『トップガン : マーヴェリック 』がトム・クルーズにとって最大のヒット作に。大きなマイルストーンとなる10億ドルも視野。

,

ハリウッドレポーターによると、『 トップガン : マーヴェリック 』は木曜日までに、米国内で4億2210万ドル、海外で3億8420万ドルを含む、世界興行収入合計8億630万ドル(約1,088億円)を記録しているそうです。

これは、今までのトム・クルーズ出演作品のこれまでの稼ぎ頭である2018年の『ミッション・インポッシブル:フォールアウト』(7億9,100万ドル=1,068億円)を上回る額。

トム・クルーズ(59歳)は、俳優40年のキャリアにして初めて、世界興行収入“10億ドル・クラブ入り”を狙える映画を手に入れたと報じられてます。

『トップガン : マーベリック』は、SNSなどの口コミでも絶賛の嵐で、大きく盛り上がっています。批評家は36年ぶりの待望の続編をロッテントマトで96%の高スコアを獲得、映画ファンたちは、『TOPGUN : Marverick 』をA+のシネマスコアで高評価しており、そういったことも興行成績を後押ししているんでしょうね。

後は、この36年という長い期間で続編への期待のマグマが溜まり続け、それを期待を裏切らないそれ以上の物で見せてくれた事で、「大爆発」した証拠でもあるでしょう。

更に、『トップガン』のクールさは、時代を超えて幅広い世代に受け入れられているからこそ、ここまでのヒットに繋がっているとも言えます。

大きなマイルストーンとなる「10億ドル達成」も時間の問題と言えそうですが、既に自身の主演作品の最高記録を大きく超えている時点で、もう「マイルストーン達成」と言っても良いのかもしれませんね。🔚

via HollywoodReporter

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

映画、海外ドラマ、音楽、ビデオゲーム、ガジェット、自作ハイエンドPC、車、バイク、政治、経済、株式投資、格闘技、70年代のTVドラマ、超常現象などが大好きな湘南在住の管理人です。東京に住んでいた頃は、ハイエンドオーディオ、ハイエンドホームシアターなど趣味で実践していました。現在は、ソニー4KブラビアX9500Gの85インチで洋画、海外ドラマ、ビデオゲームをYAMAHAのA3070AVアンプ経由で5-1-4 9.1チャンネルのDolby Atmos環境で楽しんでいます。映画やゲームレビューはこのシステムかサブシステムのLG 55インチNANO91 4K 120Hzで検証しています。様々な幅広いジャンルでの経験で得た知識、見識をレビューやエッセイも含め、色々と書き綴って情報発信していきたいと思っています。尚、当サイトで書く内容は、あくまで個人的な好みや価値観での意見を書き綴っていますので、あしからず。 YOUTUBEチャンネルでは、高画質をモットーに4K解像度のゲームプレイ、PCゲームのベンチマーク動画、グラフィック比較動画に加えて他に好きなものなど、色々と公開していきたいと思いますので、お気に召したらチャンネル登録をよろしくお願いいたします。  https://www.youtube.com/user/hidebusa720