最速の日米同時配信が決まったゲーム・オブ・スローンズ前日譚 『ハウス・オブ・ザ・ドラゴン』公式サイトの登場人物解説の日本語訳で予習。

,

     

いよいよ8月22日月曜日に最速となる日米同時、日本ではUNEXTが独占配信する事が決定した『ゲーム・オブ・スローンズ:ハウス・オブ・ザ・ドラゴン』。

ゲーム・オブ・スローンズ 」の時代から約200年前、エミリア・クラークが演じたデナーリス・ターガリエンの数世代前の王の時代に遡り、ターガリエン家の終わりの始まり「ドラゴンのダンス(Dance of the Dragons)」と呼ばれる、ターガリエン家の内戦に至るまでの出来事、そしてその内戦そのものにも焦点を当てたストーリーとなっています。『ハウス・オブ・ザ・ドラゴン』シーズン1は、全10話構成となっています。

今回は、謎だったターガリエン一族の多くの人物が詳細に描かれそうです。更に、公開されているトレイラーを見ると、ターガリエン家の統治下にあるウェスタロスが舞台でスターク家、バラシオン家がターガリエン家に忠誠を誓う儀式?のようなシーンもあります。

そのほかにも、オリビア・クック演じるアリセント・ハイタワー妃、エマ・ダーシー演じる、レイニラ・ターガリエン王女(ヴィセーリス王の長女。ドラゴンライダーで、七王国初の女王となることを期待されている)など、興味深い登場人物が続々。。

そこで、本作が始まる前に、米国の公式サイトに掲載されている登場人物の簡単な公式解説があるので、日本語訳でご紹介したいと思います。8月22日の配信前に登場人物をある程度把握しておいても良いかもしれないので、お役に立てればと思います。

レイニラ・ターガリエン王女 (エマ・ダーシー

ヴィセーリス・ターガリエン国王の第一子で、ヴァリリアの純血を受け継ぎ、ドラゴンライダーであります。レイニラ・ターガリエンは、生まれながらにしてすべてを備えていると言う人もいますが、しかし彼女は男として生まれてはいません。

ヴィセーリス・ターガリエン王 (パディ・コンシダイン

ヴィセーリス・ターガリエンは、ウェスタロスの諸侯によって、ハレンホールの大評議会で老王ジェヘアリーズ・ターガリエンの後継者に選ばれました。温厚で思いやりがあり、そして礼儀正しい男でもあるヴィセーリス・ターガリエンは、祖父の遺志を継ぐことだけを願っています。しかし、『 ゲーム・オブ・スローンズ 』で嫌というほど学んだように、善人が必ずしも偉大な王になるとは限らない。。

デーモン・ターガリエン王子 (マット・スミス)

            

ヴィセーリス・ターガリエン王の実弟で、王位継承者。生粋の戦士であり、ドラゴンライダーであるデーモンは、ドラゴンの真の血を受け継いでいます。しかし、ターガリエンが生まれるたびに、神々は空中にコインを投げると言われています。。(要は、ターガリエン家で新たな子供が産まれる度に、王位継承権が混乱するという意味)

オットー・ハイタワー (リス・エヴァンス

                 
ヴィセーリス・ターガリエンの「王の手(キングス・ガード)」であるオットー・ハイタワー卿は、王と王国の両方に忠実かつ誠実に仕えています。しかし、ヴィセーリス・ターガリエン王の実弟である、デーモン・ターガリエン(マット・スミス)が王位継承者であることは、“王国の最大の脅威”であると考えています。

アリセント・ハイタワー (オリビア・クック

                    

彼女は、『王の手』であるオットー・ハイタワーの娘で、七つの王国の中で最も美しく魅力的な女性。赤の王城(レッドキープ)で育ち、王とその側近の近くで過ごしたため、気品と鋭い政治的洞察力の両方を兼ね備えています。

コーリス・ヴェラリオン “ウミヘビ” (スティーヴ・トゥーサント

                  

ヴェラリオン家の領主。ヴァリリア人の血統は、ターガリアン家と同じ位に古いのです。ウェスタロスの歴史上、最も有名な海の冒険家「ウミヘビ」と呼ばれています。コーリス卿はヴェラリオン家をラニスター家よりも裕福で、世界最大の海軍と主張するまでに強力な座を築き上げました。

レーニス・ヴェラリオン王女 (イヴ・ベスト

                   

ドラゴンライダーであり、コーリス・ヴェラリオン卿の妻であった「存在しなかった女王」は、王位継承者として大評議会で見送られました。なぜなら、彼女の従兄弟であるヴィセーリス・ターガリエンが男性であるという理由だけで支持されたからです。

クリストン・コール卿

                   

ドーンの血を引くサー・クリストンは、ブラックヘイヴンの領主の執事の息子として生まれた平民であります。土地や肩書きはなく、あるのは自身の名と己の名誉、そして卓越した剣の腕だけです。

ミサリア (ソノヤ・ミズノ

                  

彼女は何も持たずにウェスタロスに来ましたが、何度も売られ、そして彼女は堕落していったかもしれません。しかし、彼女は王位継承者であるデーモン・ターガリエン王子が最も信頼し、そして最も思いがけない味方にまで上り詰めたのです。


米国の公式ページの解説はこんな感じです。この解説見ていると、結構な火種があちこちにありそうな予感。。後は8月22日の配信開始までに再度、『ゲーム・オブ・スローンズ』を全て見直して、テンション上げて備えるのも良いかもしれませんね。

🔚

via HBO Housen of The Dragon

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

映画、海外ドラマ、音楽、ビデオゲーム、ガジェット、自作ハイエンドPC、車、バイク、政治、経済、株式投資、格闘技、70年代のTVドラマ、超常現象などが大好きな湘南在住の管理人です。東京に住んでいた頃は、ハイエンドオーディオ、ハイエンドホームシアターなど趣味で実践していました。現在は、ソニー4KブラビアX9500Gの85インチで洋画、海外ドラマ、ビデオゲームをYAMAHAのA3070AVアンプ経由で5-1-4 9.1チャンネルのDolby Atmos環境で楽しんでいます。映画やゲームレビューはこのシステムかサブシステムのLG 55インチNANO91 4K 120Hzで検証しています。様々な幅広いジャンルでの経験で得た知識、見識をレビューやエッセイも含め、色々と書き綴って情報発信していきたいと思っています。尚、当サイトで書く内容は、あくまで個人的な好みや価値観での意見を書き綴っていますので、あしからず。 YOUTUBEチャンネルでは、高画質をモットーに4K解像度のゲームプレイ、PCゲームのベンチマーク動画、グラフィック比較動画に加えて他に好きなものなど、色々と公開していきたいと思いますので、お気に召したらチャンネル登録をよろしくお願いいたします。  https://www.youtube.com/user/hidebusa720