【コスト削減?】新型番のPS5は、なぜ約300g近くも軽くなったのか?

Game | Microsoft | SONY

型番の変わった新型PlayStation5ですが、何故か初期型と比べると約300g軽くなっているそうです。約300gと言えば、結構な重さです。一体、何が減って軽くなったのでしょうか?

著名なYOUTUBERのオースチン・エヴァンスが、早速新型番のPS5を入手し比較検証を行なっています。

開封した動画を見ると、日本から到着したようで開封ではNojimaの箱とニトリの袋が気になりますがw、型番はCFI-1015BからCFI-1100B 01に変更されています。

重さは初期型のデジタルエディションが3828gに対し、新型番は3540gになっており、正確には288g軽くなっています。

更に縦置き用のスタンドのねじ穴とネジ自体の大きさが変わり、新型番の方がネジが大きくなっています。そして、背面から聞こえるファンノイズの比較では初期版が43.5デシベルに対し、新型番は42.1デシベルで僅かに静かなようです。

そして背面の排気口温度比較では初期型が52度、新型は55度になっており、新型番では排気温度が3度高くなっているようです。

消費電力比較では初期型が225W、新型番が230W。消費電力も5Wと若干上がっているようです。これは=熱の発生も増すことを意味します。

個人的に気になったのは、冷たい空気を取り入れてヒートシンクに当てる為のファンです。形状が大きく変更されたようで、新型番の方がよりブレードの切り込みが深くなり、ブレードの面積も拡大しています。これは、より大量のエアを取り入れるように改良された事が一目瞭然です。ファンの重量は新旧共に全く同じ257gと変わらないようです。

そして、驚いたのがヒートシンク。新型番では銅板がなくなり、ヒートシンクが大幅にシンプルになっています。見た感じで30%近く小さくなった印象です。

この事から推察する限りでは、ソニーは決算の場で「PS5製造コストを下回る戦略的価格設定による損失」と、PS5が逆ザヤ(赤字)である事が明らかにされており、2021年度の目標として「ハードウェアの収益性改善」が明記されている事から、おそらく一番コストのかかる銅板やヒートシンクを減らし、それをブレード面積を拡大し冷却効率を上げた冷却ファンで補うという考えなのかもしれません。

排気口温度が上がるというのは、つまりは熱をしっかり吸い出しているという考え方も出来ますし、悪く考えればヒートシンクの容積減少で放熱温度が上がり、内部温度上昇などの面で不安という考え方も出来ます。

しかし、これだけ冷却フィン構成を減らした上に、放熱効率の良い銅板を排除して大丈夫なのかな?と素人考えには思います。YOUTUBERのオースチン・エヴァンスは、銅板とアルミヒートシンク容積減少による放熱効率減少の懸念、そして追加SSDスロットの冷却面の不安からも新型番PS5は良くない。と結論しています。

私も正直、ここまでヒートシンクを削減したことに驚きました。

しかし、ソニーはPS5発売以来、世界中のPS5コンソールの使用状況や各所に設けている温度センサーによるデータを収集しており、ファームウェアでファン回転数など変更を加える事もアナウンスしていたので、もしかするとそういったデータを元に新型番のヒートシンクでも十分使用に耐えうると判断したのかもしれません。

とは言え、最大の理由はやはり前述の「PS5の逆ザヤ解消の為のコスト削減」が一番の理由に違いないでしょう。この様に、マイナーチェンジの痕跡を見るに、ソニーがPS5の価格設定と冷却面、そしてコスト問題で苦しんでいた事が分かり、以前ブルームバーグで報道された冷却システムのコストなどの内容は間違っていなかったのかな、、とも感じます。

そう考えると、Xbox Series Xのコンソール史上初の2分割マザーボードや巨大な銅製プレートとアルミブロックのヴェイパーチェンバーヒートシンクなど、冷却、冷却効率など本当に良く出来ているなと感じます。

via AustinEvans Youtube Channel

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

映画、海外ドラマ、音楽、ビデオゲーム、ガジェット、自作ハイエンドPC、車、バイク、政治、経済、株式投資、格闘技、70年代のTVドラマ、超常現象などが大好きな湘南在住の管理人です。東京に住んでいた頃は、ハイエンドオーディオ、ハイエンドホームシアターなど趣味で実践していました。現在は、ソニー4KブラビアX9500Gの85インチで洋画、海外ドラマ、ビデオゲームをYAMAHAのA3070AVアンプ経由で5-1-4 9.1チャンネルのDolby Atmos環境で楽しんでいます。映画やゲームレビューはこのシステムかサブシステムのLG 55インチNANO91 4K 120Hzで検証しています。様々な幅広いジャンルでの経験で得た知識、見識をレビューやエッセイも含め、色々と書き綴って情報発信していきたいと思っています。尚、当サイトで書く内容は、あくまで個人的な好みや価値観での意見を書き綴っていますので、あしからず。 YOUTUBEチャンネルでは、高画質をモットーに4K解像度のゲームプレイ、PCゲームのベンチマーク動画、グラフィック比較動画に加えて他に好きなものなど、色々と公開していきたいと思いますので、お気に召したらチャンネル登録をよろしくお願いいたします。  https://www.youtube.com/user/hidebusa720