【声明文日本語訳】ホラー・アドベンチャー・ゲーム『Martha Is Dead』一部シーンが強烈すぎる描写のため、PS5、PS4版が修正版に変更。PC、Xbox版は無修正の完全版。

, , ,

    

Wired Productionsが発売、LKA開発のホラー・アドベンチャーゲーム『Martha Is Dead』ですが、どうやら一部のシーンでかなり強烈なシーンがあるようで、一部のプレイヤーにかなりの不快を与えるとして、ソニー(SIE)は修正を決めたようで、Wired Productionsが公式声明をリリースしています。同スタジオのSNSでも声明文が掲載されています。

以下、声明文を日本語訳しましたので、掲載しておきます。

「Martha Is Dead」は、大人の方のみにオススメのナラティブ・アドベンチャー・ゲームです。プレイには、一部のプレイヤーを苦しめる可能性のある不快なシーンやテーマが含まれています。Wired ProductionsとLKAの両社は、2019年にゲームが発表されて以来、プレイ中の繊細な描写を一貫してメディアに伝えるなど、「Martha Is Dead」のコンテンツについて常にオープンで誠実な姿勢を貫いてきました。このようなコンテンツは、プレイ開始前にゲーム内で明確に繰り返し表示されます。

PS5版、PS4版では、一部の要素がプレイできなくなるなど、体験を修正しなければならないことを残念に思っています。

4年以上にわたる情熱と努力の結果、Developer LKAはこのような予定外の変更を行うために特別な時間を必要としています。

『Martha Is Dead』は、結果的に2022年2月24日(木)にPS5とPS4の両方でデジタル版を発売することに変わりはありません。しかし、ディスクパッケージ版の小売リリースは、数週間程度になると思われますが、延期されます。

ディスク・パッケージ版には、ボーナス・コンテンツとして両面ポスター、デジタル・タロットカード、『Martha Is Dead Digital シングルEP』が含まれています。

出荷日については情報が入り次第、プレイヤーの皆様にお知らせいたします。

なお、PC版、Xbox版の『Martha Is Dead』は、これらの影響を受けず、予定通り編集されていない無修正の完全なゲームで発売されます。

2022年2月24日(木)に、LKAの作品をプレイヤーの皆様に体験していただけることを楽しみにしています。

Wired Productions、LKA


ということで、どうやら「不快で刺激的なシーン」がソニー(SIE)には許容出来ないと判断し、許可出来なかったようです。どのようなシーンなのかは、既にいくつかのメディアが報じていますが、ネタバレになるので敢えて触れません。

見たいのに、ダメと言われると、どうしても見たくなってしまうもの。ですので、無修正にこだわる方は、PC版かXBOX版をチョイスした方が良いかもしれません。情報によると、XBOX版は日本語表示にも対応しているようなので、自分はXBOX版をチョイスしようと思います。

via Wired Productions 「Martha Is Dead」公式ページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

映画、海外ドラマ、音楽、ビデオゲーム、ガジェット、自作ハイエンドPC、車、バイク、政治、経済、株式投資、格闘技、70年代のTVドラマ、超常現象などが大好きな湘南在住の管理人です。東京に住んでいた頃は、ハイエンドオーディオ、ハイエンドホームシアターなど趣味で実践していました。現在は、ソニー4KブラビアX9500Gの85インチで洋画、海外ドラマ、ビデオゲームをYAMAHAのA3070AVアンプ経由で5-1-4 9.1チャンネルのDolby Atmos環境で楽しんでいます。映画やゲームレビューはこのシステムかサブシステムのLG 55インチNANO91 4K 120Hzで検証しています。様々な幅広いジャンルでの経験で得た知識、見識をレビューやエッセイも含め、色々と書き綴って情報発信していきたいと思っています。尚、当サイトで書く内容は、あくまで個人的な好みや価値観での意見を書き綴っていますので、あしからず。 YOUTUBEチャンネルでは、高画質をモットーに4K解像度のゲームプレイ、PCゲームのベンチマーク動画、グラフィック比較動画に加えて他に好きなものなど、色々と公開していきたいと思いますので、お気に召したらチャンネル登録をよろしくお願いいたします。  https://www.youtube.com/user/hidebusa720