【バイク乗りは要注意】Apple、オートバイの高出力時のエンジン振動が、iPhoneのカメラに悪影響を及ぼす可能性があると警告。

Apple | 家電

Appleによると、バイクなどのエンジンが高回転時の激しい振動をiPhoneが受けた場合、iPhoneのカメラに悪影響を及ぼす可能性があると警告文を掲載(英語)しているようです。文書は9月10日付で掲載されています。

日本語サポートページでも検索してみましたが、自分が探した範囲ではまだ見当たりませんでした。

Appleによると、OIS(光学式手ぶれ補正)やクローズド・ループオートフォーカス(AF)機能を搭載したiPhoneのカメラレンズは、画像や動画を撮影する際に手ぶれを最小限に抑えるためにジャイロ・スコープや磁気センサーを使用しているため、破損しやすいとのことです。

Appleは、iPhoneのカメラをそういった事から守るために避けるべきことを説明しています。以下はアップルの説明。

高出力・大排気量の二輪車用エンジンは、高振幅の激しい振動を発生させ、その振動が車体やハンドルを通じて伝わります。高出力または大排気量のエンジンを搭載した二輪車にiPhoneを取り付けることは、それらが発生する特定の周波数帯における振動振幅があるため、推奨しません。

原付やスクーターなど、エンジンの容積が小さい車両や電動車両にiPhoneを装着すると、比較的小さな振動が発生する場合があります。その場合は、iPhoneやOIS・AFシステムの破損のリスクを軽減するために、防振マウントをお勧めします。また、損傷のリスクをさらに軽減するために、長時間日常的に使用する事は避けることをお勧めします。

アップルはOISとクローズドループAFに対応するiPhoneのリストも掲載しています。

  1. 「OIS」は、iPhone 6 Plus、iPhone 6s Plus、およびiPhone SE(第2世代)を含むiPhone 7以降。なお、iPhone 11以降のウルトラワイドカメラや、iPhone 7 PlusおよびiPhone 8 PlusのテレフォトカメラにはOISが搭載されていません。
  2. クローズドループAFは、iPhone SE(第2世代)を含むiPhone XS以降の機種

ま、簡単に言えば、ここ数年の機種は全てリスク対象機種という事です。

MacRumorsでは、iPhoneユーザーがマウンテンバイク(MTB)に乗っている状況でも、iPhoneのカメラにダメージを受けたと訴えるレポートがあり、iFIXITの ディスカッション・フォーラムでもいくつかあったようです。

しかし、バイクだけでなく、MTBでもあるようで驚きました。ま、MTBもかなりラフな場所を走行し振動はかなりあるので、そうなのかもしれません。通常の街中乗り程度でしたら大丈夫そうです。

Appleがこの文書を掲載した事からも、この様に少なからず報告があったので掲載したんでしょうね。。バイク乗りは要注意です。🔚

via MacRumors

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

映画、海外ドラマ、音楽、ビデオゲーム、ガジェット、自作ハイエンドPC、車、バイク、政治、経済、株式投資、格闘技、70年代のTVドラマ、超常現象などが大好きな湘南在住の管理人です。東京に住んでいた頃は、ハイエンドオーディオ、ハイエンドホームシアターなど趣味で実践していました。現在は、ソニー4KブラビアX9500Gの85インチで洋画、海外ドラマ、ビデオゲームをYAMAHAのA3070AVアンプ経由で5-1-4 9.1チャンネルのDolby Atmos環境で楽しんでいます。映画やゲームレビューはこのシステムかサブシステムのLG 55インチNANO91 4K 120Hzで検証しています。様々な幅広いジャンルでの経験で得た知識、見識をレビューやエッセイも含め、色々と書き綴って情報発信していきたいと思っています。尚、当サイトで書く内容は、あくまで個人的な好みや価値観での意見を書き綴っていますので、あしからず。 YOUTUBEチャンネルでは、高画質をモットーに4K解像度のゲームプレイ、PCゲームのベンチマーク動画、グラフィック比較動画に加えて他に好きなものなど、色々と公開していきたいと思いますので、お気に召したらチャンネル登録をよろしくお願いいたします。  https://www.youtube.com/user/hidebusa720