サッカーパンチの未発表ステルスアクション?「Prophecy(プロフェシー)」の映像がオンラインで流出。

「Infamous: Second Son」と「Ghost of Tsushima」の間にSucker Punchスタジオが何をしていたのか気になっていた方は、新たに発見された「Prophecy」と呼ばれるキャンセルされたステルスアクション作品の映像を収録した映像を見てみると、探していた答えが見つかるかもしれません。

新たに公開された映像では、主人公のAbel Tvorahが地元の市警から逃れようとする3人称視点のゲームプレイが11分に渡って収録されており、ステルスとブレードを駆使した近接戦闘を駆使しながら、ムードのある港を駆け抜けていく様子が収められています。 錬金術の魔法に触れたり、いくつかの映画のようなシークエンスがあり、全体的に『Dishonored』のアサシンクリードのような雰囲気を醸し出しています。

謎の11分間のシークエンスの上部にはSucker Punchのロゴがあり、タイトルカードの尾には「Prophecy」と名付けられた進行中のゲーム(そしておそらく現在は封印)であることが記されており、リークされたファイル名から、2015年頃(『Second Son』のリリースから約1年後)にスタジオが制作したものであることが示唆されています。

Reseteraのユーザーは、このビデオには関連するキャラクターのレンダリングが添付されており、サッカー・パンチのリードキャラクターアーティストであるMax Chapman氏の個人サイトから発信されたものではないかと示唆しています。当然のことながら、このビデオの出所は今では削除されており(ミラーは残っています)、ソニーもサッカー・パンチもビデオの内容についてコメントしていないことを考えると、今のところ、このビデオは魅力的でありながら、そのストーリーが語られていない、未検証のままで好奇心をそそられます。

予言が何であったにせよ、それがどうなったにせよ、サッカー・パンチが最終的に『Ghost of Tsushima』に焦点を当てたのは明らかに正解でした。豪華なオープンワールドのサムライゲームは、PS4版のローンチ週末の売上が好調で、昨年のPS4『Days Gone』を上回る販売本数を記録しました。

via Eurogamer

動画を見ると、解像度が360Pまでしかないので、細かいディテールまでは分かりませんが、それでも一見かなり本格的に作り込まれていて、ステージ、カットシーン、アニメーション、ファイティングシーン、ゲームメカニックなどほぼ、製品版に感じで、開発はかなり進行していたようです。

2015年頃とのことで、インファマスS Sの1年後という事で、この作品をキャンセルし、ゴーストの開発に着手したようです。ここまで作り込まれていてキャンセルはもったいない気もしますが、業界ではよくある事のようで、仕方ないのかもしれません。🔚

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

映画、海外ドラマ、音楽、ビデオゲーム、ガジェット、自作ハイエンドPC、車、バイク、政治、経済、株式投資、格闘技、70年代のTVドラマ、超常現象などが大好きな湘南在住の管理人です。東京に住んでいた頃は、ハイエンドオーディオ、ハイエンドホームシアターなど趣味で実践していました。現在は、ソニー4KブラビアX9500Gの85インチで洋画、海外ドラマ、ビデオゲームをYAMAHAのA3070AVアンプ経由で5-1-4 9.1チャンネルのDolby Atmos環境で楽しんでいます。映画やゲームレビューはこのシステムかサブシステムのLG 55インチNANO91 4K 120Hzで検証しています。様々な幅広いジャンルでの経験で得た知識、見識をレビューやエッセイも含め、色々と書き綴って情報発信していきたいと思っています。尚、当サイトで書く内容は、あくまで個人的な好みや価値観での意見を書き綴っていますので、あしからず。 YOUTUBEチャンネルでは、高画質をモットーに4K解像度のゲームプレイ、PCゲームのベンチマーク動画、グラフィック比較動画に加えて他に好きなものなど、色々と公開していきたいと思いますので、お気に召したらチャンネル登録をよろしくお願いいたします。  https://www.youtube.com/user/hidebusa720