『オビ=ワン・ケノービ』ベイダー役のヘイデン・クリステンセン、”ベイダー・ボディ “のために、体重を10Kg以上増量していた。

,

       

ディズニープラスのオリジナルドラマ『オビ=ワン・ケノービ』でユアン・マクレガー演じるオビ=ワンと、ヘイデン・クリステンセン演じるアナキン・スカイウォーカー=ダース・ベイダーのファンにとってはたまらない展開になっていますが、クリステンセンが完全な姿のベイダーを演じるのは、今回が初めて。EP4の時は、198cmで元ウェイトリフティングの選手でもあったデイビッド・プラウズ氏がベイダースーツを着て演じていました。

Wikipediaによると、プラウズさんは殺陣が苦手だったそうで、ライトセーバーを折ってしまうNGを連発してしまったそうで、エピソード5『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』以降は、そのシーンのみ殺陣指導のボブ・アンダーソン氏がアクターを担当していたそうです。ボイス・アクトは、ジェームズ・アール・ジョーンズ(星の王子ニューヨークへ行くのエディ演じるアキーム王子の父親役など)が演じています。

最近のFatherlyとのインタビューで、クリステンセンはダース・ベイダー役への準備と “ベイダーボディ “の準備について話しています。

“そのプロセスは、私にとってとても重要だったと思います。肉体的にも、あのキャラクターに戻る必要があったのです。できるだけ多くのカロリーを消費しました。ダース・ベイダーのスーツの隙間を埋めるために、約9ヶ月かけて25~30ポンド(約11〜14kg)増量しました。”

“撮影終了後もベイダーボディを維持しようとしたんだ。でも、正直なところ、ほとんど以前の食生活に戻ってしまいました。その後、ちょっと萎んでしまいましたねw ”

ScreenRantが、クリステンセンに今後のプロジェクトで、再びベイダーを演じのか?について尋ねたところ、

“それは分かりません。その質問には答えられません。確かにこのキャラクターを続けたいし、更にもっとできることがあるような気がします。本作の準備として、私はできる限り多くのリサーチをしました。ダース・ベイダーのコミックや、ダース・ベイダーだけに焦点を当てた単体のコミックもいくつか読みましたが、そこには本当に興味深いものが沢山ありましたね。。またこのような機会に恵まれれば良いなと思います。”

と述べており、クリステンセンは乗り気のようです。オビワンも好評で反響もあるので、間違いなくシーズン2は作られるでしょう。  

やはり多くのスターウォーズ・ファンは、伝説のEP4〜6が絡む世界を見たいのではないかな、、と私は思っています。🔚

via Fatherly, ScreenRant

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

映画、海外ドラマ、音楽、ビデオゲーム、ガジェット、自作ハイエンドPC、車、バイク、政治、経済、株式投資、格闘技、70年代のTVドラマ、超常現象などが大好きな湘南在住の管理人です。東京に住んでいた頃は、ハイエンドオーディオ、ハイエンドホームシアターなど趣味で実践していました。現在は、ソニー4KブラビアX9500Gの85インチで洋画、海外ドラマ、ビデオゲームをYAMAHAのA3070AVアンプ経由で5-1-4 9.1チャンネルのDolby Atmos環境で楽しんでいます。映画やゲームレビューはこのシステムかサブシステムのLG 55インチNANO91 4K 120Hzで検証しています。様々な幅広いジャンルでの経験で得た知識、見識をレビューやエッセイも含め、色々と書き綴って情報発信していきたいと思っています。尚、当サイトで書く内容は、あくまで個人的な好みや価値観での意見を書き綴っていますので、あしからず。 YOUTUBEチャンネルでは、高画質をモットーに4K解像度のゲームプレイ、PCゲームのベンチマーク動画、グラフィック比較動画に加えて他に好きなものなど、色々と公開していきたいと思いますので、お気に召したらチャンネル登録をよろしくお願いいたします。  https://www.youtube.com/user/hidebusa720