ジョン・カーペンターの名作「ザ・フォグ」、クールなデザインの4K Ultra HD ブルーレイBOXセットが予約開始。(海外)

, ,

         

「ハロウィン」「遊星からの物体X」「ニューヨーク1997」「ザ・フォッグ」「ゼイリブ」など数えきれない名作を多数生み出し、ゲーマーでもある巨匠ジョン・カーペンター監督が、自身のTwitterで1980年に監督が製作したホラー映画『ザ・フォグ』がSacred Bones社のウェブサイトで4K UHDブルーレイ盤の予約販売を開始、9月13日に発売と明らかにしました。

このThe Record- Centricカンパニーは、Shout! Factoryと共同で、発売するようです。

リリースを記念して、映画のメインテーマに加え、コディ・カーペンター、ダニエル・デイヴィス、カーペンターの未発表バージョン “Walk to the Lighthouse” を収録した青と白に黒のピクチャー仕様の7インチディスクが同梱される予定だそうです。

カーペンターとの複数のプロジェクトだけでなく、Green Day、Weezer、Neutral Milk Hotelなどのアルバムのアートディレクターとして知られる、Chris Bilheimer氏が手がけた「The Fog」の斬新なデザインの限定版スリーブケース・パッケージも注目です。映画終盤で神父が持つ黄金の十字架を握り締めるシーンの亡霊をイメージしたデザインになっています。

そして、NECAが初めて公式にライセンスしたザ・フォグ「スティービー・ウェイン」(エイドリアン・バーボー)アクションフィギュア付のBOXセットも発売されます。この8インチサイズの可動フィギュアは、キャラクター固有のアクセサリーが付いたヴィンテージのウィンドウ・ボックスに入っているとの事。フィギュア自体の映像はまだ公開されていません。

しかし、残念な事にフィギュア同梱版BOXは、既にソールドアウトとなっています。

カーペンター監督は、1982年にカルト的人気を誇った「遊星からの物体X(原題:The Thing)」を40周年記念作品として劇場再公開し、興行的にも大きな成功を収めました。

そして「The Fog」の劇場再公開に関するニュースは、そのわずか数週間後に発表されたもので、結果驚くべき事にディズニーの『ライトイヤー』やユニバーサルの『ジュラシック・ワールド』最新作など他の上位作品と並んで、あっという間に興行収入9位を獲得、TOP10入りを果たしたようです。

1980年に劇場公開された作品が再公開されTOP10にランク入りする事からも、いかに本作が今でも愛されているのかが分かります。

日本では4Kレストア版の2K Blu-rayは発売(2022年7月6日)されていますが、4K UHD ブルーレイの発売は未定となっています。

個人的に「The Fog」は数あるカーペンター作品の中でもハロウィンと同じくらい好きな作品なので、これは欲しくなってしまうパッケージですね。。

🔚

via Sacred Bones Records「The Fog」予約ページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

映画、海外ドラマ、音楽、ビデオゲーム、ガジェット、自作ハイエンドPC、車、バイク、政治、経済、株式投資、格闘技、70年代のTVドラマ、超常現象などが大好きな湘南在住の管理人です。東京に住んでいた頃は、ハイエンドオーディオ、ハイエンドホームシアターなど趣味で実践していました。現在は、ソニー4KブラビアX9500Gの85インチで洋画、海外ドラマ、ビデオゲームをYAMAHAのA3070AVアンプ経由で5-1-4 9.1チャンネルのDolby Atmos環境で楽しんでいます。映画やゲームレビューはこのシステムかサブシステムのLG 55インチNANO91 4K 120Hzで検証しています。様々な幅広いジャンルでの経験で得た知識、見識をレビューやエッセイも含め、色々と書き綴って情報発信していきたいと思っています。尚、当サイトで書く内容は、あくまで個人的な好みや価値観での意見を書き綴っていますので、あしからず。 YOUTUBEチャンネルでは、高画質をモットーに4K解像度のゲームプレイ、PCゲームのベンチマーク動画、グラフィック比較動画に加えて他に好きなものなど、色々と公開していきたいと思いますので、お気に召したらチャンネル登録をよろしくお願いいたします。  https://www.youtube.com/user/hidebusa720