【待望】nVIDIAのフラッグシップGPU「GeForce RTX 3080」と思われる写真がリーク。

NVIDIAの次期RTX 3080グラフィックスカードの初画像がVideocardzのChiphell経由でリークされました。

NVIDIAの次期GPU「RTX 3000」シリーズのオープンシーズンが正式に到来です。同社は2020年の年末までにこれらのカードを発売することを計画しているので、今年後半に開催されるComputexカンファレンスか、その頃に発売されると見るべきでしょう。興味深いことに、RTX 2000シリーズのラインナップについても、組み立てラインからのリーク写真が最初にリークされています。

nVIDIAのRTX 3080グラフィックスカードは、双方向ファン、不規則な形状PCB、湾曲したヒートシンクを備えた大胆な新デザインを特徴としているようです。非常にサイバーパンクで気まぐれなデザインは、シンメトリックで未来的な形状がクールです。(グラフィックカードは、実際には青ではなく、単に包装フィルムです。包装フィルムの下は、非常に洗練された金属です)。 エッジがRTX 2080のようにアルミなのか、それともプラスチックに戻ったのかは写真ではわかりませんが、使用されている素材は非常に高品質のようです。

ここでは、新しいNVIDIA RTX 3080グラフィックスカードのいくつかの重要な設計上の考慮事項があります。

ファンは双方向のようです。ヒートシンクは湾曲しています。通常は空気の流れを乱すので、これは非常に興味深いデザインですが、nVIDIAは空気の流れを維持するために圧力差に頼るプッシュフル構成を試みているようで、このデザイン哲学は驚異的に機能するかもしれません。

PCBは不規則な形をしています。下の画像では、RTX 3080のグレーのプラスチック部分だけがPCBを収納していますが、ファン部分はむき出しの状態です。これは、NVIDIAの次期Ampere GPU用の小さくて不規則な形状のPCBを示唆していた以前の噂を裏付けるものです。

リークした写真は、ほぼ確実にスタンダードなFounder’s Editionです。このようなデザインは、工具を使って加工するのが信じられないほど難しく、AIIBは、NVIDIAが許可するならば、ほぼ間違いなく従来のヒートパイプとトリプルファンのデザインで行くことを好むでしょう。NVIDIAがこれらの部品を供給しているパッケージのいくつかのフォームが表示されない限り、あなたが見ているものは、ほぼ確実に限られた数量(および非常に高いMSRP)で実行されているファウンダーズエディションです。

噂によると, RTX 3080はGA104 GPUと一緒に出荷され, 48 SMs (3072 CUDAコア)と既存のRTX 2080に取って代わるでしょう。これは、46SMのRTX 2080よりもわずかに多いので、より高い性能のスループットと改良されたRTXコアと相まって、これが本当であることが判明した場合は、大幅な性能向上が期待できます。実際には、RTX 2080 Ti現行世代のフラッグシップよりもわずかに性能が低いと推定されます。RTX 3080 GPUは、8GB/16GBのvRAMと256ビットのバス幅と結合されます。

価格設定についてはまだ何も語られていませんが、NVIDIAは今回Turingと比較して(少なくともカスタムAIBパーツについては)希望小売価格でかなり甘いアプローチを取るのではないかという予感がします。同社はまた、Ampereシリーズで7nmプロセスに移行しているため、大幅なコスト削減が可能となり、消費者に還元されることになるでしょう。

via wccftech

ようやく、3080と思われる画像が中華リークで出て来ました。こうなると、個人的に大本命の3080Tiの写真もまた、近い時期にリーク写真が出て来そうです。

因みに3080Tiは、2080Tiより40%高速になると言われています。TensorコアやRTコアなども2倍高速になると言われているので、現行の2080Tiで重かったレイトレーシングも高品質で設定でも格段にパフォーマンスが向上しそうです。

しかも、今回のAmpereから7nmとなった事でのコストダウン効果で価格も安くなる事を期待したいですが、、日本国内はとんでもないマージンを取る某代理店があるので、やや不安です。。🔚

nVIDIA公式RTXカードホームページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

映画、海外ドラマ、音楽、ビデオゲーム、ガジェット、自作ハイエンドPC、車、バイク、政治、経済、株式投資、格闘技、70年代のTVドラマ、超常現象などが大好きな湘南在住の管理人です。東京に住んでいた頃は、ハイエンドオーディオ、ハイエンドホームシアターなど趣味で実践していました。現在は、ソニー4KブラビアX9500Gの85インチで洋画、海外ドラマ、ビデオゲームをYAMAHAのA3070AVアンプ経由で5-1-4 9.1チャンネルのDolby Atmos環境で楽しんでいます。映画やゲームレビューはこのシステムかサブシステムのLG 55インチNANO91 4K 120Hzで検証しています。様々な幅広いジャンルでの経験で得た知識、見識をレビューやエッセイも含め、色々と書き綴って情報発信していきたいと思っています。尚、当サイトで書く内容は、あくまで個人的な好みや価値観での意見を書き綴っていますので、あしからず。 YOUTUBEチャンネルでは、高画質をモットーに4K解像度のゲームプレイ、PCゲームのベンチマーク動画、グラフィック比較動画に加えて他に好きなものなど、色々と公開していきたいと思いますので、お気に召したらチャンネル登録をよろしくお願いいたします。  https://www.youtube.com/user/hidebusa720