Forza Motorsportはシリーズのルーツに戻る、TURN10クリエイティブ・ディレクターがForza Techエンジンのレイトレーシングについて語る

昨日公開されたForza Monthlyの最新エピソードには、レイトレーシングの詳細を含むXbox Series X用の『Forza Motorsport』に関する興味深いディテールが掲載されています。

マイクロソフトは先週、Xbox Series XのショーケースでForza Motorsportの公式ティザートレーラーを公開しましたが、ゲームのクリエイティブディレクターであるクリス江崎氏によると、ティザートレーラーで公開されたマツダレースウェイ・ラグナセカの印象的なビジュアルは、今後のトラックにも期待できるものとのことです。

クリス江崎氏は、XboxシリーズXでのゲームのビジュアルについて語るだけでなく、ゲームの開発や変更点についても語っています。次期『Forza Motorsport』がシリーズのルーツに立ち返ることを知ったファンは喜ぶことでしょうし、江崎氏はこのゲームがForzaコミュニティへのラブレターになると考えています。同時に、チームは新しいファンを歓迎するゲームにする方法を考えています。

新しい『Forza』のプリプロダクションは昨年スタートし、多くの作業が行われています。クリエイティブディレクターは、レイトレーシングの実装についても聞かれました。江崎氏によると、Forza Techエンジンでレイトレーシングをオンにすると、チームが抱えていたいくつかの問題が明らかになったそうです。

「レイトレーシングはForza Techに導入します。Forza Techは、Forza MotorsportとForza Horizonを動かしているエンジンです。我々はこの技術を共有していますが、レイトレーシングはそのエンジンの一部になるでしょう。レイトレーシングをオンにしたときに発見したことの一つは、我々の技術には良いことも悪いことも醜いことも含まれているということです。

レイトレーシング技術は、私たちが持っていた多くの問題点と、私たちがどのようにコンテンツを構築していたか、あるいはどのようにコンテンツをレンダリングしていたかを明らかにしてくれました。レイトレーシングがForza Techに導入されるということだけではなく、カーモデルの改良や、コース・ビジュアル、環境ビジュアル、キャラクタービジュアルの改良など、他のテクノロジーも含めて、すべてのものを美しく、シーンにより鮮やかな印象を与えることができるのです。

via wccftech

Forzaのプリプロはなんと昨年からだったんですね、、思っていた以上に遅いなと感じました。こうなると、Forza Motorsportの発売は来年2021年末は無理そうで、2022年くらいになるのではないかと感じました。

そして興味深いのは、Forzaテックエンジンにレイトレーシングを導入したら、良い部分と同時に、欠点など酷い部分も露呈したようで、膨大なカーモデルやコースの修正なども必要になったようです。そして今度のForzaは「Forza Motorsport」タイトルからも分かる通り、原点に立ち返るようです。これが何を意味するのかは分かりませんが、富士見街道Camino ViejoRally di Positanoなどの公道コースも復活するのでしょうか?

富士見街道
  

富士見街道は好きなコースでしたが、5から突如なくなりました。Camino Viejoはベネッセアルプスとだぶるので、押し出される形でなくなったように思います。

Forza4 「Camino Viejo」
Forza4 「Rally di Positano」
   

Rally di Positanoは南イタリアのアマルフィ海岸がイメージのコースで、海沿いの美しい景色を走るコースも好きでした。

こう言った公道コースは、Forza Horizonの登場で公道コースは Horizonにそして、Forza Motorsportはサーキット限定に特化したものになっていきました。そこにきて原点に戻るという発言は気になります。公道コースが復活するとなると個人的には朗報です。レイトレーシングエフェクトも上手く活かせそうですし、期待したいところです。🔚

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

映画、海外ドラマ、音楽、ビデオゲーム、ガジェット、自作ハイエンドPC、車、バイク、政治、経済、株式投資、格闘技、70年代のTVドラマ、超常現象などが大好きな湘南在住の管理人です。東京に住んでいた頃は、ハイエンドオーディオ、ハイエンドホームシアターなど趣味で実践していました。現在は、ソニー4KブラビアX9500Gの85インチで洋画、海外ドラマ、ビデオゲームをYAMAHAのA3070AVアンプ経由で5-1-4 9.1チャンネルのDolby Atmos環境で楽しんでいます。映画やゲームレビューはこのシステムかサブシステムのLG 55インチNANO91 4K 120Hzで検証しています。様々な幅広いジャンルでの経験で得た知識、見識をレビューやエッセイも含め、色々と書き綴って情報発信していきたいと思っています。尚、当サイトで書く内容は、あくまで個人的な好みや価値観での意見を書き綴っていますので、あしからず。 YOUTUBEチャンネルでは、高画質をモットーに4K解像度のゲームプレイ、PCゲームのベンチマーク動画、グラフィック比較動画に加えて他に好きなものなど、色々と公開していきたいと思いますので、お気に召したらチャンネル登録をよろしくお願いいたします。  https://www.youtube.com/user/hidebusa720