カプコン、過去最高益を更新「バイオハザード:ビレッジ」の販売本数が610万本を突破

, , ,

     

カプコンは、2022年3月期の最新決算で、バイオハザード:ヴィレッジの販売本数が、610万本に達した事が明らかに。

主にデジタルコンテンツが牽引、最近のゲームソフトの売上が堅調に推移したことから、今年も過去最高益を更新、相変わらず好調なようです。

「バイオハザード:ヴィレッジ」は、昨年2021年10月の時点で全世界の出荷本数が500万本を達成していました。

「バイオハザード」シリーズで最も売れたゲームは、2017年に発売された「バイオハザード7:」の1,000万本、2019年に発売された「バイオハザード2」リメイク版は900万本を達成しています。

カプコンは現在、「ストリートファイター6」を開発中と発表していますが、現時点では詳細な事は分かっていません。

そして、個人的にも大変気になる『バイオハザード4』のリメイク版を開発中であることも広く知られています。

『バイオハザード4』のリメイク版開発は、「バイオハザード3」のリメイク版を開発したプラチナゲームズの南達也前社長が率いるカプコンの新しい「セカンドパーティ」スタジオであるM-Twoスタジオ(カプコンが一部出資?)で開発が進められているとの情報がインサイダーからリークされていましたが、VGCによると、「バイオハザード4」のリメイク版の開発の方向性が大幅に変更されたようで、これによってM-Twoスタジオの関与が大幅に縮小され、代わりにカプコンのDivision 1(バイオハザードとデビル メイ クライを担当する社内チーム)が「バイオ4」リメイク・プロジェクトの指揮を執ることになった言われています。

関連記事:カプコンが開発中の『バイオハザード4』のリメイク版、開発の方向性の違いで、開発遅延か

噂では、リリースが当初の予定である2022年から1年遅れて2023年になる可能性があるとの事。

VGCによると、M-Twoスタジオは「メタルギア・ライジング」や「ベヨネッタ2」チームの開発者を含む元プラチナムゲームズの従業員で構成されているらしいです。

バイオハザード4のリメイク、個人的に非常に楽しみにしているので、遅きても年末には発売して欲しいなと、、願っています。🔚

via 日経:カプコン2022年3月期決算短信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

映画、海外ドラマ、音楽、ビデオゲーム、ガジェット、自作ハイエンドPC、車、バイク、政治、経済、株式投資、格闘技、70年代のTVドラマ、超常現象などが大好きな湘南在住の管理人です。東京に住んでいた頃は、ハイエンドオーディオ、ハイエンドホームシアターなど趣味で実践していました。現在は、ソニー4KブラビアX9500Gの85インチで洋画、海外ドラマ、ビデオゲームをYAMAHAのA3070AVアンプ経由で5-1-4 9.1チャンネルのDolby Atmos環境で楽しんでいます。映画やゲームレビューはこのシステムかサブシステムのLG 55インチNANO91 4K 120Hzで検証しています。様々な幅広いジャンルでの経験で得た知識、見識をレビューやエッセイも含め、色々と書き綴って情報発信していきたいと思っています。尚、当サイトで書く内容は、あくまで個人的な好みや価値観での意見を書き綴っていますので、あしからず。 YOUTUBEチャンネルでは、高画質をモットーに4K解像度のゲームプレイ、PCゲームのベンチマーク動画、グラフィック比較動画に加えて他に好きなものなど、色々と公開していきたいと思いますので、お気に召したらチャンネル登録をよろしくお願いいたします。  https://www.youtube.com/user/hidebusa720