【DigiTimes報道】アップル・シリコン「M1」の後継「M2」の出荷が2022年に遅れる模様。

アップルの自社製チップ、アップルシリコン「M1」の後継機種となる「M2」、当初の噂では2021年中に発売する計画があったようですが、DigiTimesの報道によると、AppleはM2を2022年初頭に導入する予定だとしています。

しかも報道ではMacBook Airと一緒に導入される可能性についても言及されています。

ツイッターユーザーの@RetiredEngineerがDiGiTime報道から重要なポイントピックアップしています。

2022年初頭または22年上半期に延期されると噂されている「M2」は、新型MacBook Airでデビュー予定で、2021年秋に発売される新しいMacBook Proには、M2ではなくM1Xが採用されるかもしれないとの事。

「M1X」は、「M1」と同じコアアーキテクチャで、「A14」と同じFirestormとIcestormを使用する可能性が高いとの事。「M1X」のパフォーマンスは「M1」よりも向上するでしょうが、「M2」のような期待されるアップグレードは行われないだろうとの事。

M2」の最大の変更点は、4nmプロセスを採用することで、「M1」と「M1X」はともに5nmプロセスを採用「M1X」は現行の「M1」が採用している5nmプロセスの強化版であるN5Pを採用しています。

噂によると、「M1X」は「M1」の4+4の構成とは異なり、8つの「パフォーマンス」コアと2つの「エフィシェンシー」コアからなる10コアのCPUらしい。

「M1X」の統合GPUのコア数は、「M1」の8コアと比較して1倍から4倍に増加する可能性がある。

アップルは、「M1X」を搭載した新しいMac Miniを発売する可能性もあるようです。

予想に反して、「M2」は新しいコア・アーキテクチャとプロセスノードを採用しているにもかかわらず、M2のCPUのコア数は少なくなるようで、これはクロックが速くなる可能性があることを意味します。また、M2は次世代のアーキテクチャであり、A15と同じベースで作られていると思われるとの事。

「M2」がMacbook Proではなく、新型Macbook Airで2022年デビュー予定というのには、ホント??と驚きましたが、また今後変わる可能性もあるかもしれませんし、やはり半導体不足の影響が大なり小なり出ているようです。🔚

via Twitter@RetiredEngineer, DigiTimes tw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

映画、海外ドラマ、音楽、ビデオゲーム、ガジェット、自作ハイエンドPC、車、バイク、政治、経済、株式投資、格闘技、70年代のTVドラマ、超常現象などが大好きな湘南在住の管理人です。東京に住んでいた頃は、ハイエンドオーディオ、ハイエンドホームシアターなど趣味で実践していました。現在は、ソニー4KブラビアX9500Gの85インチで洋画、海外ドラマ、ビデオゲームをYAMAHAのA3070AVアンプ経由で5-1-4 9.1チャンネルのDolby Atmos環境で楽しんでいます。映画やゲームレビューはこのシステムかサブシステムのLG 55インチNANO91 4K 120Hzで検証しています。様々な幅広いジャンルでの経験で得た知識、見識をレビューやエッセイも含め、色々と書き綴って情報発信していきたいと思っています。尚、当サイトで書く内容は、あくまで個人的な好みや価値観での意見を書き綴っていますので、あしからず。 YOUTUBEチャンネルでは、高画質をモットーに4K解像度のゲームプレイ、PCゲームのベンチマーク動画、グラフィック比較動画に加えて他に好きなものなど、色々と公開していきたいと思いますので、お気に召したらチャンネル登録をよろしくお願いいたします。  https://www.youtube.com/user/hidebusa720