老舗市場調査会社DFCが、次世代機ゲーム機の売り上げ予測を発表「PS5はXbox Series Xより売れるでしょう。しかし」

ゲームとデジタルメディア業界での100年を超える実績と経験を誇る古参のDFC Intelligenceは、第9世代目になる次世代ゲーム機の売り上げ予測を発表しました。

人々は今年年末に発売が予定されている最新のゲーム機戦争で、どちらかを選ばなければならない一方で、DFCのアナリストは既にPlayStation5が勝つことを予測しました。

新しい分析によれば、マイクロソフトはXbox One、Xbox One S、Xbox One XよりもXbox Series Xで大きな市場シェアを獲得する一方で、最終的にはPlayStation5の方が売れてソニーが再び王者となるでしょう。

DFCインテリジェンスは、コンソールの売上予測を行う際に、多くの場合、履歴を参照にします。同社は今回、ソニーがPS5に関する技術的な詳細のみで、未だに多くを明らかにしていないことは念頭においておく必要があるとしています。

対照的に、マイクロソフトはXbox Series Xに関してソニーより遥かに多くの情報を明らかにしました。

マイクロソフトはソニーの公開した情報と比べると、明らかに明確で詳細で情報戦では先行しているのは確かです。

DFCは、ソフトウェアの入手性、ブランドの認知度、およびグローバルな販売ネットワークを引用し、PS5がXbox Series Xを上回ると確信しています。同社はまた、ソニーは日本でも重要な利点を持っていると指摘しています。日本市場では、マイクロソフトが週に50台未満のXbox One本体しか販売出来ない事もあるくらい苦戦している事も問題です。

ただし、マイクロソフトにとって悪いことばかりではありません。 DFCは、Xbox Series XがXbox Oneシリーズよりも大きな市場シェアを獲得することを期待しています。予想されるように、Xbox Series Xの巨大なパワーと高い品質は、世界的に達成できる市場シェアの割合を後押しする大きな原動力になるでしょう。

最近、両方のコンソールの仕様について多くの話がありましたが、価格はどちらのゲーム機の背後にある重要な要素です。既に述べたように、ユーザー達はそのような意見を議論しています。もしマイクロソフトがPS5の価格を下回った場合、ゲームブランド、流通など利点のあるソニーのPS5を打ち破る可能性はあります。

マイクロソフトが先手先手でいち早く全貌を明らかにした事で、情報戦では明らかにソニーより優位に立ったのは確かだと思います。あとは、後手に回ってしまったソニーが、今後どのような物を見せてくれるかですね。当然ソニーもインパクトを狙って素晴らしい物を見せれるよう準備しているでしょうしね。

それ次第で初期売り上げは変わるでしょう。こう言ったゲーム機、ゲームは出足が重要というのは過去の歴史が物語っていますから、マイクロソフトの積極的な情報公開、Xbox Series Xの明確な設計理念などからも意気込みを感じます。

XBOXの日本市場での異様なまでの低迷ぶりは、海外の経済メディアでも取り上げられる程で、なぜここまで売れないのかと不思議な視点での報道内容でしたので、それだけ特殊な市場と見られているのかもしれませんw 今後のXBOXの日本市場でのカギは間違いなくゲームパスでしょう。次世代機を見据えて、一刻も早く開始すべきサービスだと私は思うのですが、どうもマイクロソフトは日本市場に対しては「日本の開発スタジオは重要」とは言及しますが、中々日本市場のテコ入れはやる気を感じない印象です。

マイクロソフト本社は、日本製のゲームがもっとXBOXに出れば、日本市場でも売れると思っているようですが、それだけではないと思います。。メディアに対する広告宣伝やTV CM、イメージ戦略も含め、相当の予算をかけないとこの日本市場でシェアを伸ばすのは厳しいでしょう。売れてないというネガティブなイメージ定着を払拭するのも大変だと思います。それだけの予算を投資する市場価値があると思われてないので、米国本社からのテコ入れも中々されないのかもしれません。

日本のXBOXストアは以前に比べればかなり改善されつつありますが、未だに買えないものが平然とストアや広告に表示されたりと、プレイステーションやスイッチのストアに比べると粗雑な印象は否めません。こういう部分も改善しないとダメでしょうね。。

そして次世代機の価格。Xbox Series Xのパワー、中身の作りからして価格面でPS5を下回るのは難しいのではないでしょうか。。PS5も爆速SSDやその周辺のシステム面のコストはかかっていそうですが、、これは発表されてみないと分かりませんね。

噂ではマイクロソフトがXbox Series XよりパワーダウンしたコードネームLockhart(ロックハート)という現行のXbox One Sのような位置づけのマシンを開発しているとも言われているので、それが本当かどうか、、コロナウィルス拡大の影響で中止になってしまった6月のE3の代わりに配信されるという、マイクロソフト独自のオンラインイベントにも注目です。

しかし、マイクロソフトがXbox Series Xの隅々から実機デモ、ゲーム映像まで公開しているにも関わらず、ソニーのPS5はスペック表のみで、外観も実機デモ、ゲーム映像も公開せずに沈黙していますが、なぜなのでしょうかね。。散々言っていることですが、1ユーザーとしてもPS5の更なる具体的な詳細情報が知りたいですね。 🔚

記事ソース元: Notebookcheck

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

映画、海外ドラマ、音楽、ビデオゲーム、ガジェット、自作ハイエンドPC、車、バイク、政治、経済、株式投資、格闘技、70年代のTVドラマ、超常現象などが大好きな湘南在住の管理人です。東京に住んでいた頃は、ハイエンドオーディオ、ハイエンドホームシアターなど趣味で実践していました。現在は、ソニー4KブラビアX9500Gの85インチで洋画、海外ドラマ、ビデオゲームをYAMAHAのA3070AVアンプ経由で5-1-4 9.1チャンネルのDolby Atmos環境で楽しんでいます。映画やゲームレビューはこのシステムかサブシステムのLG 55インチNANO91 4K 120Hzで検証しています。様々な幅広いジャンルでの経験で得た知識、見識をレビューやエッセイも含め、色々と書き綴って情報発信していきたいと思っています。尚、当サイトで書く内容は、あくまで個人的な好みや価値観での意見を書き綴っていますので、あしからず。 YOUTUBEチャンネルでは、高画質をモットーに4K解像度のゲームプレイ、PCゲームのベンチマーク動画、グラフィック比較動画に加えて他に好きなものなど、色々と公開していきたいと思いますので、お気に召したらチャンネル登録をよろしくお願いいたします。  https://www.youtube.com/user/hidebusa720