SIE ジム・ライアンCEO「転売屋やボットがPS5の在庫を手に入れているのは、本当にイライラするし、腹立たしい。」

,

ソニーのプレイステーションの最大の課題は、PS5用のゲームを作ることではなく、まずはプレイステーション5を本当に欲しいユーザーに多く届けることにあるようです。

ソニーによると、今年は3月末までに過去最高の780万台のPS5を出荷しましたが、プレイステーション5の需要は高く、チップ不足(通信系チップ?)で生産が圧迫され、十分な量を供給する事が出来ず、PS5 の入手がいまだに困難な状況にあります。

そのせいか、最近一部の市場国では、PS5の販売台数がマイクロソフトのXbox Series X|Sに及ばない月もあるようです。

SIE(ソニー・インタラクティブ・エンターテインメント)CEOでプレイステーションのボスでもある、ジム・ライアン氏はAxiosのインタビューで、

“特に、転売屋やボットが在庫を手に入れたりすると、本当にイライラするし、腹立たしい。”

と述べ、転売屋やボットによる組織的な買い占めには、相当お怒りのご様子。。

ソニーは、PS5を「本当に欲しいユーザー」に届けるために、小売パートナーとともに「信じられないほど努力している」と述べ、そのための方法として、ソニー独自の配信サービス「PlayStation Direct」を考えているようです。2022年3月末までに、欧州でも開始する予定との事です。

Axiosのインタビューでは、ジム・ライアン氏がモバイル展開を視野に入れ、近いうちに何か発表出来るかもしれないと予告した事、自社タイトルのゲームを超えたメディア展開いついてなど、様々な事について語っています。

🔚

via Axios Gaming

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

映画、海外ドラマ、音楽、ビデオゲーム、ガジェット、自作ハイエンドPC、車、バイク、政治、経済、株式投資、格闘技、70年代のTVドラマ、超常現象などが大好きな湘南在住の管理人です。東京に住んでいた頃は、ハイエンドオーディオ、ハイエンドホームシアターなど趣味で実践していました。現在は、ソニー4KブラビアX9500Gの85インチで洋画、海外ドラマ、ビデオゲームをYAMAHAのA3070AVアンプ経由で5-1-4 9.1チャンネルのDolby Atmos環境で楽しんでいます。映画やゲームレビューはこのシステムかサブシステムのLG 55インチNANO91 4K 120Hzで検証しています。様々な幅広いジャンルでの経験で得た知識、見識をレビューやエッセイも含め、色々と書き綴って情報発信していきたいと思っています。尚、当サイトで書く内容は、あくまで個人的な好みや価値観での意見を書き綴っていますので、あしからず。 YOUTUBEチャンネルでは、高画質をモットーに4K解像度のゲームプレイ、PCゲームのベンチマーク動画、グラフィック比較動画に加えて他に好きなものなど、色々と公開していきたいと思いますので、お気に召したらチャンネル登録をよろしくお願いいたします。  https://www.youtube.com/user/hidebusa720