アンチャーテッド声優ノーラン・ノース氏、映画版アンチャーテッドでサリー役がマーク・ウォールバーグになった事に「適役とは思えない」

PlayStationブランドの代表作で看板でもある、人気アクションゲーム「アンチャーテッド」でネイサン・ドレイクのボイスアクトを務める、ノーランノース氏は、現在企画進行中の映画版アンチャーテッドでマーク・ウォールバーグがサリー役にキャスティングされている事について、適役とは思えないと話しています。

アンチャーテッド映画は延期に次ぐ延期で難航しています。当初若くて冒険的な探検家、ネイサン・ドレイクを演じると考えられていたマーク・ウォールバーグが、なんとネイトの古い友人であるサリーを演じます。

アンチャーテッドのサリー

      

ノーラン・ノースとトロイ・ベイカーがYOUTUBEのLet’s Playシリーズの「Retro Replay」の最近のエピソードで、「映画版アンチャーテッド」とHBOでドラマシリーズ化が決まっている「ラスト・オブ・アス」について話しました。

アンチャーテッドでネイト役のボイスアクトを担当しているノーラン・ノース氏は「ラスト・オブ・アス」がHBOでドラマ化される事に、アンチャーテッドの映画化よりも興奮しているそうです。

ノーラン・ノース氏

「彼らがラスト・オブ・アスをTVドラマ化するのは、映画を作るよりもずっと良い事だと思う。チェルノブイリ(HBO製作の実話ドラマでエミー賞受賞)を手掛けたスタッフに、開発スタジオのノーティドッグからも製作に関与しているし、正直に言うと映画版アンチャーテッドよりもっと興奮している。僕はマーク・ウォールバーグが大好きだけど、彼がサリーに合うと思えないしサリーには見えないよ。」

と話しています。更に「ゲームをエピソード形式のドラマシリーズに変えることは、ゲームを映画に変えるよりも遙かに優れていると考えています。」

ノーラン・ノース氏は、ニール・ドラックマン(ノーティードッグの副社長)とクレイグ・マージン(ディレクター)の才能がゲームのビジョンを明確にするだろうと述べました。

トロイ・ベイカーは「12〜16時間のゲームを2時間の映画に凝縮することは、多くの省略も発生する」ため、脚本、製作は難しいとも考えています。

映画版は、アンチャーテッド3のように若いネイトが登場し、若いネイト役にはスパイダーマンのトム・ホランドがキャスティングされています。ですので、サリーが40歳くらいであれば合うかもしれませんが、それでも、キャストが少し変だと思うのは私だけではないようです。

映画版アンチャーテッドには、アントニオ・バンデラスもキャスティングされ、多くの有名なベテラン俳優が参加します。

自分の中では、ゲームの映画化は中々上手く行かないことの方が多い印象がありますね、、以前、MAX PAYNEの映画化が発表されたときは、作品の大ファンでもある私は大喜びしましたが、主人公のマックスペインにマーク・ウォールバーグのキャスティングが発表されてガッカリした記憶がありますw

映画版マックペイン、ゲームの映画化でも最悪の1本かとw

マーク・ウォールバーグが主人公のマックスを演じるなど作品のイメージとはかけ離れているキャスティング(モナ以外のキャラクターも)に当時、作品のファンからも疑問の声が多数あがりました。実際、映画もゲームとはかけ離れた出来で失敗に終わっています。当時個人的にはマックスペイン役はアメリカン・サイコのクリスチャンベール、モナ・サックス役は007ゴールデンアイのファムケ・ヤンセンが適役だと思ってました。

この配役でMaxPayneが出来てれば、、

                       

クリスチャン・ベール、ファムケ・ヤンセンこの2人の配役でマックペインが製作されていたらもっとゲーム世界に近い、ダークで素晴らしい作品になっていたと思うんですよね。。

そして、今回のアンチャーテッド映画版のサリー役のマークを聞いて、正直マックスペインの時の悪夢がよぎりましたwサリーとは似ても似つかないわけでwネイトとサリーのやり取りはコミカルな面も多いので、自分がサリー役をキャスティングするなら、ベターコールソウルの主人公ソウルグッドマンを演じている、ボブ・オデンカークやブレーキングバッドで主人公のウォルターを演じたブライアン・クラストンなんかが良いと思いますけどね、、

個人的にサリー役にピッタリだと思うベターコールソウルのボブ・オデンカーク

サリー役も合いそうなブライアン・クランストン

ま、スケジュールが調整出来ないなどもあるんでしょうけど、ゲームからの映画化は作品のファンが既にキャラクターイメージを確立しているので、ストーリー以上にキャスティングは作品の要でもあるので、あまりにゲームとかけ離れたイメージの俳優が扮すると、作品の世界観自体が壊れてしまうと思っています。ちなみにアンチャーテッドのネイト役はドラマのキャッスルやHALO5のBUCK役などでお馴染みのネイサン・フィリオンが適役だと思っています。実際に本人も乗り気でファンメイドのショートフィルムにも出演してましたが、実現には至ってません。

ネイサン・フィリオン。ネイト役は適役だと思います。
February 19, 2020 in New York City. (Photo by Jim Spellman/Getty Images)
ネイサン・フィリオンが出演したアンチャーテッドのファンメイドショートムービー

他には見た目だけならジェラルド・バトラーも似ていますねw一応、アンチャーテッドはアクション大作でもありますから、その点でもジェルラルドさんなら役をこなせそうですね。

ジェラルドバトラーもネイトに似てはいますw

      

ノーラン氏も言っているように、特にラスト・オブ・アスのようなストーリーや感情面に訴えかけてくるような作品は、映画ではなくドラマシリーズ化の方がキャラクターをじっくりと描写出来るので、最適だと思います。

今や、NETFLIXやHBOなどオンライン配信やケーブルTV局などが台頭し、アカデミー賞やエミー賞を席巻している事を考えると、作品にとっては映画化よりドラマ化が最善の選択と言える時代なのかもしれません。 🔚

記事参照元 dualshockers

プレイステーション アンチャーテッド公式ホームページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

映画、海外ドラマ、音楽、ビデオゲーム、ガジェット、自作ハイエンドPC、車、バイク、政治、経済、株式投資、格闘技、70年代のTVドラマ、超常現象などが大好きな湘南在住の管理人です。東京に住んでいた頃は、ハイエンドオーディオ、ハイエンドホームシアターなど趣味で実践していました。現在は、ソニー4KブラビアX9500Gの85インチで洋画、海外ドラマ、ビデオゲームをYAMAHAのA3070AVアンプ経由で5-1-4 9.1チャンネルのDolby Atmos環境で楽しんでいます。映画やゲームレビューはこのシステムかサブシステムのLG 55インチNANO91 4K 120Hzで検証しています。様々な幅広いジャンルでの経験で得た知識、見識をレビューやエッセイも含め、色々と書き綴って情報発信していきたいと思っています。尚、当サイトで書く内容は、あくまで個人的な好みや価値観での意見を書き綴っていますので、あしからず。 YOUTUBEチャンネルでは、高画質をモットーに4K解像度のゲームプレイ、PCゲームのベンチマーク動画、グラフィック比較動画に加えて他に好きなものなど、色々と公開していきたいと思いますので、お気に召したらチャンネル登録をよろしくお願いいたします。  https://www.youtube.com/user/hidebusa720