【ブルームバーグ報道】『CALL OF DUTY』来年2023年は、新作コアタイトルが登場しない模様。

, , ,

     

Bloombergの報道(Jason Schreier氏)によると、当初来年に予定されていたTreyarchスタジオで開発中の『Call of Duty』の新作は延期されるとのこと。

つまり、来年2023年は2004年以来、伝統的に毎年続いてきた『Call of Duty』のコアゲームの新作が出ないと言う事になります。

このCODのスケジュール変革は、マイクロソフトの判断ではなく、最新作である『Call of Duty: Vanguard』の不評を受けて、Activisionの幹部が決めたとの事。

アクティビジョンは、来年1年間の空白を埋めるためにファンに定評のあるInfinity Wardスタジオ開発の「Call of Duty: Modern Warfare 2」と「Warzone 2」の継続的なサポートと収益で補う計画のようです。

『Black Ops』シリーズで知られるTreyarchスタジオは、来年新しい無料プレイ(Free to Play)のオンラインタイトル(おそらくWarzoneシリーズとは別物になるとの噂)にも貢献すると言われているようです。

正直なところ、毎年リリースされている「COD」やや食傷気味であった事は確かですね。。私もCOLD WARは購入しましたが、「Vanguard」は購入していません。

今年は「HALO INFINITE」が評判が良く、その影響もあったとの報道もありますが、明らかにユーザーも食傷気味なのは確かでしょう。

そしてこちらも不評で問題になっている「バトルフィールド2042」は、別問題かもしれませんが、、w

長く続いてきた『CALL OF DUTY』も『WARZONE』があるように、そろそろ毎年というスパンを見直すべき時が来たのかもしれません。🔚

via ブルームバーグ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

映画、海外ドラマ、音楽、ビデオゲーム、ガジェット、自作ハイエンドPC、車、バイク、政治、経済、株式投資、格闘技、70年代のTVドラマ、超常現象などが大好きな湘南在住の管理人です。東京に住んでいた頃は、ハイエンドオーディオ、ハイエンドホームシアターなど趣味で実践していました。現在は、ソニー4KブラビアX9500Gの85インチで洋画、海外ドラマ、ビデオゲームをYAMAHAのA3070AVアンプ経由で5-1-4 9.1チャンネルのDolby Atmos環境で楽しんでいます。映画やゲームレビューはこのシステムかサブシステムのLG 55インチNANO91 4K 120Hzで検証しています。様々な幅広いジャンルでの経験で得た知識、見識をレビューやエッセイも含め、色々と書き綴って情報発信していきたいと思っています。尚、当サイトで書く内容は、あくまで個人的な好みや価値観での意見を書き綴っていますので、あしからず。 YOUTUBEチャンネルでは、高画質をモットーに4K解像度のゲームプレイ、PCゲームのベンチマーク動画、グラフィック比較動画に加えて他に好きなものなど、色々と公開していきたいと思いますので、お気に召したらチャンネル登録をよろしくお願いいたします。  https://www.youtube.com/user/hidebusa720