アップル次期iPhone12Proのスペックがリーク。

iPhone 12 Proの具体的なスペックがアップルリークで有名なYOUTUBEユーザーのEverythingAppleProがリークしました。

それによると、120HzのリフレッシュレートのProMotionディスプレイ、より高速で改良されたFace ID、向上したナイトモードとポートレートモードの写真などです。

ビデオで共有された全ての詳細は以下の通り。

ディスプレイ

iPhone 12 Proの最大の改善点は、新しい120Hz ProMotionディスプレイになるようです。Appleがディスプレイの解像度を犠牲にすることなく、120Hzのリフレッシュレートを実現することが期待されています。リークによると、Appleのエンジニアは新型iPhone12Proで120Hzパネルを導入することに集中するために、90Hzはスキップしたとのこと。 Appleが既にiPad Proで完璧な120Hzのリフレッシュレートを導入、開発してきたことを考えると、90Hzはスキップして当然かもしれません。

ProMotionのサポートでディスプレイは、画面上のコンテンツに基づいてリフレッシュレートを切り替える際、十分スマートになります。適応リフレッシュレートは、再生するゲームや視聴する映画に基づいて、120Hz、60Hz、または24Hzに切り替えることが出来ます。本やウェブサイトを読むようなタスクの場合、リフレッシュレートを下げて電力効率を高め、バッテリーを節約するわけです。

リフレッシュレートを上げると消費電力が増えるため、iPhone 12 Proのバッテリーは従来のものよりも大きくなります。更に5Gもサポートする事になるので、消費電力は上がるのは必然です。

120HzのProMotionは、ハイエンドモデルでもあるiPhone 12 Proのみに搭載され、通常のiPhone12モデルは60Hzディスプレイを搭載して出荷されるようです。

FACE ID

AppleはFace IDコンポーネントを更にコンパクト化しノッチ・サイズを縮小する予定。コンポーネントが更にコンパクトになるにもかかわらず、AppleはFace IDの機能の改善にも取り組んでいるようで、 iPad Proと同様により広い角度で機能するだけでなく、特定の顔の特徴にトリミングしてより効率的に追跡できる新しい動的ゾーニングアルゴリズムもサポート。リークでは、新しいiPhoneでFace IDがランドスケープモードで機能するかどうかを確認していません。

カメラ

Appleは64MP(6400万画素)のカメラをテストしたが、オートフォーカスのパフォーマンスが低かったために、計画を破棄したとしています。新しいiPhoneは12MP(1200万画素)センサーを搭載して出荷され、オートフォーカスのパフォーマンスは現行モデルと比較して2〜3倍向上するとの事。更に新型iPad Proにも搭載されている、新しいLiDARセンサーの恩恵で暗所撮影も向上し、スローモーションのビデオ録画、天体写真、夜間モード用に改善されたEISと組み合わせることで、最大限に活用できます。

LiDARセンサーにより、ポートレートモードの写真も改善されます。 Appleはポートレートビデオもセンサーでテストしているようですが、現時点では満足のいく結果が得られないため、将来のアップデートでリリースするか、iPhone 13に見送られる可能性もあるようです。

スマートHDRは、改善されたノイズリダクションでより綺麗になりそうです。望遠カメラは3倍光学ズームをサポート、夜間モードもようやくサポート。ただし、ウルトラワイドカメラでは、使えないのは変わらず。

新たに開発されたバイオニックA14チップのパフォーマンスの恩恵で、最大30倍までの改善されたデジタルズームがカメラに追加される可能性もあるようです。現在のiPhoneは最大10倍のデジタルズームのみをサポートしていますが、画質はとても実用的ではないので、30倍がもし搭載されても実用的ではないかもしれません。

センサーシフト画像安定化は、iPhone 12 Proの6.7インチモデルにも採用される可能性があります。

その他

iPhone 12 Proは、ミッドナイトグリーンに代わって新しいネイビーブルーになるようです。ノッチが小さくベゼルも薄くなり、iPad Proのようなデザインになるようです。

iPhone 12 Proの発売は、新型コロナウィルス被害がまだ続いているため、通常より1か月遅れると予想されていますが、9月に発表され10月に出荷されると噂されています。

毎年スマートフォンが発売されていますが、正直な印象としてiPhoneというより、スマートフォン自体の性能が正直頭打ちになってきていますよね。スマートフォンのカメラもかなり熟成が進んで画質も向上してますが、まともに使えもしないズーム倍率の競い合いをやっているメーカーもありますしね、、 今後進化する余地があるとすれば、カメラの画質でしょうかね。

AIなどML(機械学習)による補正、つまりデジタル補正による高画質化が極まってくると、コンデジは完全に駆逐されてしまうでしょうね。。今でもかなりヤバイ状況でしょうけど、一歩間違うとエントリークラスの一眼も侵食されかねないと思います。既にiPhoneでは、MLによるDeep Fusionで高画質化も導入されてますし、PCではnVIDIAがDLSS2.0でRTXグラフィックカードに搭載されている、TensorコアのAIによる高画質化と、処理負荷軽減なども実現させており、しかもかなり出来が良いレベルまで来ているので、デジタル画質補正が個人的には今後の重要なポイントになると思っています。🔚

apple iPhone公式ホームページ

nVIDIA DLSS2.0 AIレンダリングの大きな飛躍

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

映画、海外ドラマ、音楽、ビデオゲーム、ガジェット、自作ハイエンドPC、車、バイク、政治、経済、株式投資、格闘技、70年代のTVドラマ、超常現象などが大好きな湘南在住の管理人です。東京に住んでいた頃は、ハイエンドオーディオ、ハイエンドホームシアターなど趣味で実践していました。現在は、ソニー4KブラビアX9500Gの85インチで洋画、海外ドラマ、ビデオゲームをYAMAHAのA3070AVアンプ経由で5-1-4 9.1チャンネルのDolby Atmos環境で楽しんでいます。映画やゲームレビューはこのシステムかサブシステムのLG 55インチNANO91 4K 120Hzで検証しています。様々な幅広いジャンルでの経験で得た知識、見識をレビューやエッセイも含め、色々と書き綴って情報発信していきたいと思っています。尚、当サイトで書く内容は、あくまで個人的な好みや価値観での意見を書き綴っていますので、あしからず。 YOUTUBEチャンネルでは、高画質をモットーに4K解像度のゲームプレイ、PCゲームのベンチマーク動画、グラフィック比較動画に加えて他に好きなものなど、色々と公開していきたいと思いますので、お気に召したらチャンネル登録をよろしくお願いいたします。  https://www.youtube.com/user/hidebusa720