nVIDIAの次世代GPU「AMPERE」のGeekbenchスコアがリーク。TITAN RTXより40%高速。

NVIDIAの次世代グラフィックスカード(Ampere)Geekbenchから(ツイッターアカウント _RoGame )からリークされました。しかも 1つではなく、2つのGPUベンチマークがあり、nVIDIAの次期グラフィックカード2枚となる可能性があります。ただし、これらは必ずしもAmereとは限らず、別の名称で呼ばれる可能性もあります。

Geekbench5でベンチマークされたnVIDIAの次世代グラフィックスカードは、おそらくAmpere 7nm GPUで、 最初のGPUは7552 CUDAコアと118個のSMを搭載したもの。興味深いことに、パフォーマンスとGeekbenchの読み取りは、若干噂とは違っている部分もあります。

クロックは1.11 GHzでそれから現在のカードのコから換算すると、16.7 TFLOPになります。もちろん、これらのリークが正確な場合、これは最上位モデルではないかもしれません。(最上位は8192 CUDAコアを持っていて、このGPUには24GBのメモリが搭載。ただし、Geekbenchがこれを正確に検出しているかどうかはわかりません。)

このnVIDIA GPUは、Geekbenchで驚異的な184096をマークしています。このスコアは、現在の最上位モデルで30万円するTITAN RTXよりもなんと40%近く上回っています。驚くべきは、前述の1.11GHzというクロックから推測するに、製品版の最終クロック値ではないことですね。

つまり、更にクロック値が大きく引き上げられる可能性があるという事を意味します。ただし、このGPUはデータセンター系モデルと推測され(nVIDIAはいつも最初にデータセンター系モデルを最初にテスト、リークする)残念ながら、主軸となるゲーム系モデル(3080、3080Ti?)ではない事です。

nVIDIAが次世代AMPEREで現行の16nmから7nmに移行し、大幅なパフォーマンスUPしそうです

2番目にリークされたGPUは、6912 CUDAコアと108個のSMを搭載しています。低電力型モデルと思われるものは、1.01 GHzのクロック動いており、約13.9 テラフロップス(RTX 2080 Tiとほぼ同じレベル)です。

興味深いことに、このカードにはなんと47GBのメモリが搭載されている事が記載されており、誤記されている可能性があります。

6912 CUDAコアは、Geekbenchで141654スコアを獲得し、RTX TITANより僅かに高くなっています。

nVIDIAが7nmにかなり長い期間をかけて次期グラフィックカードの発売することを計画、開発していることを考慮すると、このリーク結果は大いに期待させられるものです。クロックとスコアから見ても、次期グラフィックスはほぼ確実に7nmである事を示しています。長い開発を得て成熟したものであれば、製品版では遥かに高いクロック速度を得られると思われます。

既にEEC認定を取得したNVIDIAのAmpere GPUですが、NVIDIAがRTXの路線を継続すれば、次期Ampereで更に次のレベルに大きく引き上げる可能性が高いようです。

現行のTuring GPUは1080p 30 fpsのレイトレーシングが可能で、ライトから中程度のパスレイトレーシングワークロードを実行できます。 Ampere GPUはTensorコアの再設計でリニューアルされる事で、2倍以上の性能向上が噂されているので、レイトレースを次のレベルに引き上げる事が出来そうです。

現行の16nmから7nmに移行するという事は、パフォーマンスの利点だけでなく、比率換算で最低でも50%の電力効率の向上、発熱の抑制も意味します。

nVIDIAは7nmプロセスラインではAMDに大きく出遅れていましたが、nVIDIAのGPUを採用している任天堂Switchの好調な売上とデスクトップとノートの売り上げ改善が業績の追い風になっており、今後9か月間で独自の7nm路線に大規模移行をするようです。

報道ではSamsungの7nm EUVプロセスらしいですが、例えTSMCの非EUVベースであっても、次期GPUは現行モデルから大幅なパフォーマンス向上を期待できそうで、Ampereは相当に期待して良さそうです。 

次世代ゲーム機でAMDの7nmプロセスのRDNA2を採用したXboxSeriesXは、なんと12テラフロップスという現在のPCグラフィックスカードのトップモデルに迫る驚異的な性能を得ますが、PCのnVIDIAもようやく7nmに移行し高みへと行きそうで楽しみですね。3080Tiは18テラフロップスくらいは行きそうかな?期待は高まります。 

次世代グラフィックスカードAMPEREはnVIDIAが主催で米国で3月22〜26日に開催予定のGTC2020で発表される予定です。ですが、コロナウィルス拡大懸念で開催が危ぶまれていますが、、大丈夫でしょうかね。。何はともあれ今月は楽しみです。6月にはE3も開催されますし今年2020年はワクワクする1年になりそうです。 🔚

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

映画、海外ドラマ、音楽、ビデオゲーム、ガジェット、自作ハイエンドPC、車、バイク、政治、経済、株式投資、格闘技、70年代のTVドラマ、超常現象などが大好きな湘南在住の管理人です。東京に住んでいた頃は、ハイエンドオーディオ、ハイエンドホームシアターなど趣味で実践していました。現在は、ソニー4KブラビアX9500Gの85インチで洋画、海外ドラマ、ビデオゲームをYAMAHAのA3070AVアンプ経由で5-1-4 9.1チャンネルのDolby Atmos環境で楽しんでいます。映画やゲームレビューはこのシステムかサブシステムのLG 55インチNANO91 4K 120Hzで検証しています。様々な幅広いジャンルでの経験で得た知識、見識をレビューやエッセイも含め、色々と書き綴って情報発信していきたいと思っています。尚、当サイトで書く内容は、あくまで個人的な好みや価値観での意見を書き綴っていますので、あしからず。 YOUTUBEチャンネルでは、高画質をモットーに4K解像度のゲームプレイ、PCゲームのベンチマーク動画、グラフィック比較動画に加えて他に好きなものなど、色々と公開していきたいと思いますので、お気に召したらチャンネル登録をよろしくお願いいたします。  https://www.youtube.com/user/hidebusa720