っていただけることを楽しみにしています。

via Reddit

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

映画、海外ドラマ、音楽、ビデオゲーム、ガジェット、自作ハイエンドPC、車、バイク、政治、経済、株式投資、格闘技、70年代のTVドラマ、超常現象などが大好きな湘南在住の管理人です。東京に住んでいた頃は、ハイエンドオーディオ、ハイエンドホームシアターなど趣味で実践していました。現在は、ソニー4KブラビアX9500Gの85インチで洋画、海外ドラマ、ビデオゲームをYAMAHAのA3070AVアンプ経由で5-1-4 9.1チャンネルのDolby Atmos環境で楽しんでいます。映画やゲームレビューはこのシステムかサブシステムのLG 55インチNANO91 4K 120Hzで検証しています。様々な幅広いジャンルでの経験で得た知識、見識をレビューやエッセイも含め、色々と書き綴って情報発信していきたいと思っています。尚、当サイトで書く内容は、あくまで個人的な好みや価値観での意見を書き綴っていますので、あしからず。 YOUTUBEチャンネルでは、高画質をモットーに4K解像度のゲームプレイ、PCゲームのベンチマーク動画、グラフィック比較動画に加えて他に好きなものなど、色々と公開していきたいと思いますので、お気に召したらチャンネル登録をよろしくお願いいたします。  https://www.youtube.com/user/hidebusa720