【インタビュー】XBOX部門ボス、フィル・スペンサー氏『XboxシリーズXは、マイクロソフトのファーストパーティゲーム史上、最も多彩なコレクションを持つことになる。』

2020.07.21 Update :XBOX GAMES SHOWCASEイベント日本時間、7月24日AM2時(プレショー1時)→7月24日AM 1時(プレショーAM0時)に訂正しました。

今年の年末にXboxシリーズXが発売されることで、マイクロソフトは20年以上に渡って4台目の大型コンソールを発売することになりますが、Xboxのトップであるフィル・スペンサー氏と彼のチームは、新世代のゲームデバイスの先駆けとして、これまでとは全く異なるアプローチを取っています。

以前のXboxの世代間の伝統的な移行とは異なり、マイクロソフトの次の世代へのジャンプは、「ソフト」になります。

3世代前のXboxコンソールとの下位互換性があります。そして Xbox Game Passの加入者に初日にプレイ可能100以上のタイトル、そしてスマートフォンやタブレット上のクラウドから新旧のXboxゲームを再生するためのオプションがあります。

マイクロソフト傘下のゲームスタジオからXboxシリーズXに来るゲームでさえも、今後「数年間」はXbox Oneでもプレイすることになるだろう、とスペンサー氏は述べています。これは、Xboxの主要なライバルであるプレイステーション5が選択した伝統的な道とは全く異なる戦略です。「複数の戦略が成功する可能性があると思います。」とスペンサー氏は述べています。

今週は7月23日(木)(日本時間7月24日AM 1:00、ジョフ・キンリー氏司会のプレショーはAM0:00から。ワールドプレミアもある模様。)に開催される新しいXbox Series X Game Showcaseでのマイクロソフトの戦略をより深く掘り下げてみましょう。

ポリゴンのインタビューでスペンサー氏は、Microsoftがプレイヤーに選択肢を提供することに注力していると述べ、PCやスマートフォン、テレビのアップグレードと同様のアップグレードモデルに従うことで、コンソールの所有者が快適に過ごせるようになると述べています。

「根本的な違いは、Xboxのエコシステムを育てようとしていることだと思います。私たちは、プレイヤーを中心にエコシステムを構築し、プレイヤーに選択肢を与えようとしています。もし彼らがコンソールをテレビでプレイすることを選んだとしても、私たちは絶対に最高のコンソール体験を提供したいと思っています。そして、私たちはそれを実現していると思います。

「すべての家族が今年の新しいコンソールに数百ドルを費やすか、または費やすことを望む財政的な位置にあるわけではありません。」とスペンサー氏は述べています。

「新しいゲーム機を買うときに、誰もが新しいゲームを買いに行かなければならないとは思わないからです。私は根本的にそうは思っていません。新しいゲーム機には、素晴らしいゲームがあるべきだとは思います。でも、そのゲーム機でプレイするために必ずしも新しいゲームを買い揃える必要はありません。ハードウェアのサイクル世代が上がっても、それは継続されるべきだと思います。」

また、XboxシリーズXは、マイクロソフトからゲームスタジオへの大規模な投資を受けて発売されます。同社は過去2年間で、Ninja Theory、Obsidian Entertainment、Undead Labs、inXile Entertainmentなどを社内に加えてきた。そして新しいスタジオ、The Initiativeを設立し、まだ発表されていない何かを開発しています。また、Rare、343 Industries、Turn 10 StudiosなどがXboxやPC向けのオリジナルゲームやフランチャイズゲームを開発しています。このような成長の結果、「これまでにないほど多様なファーストパーティゲームのコレクションが生まれました。」と、Spencer氏は述べています。

Hellblade 2 Senua’s Saga /Image:Microsoft

「正直言って、Xboxでは今までで最高のラインナップになっていると思います。Xbox Series Xで初日からプレイできるゲームの強さと深さを考えると、下位互換性だけでなく、ゲームパスのおかげでコンソールの所有するトータルコストが本当に安くなることを考えると、これは本当の強さだと思います。」

前回、コンソールのローンチでHaloが出たのは2001年のことでした。そして、Haloについては本当に良い感じです。7月23日のXboxシリーズXゲームショウでは大きな役割を果たすでしょう。」

スペンサー氏はHalo Infiniteの “構造 “と、6本のゲームを収録したコンピレーション「Halo: The Master Chief Collection」から得た教訓について、興味深いヒントを提供しました。

Halo Infinite / Image:Microsoft

“スタジオでは、1つのHaloワールド、1つのHalo UI、1つのプラットフォームの中で、実際にHaloの歴史やストーリー、経験を総合的にまとめたコレクションを作るということがどういうことなのか、多くのことを学んできました。343がこの旅を続ける中で、ユーザーに『これをプレイするか、あれをプレイするか』という選択を要求しないことの利点をいくつか見てきました。ある意味では、ゲーム同士が競い合っているような気がします。

「Haloは明らかに年単位ではないが、すでにゲームをプレイしているユーザーを新しいバージョンのゲームに移行させようと、多くのエネルギーを費やしていることが分かります。ゲームが進化するにつれ、『お客様はお客様であり、お客様の居場所を尊重すべきだ』という考え方が出てきたと思います。これはXboxのメッセージにも似ていますし、『Halo Infinite』がどのように語られているかという点でも、ゲーム自体の構造にもそれが表れていると思います。」

Halo Infinite /Image:Microsoft

Xbox Game Studiosのボス、マット・ブーティは、「Double Fine, Obsidian, そしてCompulsion Gamesようなスタジオからのゲームは、Xboxのファーストパーティのラインナップにアイデアの多様な効果をもたらすだろう。」とPolygonに語った。ブーティは、「マイクロソフトは、Xbox Game Studiosを強化するために取得するチームを決定するときに3つのことを重視すると述べました。」

「人」- 私たちが知っていて、以前に一緒に仕事をしたことがある人たち

「チーム」 – 一緒に頑張り、良い時も悪い時も経験してきたチーム

「アイデア」 – 私たちのプレイヤーに新しい流れを安定してもたらすことができる

それらのゲームはアイデアの多様性だけでなく、クリエイターの多様性やゲームをプレイする観客の多様性を表すべきだと思います。」とマット・ブーティ氏は述べています。

「もちろん、私たちにできることはまだまだあります。ショーケースに出品するタイトルの中には、様々なグループにリスペクトを持って参加してもらうための作品も含まれていると思います。そうすることで業界に入ってくる人たちが増えていくわけですから、そうすることは重要なことだと思います。

Banjo-KazooieやSea of Thievesの開発者であるRareのようなベテランスタジオにとっても、原動力となるのは新しいアイデアです。Rareの次作『Everwild』は、Xbox OneとWindows PC で開発中で、『Sea of Thieves』の制作中にスタジオが学んだアイデアと開発経験を基にしたもので、その後「Sea of Thieves」はゲームパスの加入者や Steamでのプレイヤーがプレイし、より多くのユーザーを獲得しています。」

Sea of Thieves /Image:Microsoft

Microsoftは2018年にTreyarchやNaughty Dog、Sony Santa Monica、LAのElectronic Artsなどからほど近いカリフォルニア州サンタモニカに設立したスタジオ “The Initiative “から何が開発されているのかについてはあまり語っていません。しかし、Xbox Game StudiosのヘッドであるMatt Booty氏は、「私達がThe Initiativeで何が起こっているのかを話し始めたら、人々はかなり興奮すると思う。」と語っています。

XboxシリーズXやその他のプラットフォームにおけるXbox Game Studiosのラインナップに影響を与える重要な要素として、1000万人以上の加入者を誇るサブスクリプションベースのプレイし放題サービス「Game Pass」が挙げられます。スペンサー氏は、「ゲームパスは、すべてのゲームの成功は、それがどれだけのユニットを販売するかによって測定されるわけではない。私たちに構築するためのより大きな創造的なキャンバスを与えるための計画の上に構築された。」と述べました。

フィル・スペンサー氏「私たちは今、より創造的なリスクを取ることをサポートしてくれるプラットフォームを手に入れました。スピンオフのようなジャンルであっても、フライトシムを復活させることであっても、より多くのフランチャイズでそれを行う機会は絶対にあると思います。私たちのポートフォリオの中にあるものは何か?また、どのようなアイデアがあれば、戻って再訪したり、もっと実験してみたいと思うだろうか?」と考えています。」

「ゲームパスのおかげで、『ギアーズ タクティクス』のような『ギアーズでターンベースの戦略ゲームを作れないか』と言うことができます。その場合、成功の指標はどのようになるでしょうか?通常のプロセスでは、ビジネスマンがエクセルを使って、PC用のターン制ストラテジーゲームの平均販売数を教えてくれます。すると、「よし、それをコンソールにも出したい」と言うのです。この2つの数字を足し合わせて評価するのです。

でも今は、『ちょっと待ってください、ゲームパスには1000万人以上の購読者がいます。その中で何人の人がプレイして、そのうちの何人のメンバーを維持して、サブスクリプションの一部にしてくれるのか?これにより、どのようなゲームを作っていくかを評価するための別の方法が生まれ、率直に言って小売業界の力学に振り回されていたらやらなかったようなことができるようになりました。

この評価の変化は、XboxのゲームがPCだけでなく、Project xCloudではなく、スマートフォンやタブレットでも利用できるようになったことと相まって、マイクロソフトは新世代のコンソールに向けて、より多くの余裕を提供しています。

フィル・スペンサー「私たちは、特定の種類のゲームのポートフォリオを望んでいるわけではありません。ポートフォリオの中で提供するものの幅を広げたいと考えているからこそ、ここ数年、多様なゲームやスタジオに投資してきたのです。7月23日のショーを見ていて気付いたことの一つは、アートスタイルやサイズを見ると、これまでのファーストパーティゲームの中で最も多様性に富んだコレクションになっているということです。つまり、いくつかの大きなチームや大げさな序章、より小さくて一口サイズのものまで、それが私たちの強みだと思っています。

via Polygon

今回のインタビューで特に印象に残ったのが、「XBOXゲームパスの成長で、どのようなゲームを作っていくかを評価するための別の方法が生まれ、小売業界の力学に振り回されていたらやらなかったようなことができるようになった。」ということです。

XBOXゲームパスメンバーが1000万人を超えるユーザーを獲得し好調に推移している事で、従来の小売市場の販売数を想定した評価基準だけでなく、ゲームパスメンバーを考慮した新たな評価基準によるゲーム開発の道が開けたという事です。これによってマイクロソフトのゲームタイトルのバリエーションも更に広がることを意味し、より意欲的で挑戦的なタイトルも開発出来るようになったということです。

Xboxゲームパス好調の恩恵がマイクロソフトにこんな変化も与えていたんだなと驚きと同時に期待も高まります。

今後のゲーム業界でキーポイントにもなると言われている、ゲーム版NETFLIXとも言われるサービスでもある「Xboxゲームパス」でマイクロソフトは後発にも関わらず、先行のライバルであるソニーにも大きくリードしており、マイクロソフトのゲーム開発評価基準、更にはスタジオ買収にも大きく影響を与えていて、更に噂ではXbox Liveゴールド12ヶ月を廃止し、Xbox Game Pass Ultimateに統合するという噂もあり、今後ますますXbox Game PassはXBOX事業の中心的な存在、核になっていくのは間違いないと思われます。

おそらく日本時間7月24日金曜日AM1:00〜(ジョフ・キンリー氏司会のプレショーはAM 0:00〜)開催されるXBOXショーケースイベントに合わせて関連の何か発表があるかもしれません。

しかし、マイクロソフトは8月にも大きなデジタルイベントを予定しているという噂が出ているので、24日はあくまでもファーストパーティゲーム中心で、その他の情報は8月にスライドするかもしれません。

何はともあれ、24金曜日深夜のXBOXショーケースイベントは大きな注目となりそうです。🔚

2 件のコメント

  • まさにGamePassの強みはそこですよね。従来だと、数千円の投資をしてまで遊ぼうと思わなかったソフトでも、「興味があるしちょっと遊んでみるか」で手を出す事が出来る。そうなると提供する側だって、今までは確実に売れる、投資が回収出来るようなゲームしか作れなかったのが、アイデアや溢れる個性的な作品や、プレイ時間は長くは無いが、ギュッと凝縮されたような作品など、様々なゲームをリリースする事が容易になります。GamePassがゲームの多様性を担保する。素晴らしいと思います。今週のショウケースが楽しみです。

    • 私はUltimate購入していますが、たった月額1100円でこれだけプレイ出来て、
      しかもゴールドメンバーも含まれているのですから、美味しすぎると思えるくらいです。

      ましてこれから年末は新作ラッシュになればお得感は更に増すでしょうからね。

      マイクロソフトはXbox Live Gold 12ヶ月廃止するらしいですね。
      Game Pass Ultimateに統合するのかもしれませんね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    映画、海外ドラマ、音楽、ビデオゲーム、ガジェット、自作ハイエンドPC、車、バイク、政治、経済、株式投資、格闘技、70年代のTVドラマ、超常現象などが大好きな湘南在住の管理人です。東京に住んでいた頃は、ハイエンドオーディオ、ハイエンドホームシアターなど趣味で実践していました。現在は、ソニー4KブラビアX9500Gの85インチで洋画、海外ドラマ、ビデオゲームをYAMAHAのA3070AVアンプ経由で5-1-4 9.1チャンネルのDolby Atmos環境で楽しんでいます。映画やゲームレビューはこのシステムかサブシステムのLG 55インチNANO91 4K 120Hzで検証しています。様々な幅広いジャンルでの経験で得た知識、見識をレビューやエッセイも含め、色々と書き綴って情報発信していきたいと思っています。尚、当サイトで書く内容は、あくまで個人的な好みや価値観での意見を書き綴っていますので、あしからず。 YOUTUBEチャンネルでは、高画質をモットーに4K解像度のゲームプレイ、PCゲームのベンチマーク動画、グラフィック比較動画に加えて他に好きなものなど、色々と公開していきたいと思いますので、お気に召したらチャンネル登録をよろしくお願いいたします。  https://www.youtube.com/user/hidebusa720