湾曲にもフラットディスプレイにもなる、LG OLED Flex LX3 テレビが非常に興味深い。20段階で湾曲可能

, ,

LGはIFA2022で曲げられるテレビLG OLED Flex(LX3)を発表しました。

LG OLED Flexは「世界初の曲げられる42インチ湾曲有機ELスクリーン」で OLED evoテクノロジーも搭載し、没入感を重視した曲面モード、テレビ番組や映画用のフラットモードと、用途に応じてディスプレイを湾曲させたり、左右に広げてフラット化する事が出来るのが特徴で、1から20段階までの湾曲率から自分好みの湾曲率を選ぶことが可能で、パーソナライズされた視聴体験が可能との事。これは興味深い。。

LG OLED Flexは、4K 120Hzディスプレイを搭載、HDMI 2.1端子を搭載し、可変リフレッシュレート(VRR)、自動低遅延モード(ALLM)、そしてNVIDIA G-SYNCとAMD FreeSyncにも対応しています。

LG OLED Flexは曲面時、900Rの湾曲率で、ディスプレイは0.1ミリ秒の応答速度で、100パーセントの色忠実度が認定されています。LG OLED Flexは、フラットモードとカーブモードの間で曲がるだけでなく、ユーザーに向かって最大10度、ユーザーから最大5度まで傾けることができます。

LG OLED Flexはテレビでありながら、カーブを描くことができるため、ゲーミングモニターとしても有効なのが特徴です。

LGマルチビューモードに対応しているため、LG OLED Flexでは最大2つのソースを並べて表示することもできます。例えば、このモニターにXbox Series XとゲーミングPCをソースとして接続し、簡単に切り替えることができます。

サウンドは、前面に配置された2つの40Wスピーカーによって優れたサウンドを実現、Dolby Atmosにも対応し、対応タイトルの音声をよりクリアで深みのある生き生きとしたものにするとの事。

LGは、現時点でLG OLED Flexの価格、発売日について明らかにしていません。

しかし、折りたたみ式スクリーンはCorsairも今月初め、Xeneon Flex 45WQHD240を発表しており、45インチの曲げられるLG OLEDパネルを搭載しています。

湾曲だけでなく、フラットパネルディスプレイにも変化するのは面白い。

しかし、こういった尖った製品は、昔は日本がいつもリードしていましたが、今やこの手の先進的な製品は、韓国、中国などの独壇場となっていますね。。正直、寂しい限りです。。

🔚

via LG News room

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

映画、海外ドラマ、音楽、ビデオゲーム、ガジェット、自作ハイエンドPC、車、バイク、政治、経済、株式投資、格闘技、70年代のTVドラマ、超常現象などが大好きな湘南在住の管理人です。東京に住んでいた頃は、ハイエンドオーディオ、ハイエンドホームシアターなど趣味で実践していました。現在は、ソニー4KブラビアX9500Gの85インチで洋画、海外ドラマ、ビデオゲームをYAMAHAのA3070AVアンプ経由で5-1-4 9.1チャンネルのDolby Atmos環境で楽しんでいます。映画やゲームレビューはこのシステムかサブシステムのLG 55インチNANO91 4K 120Hzで検証しています。様々な幅広いジャンルでの経験で得た知識、見識をレビューやエッセイも含め、色々と書き綴って情報発信していきたいと思っています。尚、当サイトで書く内容は、あくまで個人的な好みや価値観での意見を書き綴っていますので、あしからず。 YOUTUBEチャンネルでは、高画質をモットーに4K解像度のゲームプレイ、PCゲームのベンチマーク動画、グラフィック比較動画に加えて他に好きなものなど、色々と公開していきたいと思いますので、お気に召したらチャンネル登録をよろしくお願いいたします。  https://www.youtube.com/user/hidebusa720