Xboxボス、フィル・スペンサー氏「コンソール戦争にエネルギーを使う事はない。」

amazon | Game | Google | Microsoft | PC | SONY | 任天堂

マイクロソフトのXBOX部門のボスであるフィル・スペンサー氏は、Xboxがライバルのゲーム機メーカーと競争しているとは考えておらず、「業界がどのように成長しているかにフォーカスしている。」と述べています。

Edgeマガジンの最新号に掲載されたインタビューで、コンソール戦争について

「私は、“Xboxが大きくなるために、どうやって他のゲームプラットフォームを小さくさせるか“ ということにエネルギーを使うことはありません。ゲームという“パイ“が大きくなっていくことに興味があり、私たちの“パイ“が他の人の“パイ“を食べてしまうということには関心がありません。そのために、クロスプレイやクロスセーブなどに力を入れています。」

例えば、私があなたと一緒にゲームをすることが出来ないのは、あなたが買ったゲーム機と私が買ったゲーム機の違いを理由にすべきではないと考えています。そういった人工的な障壁を設けてしまうと、業界の発展にはつながりません。

フィル・スペンサー氏は昨年、

「私たちは、任天堂やソニーには敬意を払っていますが、今後はアマゾンやグーグルが主な競争相手になると考えている。任天堂やソニーを軽視しているわけではありません。彼らは我々のAzureを再現しようとするかもしれませんが、私たちは何年にもわたってクラウドに数百億ドルを投資してきているのです。

アマゾンやグーグルが世界中の70億人にどうやってゲームを提供するかに注力している中で、任天堂やソニーとフォーマット戦争で争いたくはないですね。」

と述べています。

フィル・スペンサーさんからしたら、「グーグルやアマゾンといった巨人がゲームに参入してきているのに、コンソールフォーマット争いをしている場合ではない。」という事なんでしょうね。

今後ネットインフラ、5Gなどのワイヤレス通信インフラが更に整備されて進化していくと、クラウドゲーミングが主流になってしまう可能性すらあると思われます。そうなると、既存のハードウェアコンソールでプレイするというスタイルも将来的になくなる可能性もありますが、フィル・スペンサー氏はハードウェアの重要性に関してまだまだ必要と見解は示してはいます。

しかしスペンサー氏は、Xboxクラウドゲーミングアプリを、現在のスマートTVにXboxゲームパスのゲームがプレイ出来るようにするアプリをTVメーカー企業と準備している事を明かしています。これによって、XBOXがなくてもコントローラーさえあれば、TVを通してゲームパスにもアクセス出来るようになり、ゲームパスへの間口が更に拡大する事になります。

現在、Xbox Series XとLGがオフィシャル・パートナーTVとして提携しているので、この良好な関係から推測するに、Xboxクラウドゲーミングアプリは、LGのTVにいち早く搭載されるのでしょうか、、

ソニーやセガがマイクロソフトとクラウドゲーミングやAzureシステムなどで提携したのも、そういった未来を見据えているからかもしれません。🔚

via Edgeマガジン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

映画、海外ドラマ、音楽、ビデオゲーム、ガジェット、自作ハイエンドPC、車、バイク、政治、経済、株式投資、格闘技、70年代のTVドラマ、超常現象などが大好きな湘南在住の管理人です。東京に住んでいた頃は、ハイエンドオーディオ、ハイエンドホームシアターなど趣味で実践していました。現在は、ソニー4KブラビアX9500Gの85インチで洋画、海外ドラマ、ビデオゲームをYAMAHAのA3070AVアンプ経由で5-1-4 9.1チャンネルのDolby Atmos環境で楽しんでいます。映画やゲームレビューはこのシステムかサブシステムのLG 55インチNANO91 4K 120Hzで検証しています。様々な幅広いジャンルでの経験で得た知識、見識をレビューやエッセイも含め、色々と書き綴って情報発信していきたいと思っています。尚、当サイトで書く内容は、あくまで個人的な好みや価値観での意見を書き綴っていますので、あしからず。 YOUTUBEチャンネルでは、高画質をモットーに4K解像度のゲームプレイ、PCゲームのベンチマーク動画、グラフィック比較動画に加えて他に好きなものなど、色々と公開していきたいと思いますので、お気に召したらチャンネル登録をよろしくお願いいたします。  https://www.youtube.com/user/hidebusa720