【XBOX WIRE日本語訳】インサイドXbox シリーズXの最適化:サイコロジカル・ホラーゲーム「The Medium」

XBOX公式ニュースサイト「XBOX WIRE」にXbox Series XとPCのMicrosoft独占タイトルとなる「Layers of Fear」や「Observer」などを開発したBloober Teamが開発する、サイコロジカル・ホラーゲーム「The Medium」の公式インタビューが掲載されました。

ジャンル的にも、そしてサイレントヒルの音楽を手掛けた山岡晃氏が音楽を担当していることもあり、個人的に非常に気になるタイトルでもあるので、日本語訳で掲載します。「The Medium」が気になる方は是非お読みになってみてください。

今年年末に発売されると、XboxシリーズXは世界で最もパワフルなゲーム機になります。

Xbox Series Xのパワーの最大のメリットは、開発者がXbox Series Xに最適化されたゲームを作れるようになったことです。これは、Xbox Series Xの開発環境を利用してネイティブに作られた新作タイトルだけでなく、これまでに発売されたタイトルでも、Xbox Series Xならではの機能をフルに活用していることを意味します。

インサイドXboxシリーズX最適化シリーズでは、XboxシリーズX向けにどのようにタイトルを最適化しているのか、そしてそれがゲームの未来にとってどのような意味を持つのかについて、クリエイターの方々に舞台裏を語っていただきます。本日は、Bloober TeamのプロデューサーJacek Zięba氏に「The Medium」をXbox Series X用に最適化する方法についてお話を伺います。

Q: 「The Medium」を開発し、次世代のハードウェアで実現することに最も興奮していることは何ですか?

A:シンプルに言えば、次世代のハードウェアのおかげで、『The Medium』のビジョンが完全に実現できるということです。もちろん、理論的にはどのようなゲーム・アイデアでもリスコープすることは可能ですが、私たちの場合は、ゲームのコアとなる機能を完全に変更することになります。

XboxシリーズXのパワーのおかげで、私たちはいつも思い描いていたようなゲームを開発することができます。確かにそれは没入感と不穏な雰囲気を作るのに役立ちますが、私はグラフィックだけの話をしているのではなく、ゲームプレイについても話しています。

Q: XboxシリーズXのパワーとパフォーマンスの恩恵でロード時間を短縮することに加えて、『The Medium』の開発において、XboxシリーズXのどの機能を活用することに最も期待していましたか?

A: SSDと、それによって目立ったロード時間が発生しないことは、私たちにとって確かに大きな意味を持ちます。そのおかげで、より映画的で雰囲気のある体験ができ、プレイヤーをゲームに没頭させることができます。

また、CPUとGPUの強力なパワーにより、ゲームプレイのアイデアを少しクレイジーにすることができ、新しいハードウェアは、ゲームの設計方法を急速に変化させると信じています。

Q: これらの機能強化は、プレイヤーの『The Medium』体験にどのような影響を与えますか?

A:ゲーム内では、重苦しく不穏な雰囲気を出すことに力を入れています。音楽や環境など、様々な手段を使って両方の世界にプレイヤーを没入させていますが、ロード画面がないことでより効果的になっています。以前は、没入感と映画的なゲーム性を維持するのは、ちょっとした困難な戦いでしたが、次世代機ではその問題が解消されました。

Q: 開発チームが「The Medium」の強化分野として4K解像度とDirectXレイトレーシングに焦点を当てたのはなぜでしょうか?

A:これらは私たちのゲームとそのジャンルに最もフィットする機能だからです。4K解像度は、現実世界と精神世界のアートスタイルや環境を表現するのに役立ちますし、レイトレーシングはゲームの雰囲気をさらに盛り上げてくれます。つまり、これらの機能は、ゲームの強みをさらに輝かせてくれるのです。

Q: 今回の機能強化により、『The Medium』のファンがXboxシリーズXでプレイした場合、どのような反応を示すと思いますか?

A: 彼らに気に入ってもらえるといいですね 🙂 これまでに明らかにされた多くのクロスジェンダータイトルとは異なり、「The Medium」は次世代機のみのゲームです。現行世代機(XboxOne)への移植計画はないので、XboxシリーズXでは私たちが常にゲームのために意図していた体験を提供することになります。

Q: XboxシリーズXでの開発はどのような感じですか?

A: XboxシリーズXのために開発した最初のスタジオの一つになれたことは、本当にエキサイティングなことです。ファンの皆様には、このゲーム機の真の実力を見ていただきたいと思っています。

Q: Xbox Series Xの「The Medium」のために、どのような拡張機能を活用することに最も期待していましたか?

A: 現実世界と霊界の相互作用にCPUとGPUを多用しています。コアとなるゲームプレイ機能を含め、『The Medium』については、まだ多くのことを明らかにしなければなりません。あまり早く言いすぎると、マーケティングチームに殺されてしまいますが、私たちはこの有り余るパワーを使って、次世代機のゲームプレイの可能性を大きく押し広げています。

Q: XboxシリーズX(次世代機)の開発では、現行世代機(XboxOne)では実現できなかった、現在のプロジェクトや今後のプロジェクトで可能になることはありますか?

A: ローディング時間の例のように、次世代はこれまで開発時間とリソースを消費していた障害を取り除きました。これにより、開発者はよりクリエイティブなゲームプレイ開発に専念できるようになりました。また、新世代専用に開発されたゲームが増えれば、真のブレイクスルーやイノベーションがすぐに起こると強く信じています。

via XBOX WIRE

The Medium、楽しみですね。本作は現行世代機(XboxOne)ではゲームのメカニックが性能面で機能しないそうで、XboxOneは対応せず、Xbox Series XとPCのみとなります。

グラフィックでもレイトレーシングが効果的に使われていそうで、その点でもXbox SeriesXのショーケースタイトルになりそうな感じです。5月に披露されたタイトルの中でも本作「The Medium」と「SCORN」(コンソールではXbox Series Xのみ)はホラーゲームであり、本当に楽しみなタイトルになりそうです。🔚

2 件のコメント

  • Mediumのインタビューを読むたびにXBOXONEとのファースト縦マルチは悪手だったなぁと思うな。
    XBOXONEも念頭にゲーム作るのとXbox Series X専用で作るのとでは確実に制限あるだろうし。

    • おっしゃる通りで、XboxOneの性能はもう黒歴史みたいなものですからねw
      完全に足を引っ張っていたのは確かですね。デジタルファウンドリーもそんな事を言ってましたw

      その点でThe MediumとSCORNはコンソールではXbox Series X専用なので、
      XboxOneの呪縛から解き放たれた場合の結果がどうなるか、、期待したいですね!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    映画、海外ドラマ、音楽、ビデオゲーム、ガジェット、自作ハイエンドPC、車、バイク、政治、経済、株式投資、格闘技、70年代のTVドラマ、超常現象などが大好きな湘南在住の管理人です。東京に住んでいた頃は、ハイエンドオーディオ、ハイエンドホームシアターなど趣味で実践していました。現在は、ソニー4KブラビアX9500Gの85インチで洋画、海外ドラマ、ビデオゲームをYAMAHAのA3070AVアンプ経由で5-1-4 9.1チャンネルのDolby Atmos環境で楽しんでいます。映画やゲームレビューはこのシステムかサブシステムのLG 55インチNANO91 4K 120Hzで検証しています。様々な幅広いジャンルでの経験で得た知識、見識をレビューやエッセイも含め、色々と書き綴って情報発信していきたいと思っています。尚、当サイトで書く内容は、あくまで個人的な好みや価値観での意見を書き綴っていますので、あしからず。 YOUTUBEチャンネルでは、高画質をモットーに4K解像度のゲームプレイ、PCゲームのベンチマーク動画、グラフィック比較動画に加えて他に好きなものなど、色々と公開していきたいと思いますので、お気に召したらチャンネル登録をよろしくお願いいたします。  https://www.youtube.com/user/hidebusa720