【遂に公開】アメリカ政府が公開した 公式UFO報告書 全9ページの全文日本語訳。

米国政府の国家情報長官室が遂に公開したUAP(未確認空中現象:米軍ではUFOではなくUAPと呼称)レポートが公開されました。トランプ大統領が200兆円にも及ぶ巨額の新型コロナウィルス救済法案の中に盛り込まれていた2021年情報認可法によるUAP情報の公開命令から公開されたわけですが、非機密化された情報が今回の9ページに渡る文書です。

正直、今回の文書はあくまで“非機密化“、要は機密解除された内容が中心でもあるので、当然、核心に迫るような内容の機密情報は公開されませんので、何ら目新しい驚くような情報がないのは予想通りでしたが、思っていた以上に今回のUAPには真剣に取り組んでいるな。。という印象です。

民間航空会社や軍でUFO目撃やそれらの類の話をすると、嘲笑されキャリアはお終いという悪しき風潮にも言及しており、UAP目撃報告はしっかりと報告すべきだとも言っているので、これによって報告数を増やそうという意図もありそうで、これも大きな変化になるかもしれません。

各省庁間での情報共有から、UAPTF(UAPタスクフォース)への協力体制の構築など、大きな情報公開へのステップアップの始まりなのかなと感じます。更にUAP問題に沈黙を保っている米空軍との情報共有にも言及しているのは興味深いですね。

2004年のニミッツUAP遭遇事件や、ルーズベルトでのUAP遭遇事件では、巡洋艦のレーダーデータ、哨戒機(UAPが機体側面に出現し乗組員5人全員が目撃)などが先端機器で記録されたデータなどが、空軍の制服を着た人物2人が事件後僅か30分程度でヘリコプターで乗り込んで来て、貴重なUAPに関連するデータを全て持ち去ってしまった事が、当時の現場担当だった複数の軍当事者から証言されており、その詳細データを持っているはずの空軍が、UAPに関して不明、全く知らないという事は“あり得ない“ので、おそらく機密情報になっていると思われます。

とにかく、今まで未確認飛行物体の存在を見間違いなどと明確に否定して来た米国政府のスタンスが、「未確認飛行物体は明らかに物理的に存在し地球の上空を飛んでいて、安全保障が脅かされる可能性もある。」と大きく変化している事は間違いなく、大きな転換の時期とは言えます。

つまり、もうUAP(UFO)は存在する、しないの段階ではなく、明確に存在しそれはアメリカやロシア、中国などの兵器、秘密機体でもなく、今後の焦点はUAPの正体は一体何者なのか?という事になります。

文書を見る限り、UAPタスクフォースチームは今後も調査を意欲的に、しかも規模を拡大して継続する意思のようですので、今後の報告には非常に期待したいなと思います。


事前評価:未確認の空中飛行現象

この予備報告は、2021年度の情報認可法(IAA)に付随する上院報告116-233の規定に基づき、国家情報長官(ODNI)が国防長官(SECDEF)と協議の上、未確認航空現象(UAP)がもたらす脅威と、この脅威の理解における国防省未確認航空現象タスクフォース(UAPTF)の進捗状況に関する情報評価を提出することを目的としている。

本報告書は、政策立案者向けに、UAPがもたらす潜在的な脅威の特徴を明らかにすることに関連する課題の概要を示すとともに、米軍やその他の米国人向けに関連するプロセス、政策、技術、訓練を開発するための手段を提供しています。脅威を理解するための情報コミュニティ(IC:情報機関)の能力を高めるために、UAPに遭遇したときに米政府(USG)の職員を支援します。UAPTFディレクターは、UAPに関するデータのタイムリーな収集と統合を確保するための説明責任者でもあります。

本報告書に記載されているデータセットは、現在、主に2004年11月から2021年3月までに発生した事件に関する米国政府の報告に限定されています。データは現在も引き続き収集・分析されています。UAPTFとODNIの航空担当国家情報マネージャーが本報告書を起草し、USD(I&S), DIA(国防情報局), FBI, NRO(国家偵察局), NGA(アメリカ国家地理空間情報局), NSA(国家安全保障局), 空軍, 陸軍, 海軍, ONI(海軍情報局), DARPA(国防総省高等研究計画局), FAA(連邦航空局), NOAA(海洋大気局), NGA(アメリカ国家地理空間情報局), ODNI(国家情報長官), NIM-新興および破壊的テクノロジー, 国家情報長官 / 国家防諜安全保障センターからの情報を得た。

仮定

UAPを記録する様々な形態のセンサーは一般的には正しく動作し、初期評価に必要な十分な実データを取得します。しかし、UAPの中にはセンサーの異常に起因するものもあります。

エグゼクティブ・サマリー

未確認の空中現象(UAP)に関する質の高い報告書が少ないため、UAPの性質や意図についてしっかりとした結論を出すことができません。UAPTF(Unidentified Aerial Phenomena Task Force)「未確認空中現象タスクフォース」は、米軍やIC(Intelligence Community:情報機関)の報告書に記載されているUAPに関するさまざまな情報を検討しましたが、報告書には十分な具体性がなかったため、最終的にはUAP事象の分析に必要な十分なデータを提供するために、独自にカスタマイズされた報告プロセスが必要であると認識しました。

  • その結果、UAPTFは2004年から2021年の間に発生した報告書に集中して審査を行いました。これらの報告書の大半は、正式な報告書によってUAP事象をよりよく把握するために、この新しい調整されたプロセスの結果として作成されたものです。
  • 報告されたUAPの大半は、レーダー、赤外線、電気光学、ウェポンシーカー、目視観測など複数のセンサーで記録されていることから、おそらく物理的な物体を表していると思われる。

限られた数の目撃報告において、UAPが異常な飛行特性を示したと報告されている。これらの観測結果は、センサーのエラー、虚偽の報告、あるいは観測者の誤認の結果である可能性があり、さらに厳密な分析が必要です。

UAPには複数の種類があり、報告書に記載されている様々な外見や行動に基づいて、異なる説明が必要になることがあります。我々のデータ分析では、個々のUAP事件が解決された場合、それらは5つの説明可能なカテゴリーのいずれかに分類されるという仮説が支持されています:レーダー反射、自然大気現象、米国政府または米国企業の開発プログラム、外国の敵対的システム、そして「その他」のカテゴリーです。

UAPは明らかに飛行安全上の問題を抱えており、米国の国家安全保障にも影響を及ぼす可能性があります。安全性に関する懸念は主に、ますます混雑していく空域に立ち向かう飛行士にある。また、UAPが外国の敵の収集プラットフォームであったり、潜在的な敵が画期的な技術や破壊的な技術を開発した証拠となる場合には、国家安全保障上の課題となります。

連邦政府全体からの報告書の一貫した統合、報告書の標準化、収集・分析の強化、そしてそのような報告書すべてを関連する米国政府の広範なデータと照合してスクリーニングする合理的なプロセスにより、UAPのより高度な分析が可能となり、理解が深まる可能性が高いと考えられる。これらのステップの中には、リソースを必要とし、追加投資を必要とするものもあります。

入手可能な報告書はほとんど結論が出ていない

限られたデータでは、ほとんどのUAPは説明がつかない…

限られたデータと報告の不一致が、UAPを評価する上での重要な課題です。2019年3月に海軍が専門部署を設立するまで、標準化された報告メカニズムは存在しませんでした。その後、空軍は2020年11月にその仕組みを採用しましたが、依然としてUSGの報告に限定されています。UAPTFは、調査中に、他の目撃報告結果について個人の話に基づいた話を定期的に耳にしている。しかし、それらの目撃者が公式または非公式の報告書に記載することはなかった。

これらの情報を慎重に検討した結果、UAPTFは、主に軍の飛行士が直接目撃したUAPに関する報告で、信頼できると思われるシステムから収集されたものに焦点を当てました。これらの報告書には、2004年から2021年の間に発生した目撃事件が記載されていますが、その大半は、新しい報告体制が軍航空コミュニティに周知され整った過去2年間に発生したものです。報告された1つのUAPを高い信頼性で特定することができました。その場合、その物体は大きく膨らんだ風船であることがわかりました。その他の目撃例は原因不明です。

  • 米軍からの報告は144件。そのうち80件がマルチセンサーによる観測であった。

ほとんどの報告書では、UAPは事前に計画された訓練やその他の軍事活動を妨害する物体とされている。

UAP収集の課題

UAPのデータ収集には、社会文化的な汚名、嘲笑、センサーの制限が依然として障害となっています。例えば、軍用機や民間機の飛行の安全性を確保するために、レーダー反射による誤認を適切に除去する方法などの技術的な課題は、航空業界では長年の課題となっていますが、UAPの問題セットには、固有の課題もあります。

  • オペレーションコミュニティの飛行士や、軍や情報機関のアナリストが、UAPを観察しそれを報告したり、同僚と話し合おうとしたりすると嘲笑、侮辱される事を語っている。科学界、政界、軍部、情報機関の幹部が公の場で真剣にこの問題(UAP)に取り組むようになったことで、これらのスティグマ(嘲笑、汚名、侮辱)の影響は軽減されましたが、風評被害のリスクにより多くの目撃者、遭遇経験者が沈黙し、この問題の科学的追求が困難になる可能性があります。
  • 米軍のプラットフォームに搭載されているセンサー類は通常、特定の使命、目的を果たすために設計されています。そのため、これらのセンサーは一般的にUAPの識別には適していません。
  • UAPを既知の物体と区別化し、UAPが画期的な航空宇宙能力を発揮しているかどうかを判断するには、センサーに有利な位置や同時に観測しているセンサーの数が非常に重要な役割を果たします。光学センサーは、相対的な物体のサイズ、形状、構造をある程度把握できるという利点があります。高周波センサーは、より正確な速度と範囲の情報を提供します。

しかし、いくつかの潜在的なパターンが浮かび上がってくる。

しかし、報告には大きなばらつきがあり、データセットが限られているため、詳細な傾向やパターンの分析はできませんが、しかし形状、サイズ、特に推進力に関して、UAPの観測結果にはいくつかのクラスタリングが見られました。また、UAPの目撃情報は、米軍の訓練・試験場周辺に集中する傾向があります。しかしこれは、注目度の高さ、最新世代のセンサーの稼働数の多さ、部隊の異常を報告するようにとの指導などにより、収集に偏りが生じているのではないかと評価しています。

そして、先進的な技術を披露するUAPが登場します。

18件の事件(21件の報告書に記載)では、観察者がUAPの異常な移動パターンや飛行特性を報告しています。

いくつかのUAPは、風の中で静止していたり、風に逆らって動いたり、推進手段を持たずにかなりの速度で加速して動いたりしていた。少数ではあるが、軍用機システムがUAPの目撃情報に関連した無線周波(RF)エネルギーと結びついたケースもある。

UAPTFでは、UAPが加速していると思われるデータや、ある程度のシグネチャーマネジメントを行っていると思われるデータを少量保有しています。これらのデータの性質と妥当性を判断するためには、複数のチームまたは技術専門家グループによる追加の厳密な分析が必要です。画期的な技術が実証されたかどうか、さらに分析を進めています。

UAPは、おそらく単一の説明を欠いている

この限られたデータセットで記録されたUAPは、様々な空中行動を示しており、異なる説明を必要とする複数のタイプのUAPが存在する可能性を強めています。我々のデータ分析は、個々のUAP事件が解決された場合、それらは5つの説明可能なカテゴリーのいずれかに分類されるという仮説を裏付けるものである。空中レーダー反射、自然大気現象、米国政府または産業界の極秘開発プログラム、外国の敵対的システム、そして「その他」という分類である。ただし、報告されたUAPが空中のレーダー反射、特に膨らんだ風船であると確信を持って判断した1件を除いて、現在のところ、目撃の原因を特定するための十分な情報がありません。現在、我々のデータセットには、目撃報告を特定の説明に帰するための十分な情報がありません。

空中クラッタ:鳥や気球、レジャー用の無人航空機(UAV)、ビニール袋のような空中のゴミなど、混沌とさせる物体のこと。また、敵機などの真のターゲットを識別するオペレーターの能力に影響を与えるもの。

大気の自然現象:大気の自然現象には、氷の結晶や湿気などがあります。また、赤外線やレーダーシステムの一部に記録される可能性のある熱揺らぎも含まれています。

米政府または産業界の発展的プログラム:UAPの観測結果の中には、米国の企業による開発や機密プログラムに起因するものもあります。しかし、これらのシステムが我々の収集したUAPレポートのいずれかを占めていることは確認できませんでした。

外国敵対勢力のシステム:UAPの中には、中国、ロシア、その他の国や非政府組織が展開する技術もあるかもしれません。

:我々のデータセットに記載されているUAPのほとんどは、データが限られていたり、収集処理や分析に課題があったりして、未確認のままであると思われます。このようなUAPの収集、分析、特性評価を成功させるためには、さらなる科学的知識が必要となるかもしれません。科学的な進歩によって理解が深まれば、このカテゴリーに分類されることになります。UAPTFは、UAPが異常な飛行特性やシグネチャ管理を行っていると思われる少数のケースに焦点を当てて追加分析を行う予定です。

航空機の安全性を脅かし、場合によっては国家の安全をも脅かすUAP。

UAPは飛行の安全性を損なうものであり、外国政府による米国の軍事活動に対する高度な情報収集や、潜在的敵国による画期的な航空宇宙技術を示すものがある場合、より広範に危険をもたらす可能性があります。

継続的な空域への懸念

飛行士は、安全上の問題に遭遇した場合、その問題を報告することが義務付けられています。演習場に侵入した際の危険物の位置、数、挙動によっては、パイロットがテストや訓練を中止し、航空機を着陸させることがある。これは報告を抑止する効果があります。

  • UAPTFは、パイロットがUAPとのニアミスを報告し、文書化された事例を11件報告しています。

潜在的な国家安全保障上の課題

現在のところ、UAPが他国の収集プログラムの一部であることを示すデータや、潜在的な敵対国による技術的進歩を示すようなデータはありません。特に、軍事施設の近くや米国政府の最新センサーシステムを搭載した航空機によってUAPが検出されていることから、防諜活動上の課題として、そのようなプログラムの証拠を引き続き監視しています。

UAPを説明するには、分析、収集、およびリソースへの投資が必要です。

レポートを標準化し、データを統合し、分析を深める

UAPTFの長期的な目標は、2021年度のIAAに付随する上院報告書116-233の規定に沿って、その作業範囲を拡大し、より広範な米国政府の人員と技術システムによって記録された追加のUAP事象を分析に含めることである。データセットの増加に伴い、UAPTFがデータ分析を利用して傾向を検知する能力も向上します。当初は、人工知能/機械学習アルゴリズムを採用し、データポイントの特徴における類似性やパターンをクラスター化して認識することに重点を置きます。このデータベースには、気象観測気球、高高度気球、超高圧気球、野生動物などの既知の空中物体からの情報が蓄積されているため、機械学習によってUAPレポートを事前に評価し、それらの記録がすでにデータベースに登録されている類似のイベントと一致するかどうかを確認することで、効率化を図ることができます。

  • UAPTFは、収集と分析の両方が十分な情報を得て調整されるよう、省庁間の分析・処理ワークフローの開発に着手しました。

UAPデータの大部分は米海軍の報告によるものですが、米軍全体で事件報告を標準化する取り組みが行われています。 また、特定の事件や関連する可能性のある米国の活動に関して、すべての関連データが確実に収集されるよう、米軍やその他の政府機関との連携も進められています。UAPTFは現在、米国空軍(USAF)を含む追加報告の取得に取り組んでおり、米連邦航空局(FAA)からのデータ受領も開始しています。

  • アメリカ空軍のデータ収集は歴史的に見ても限られたものでしたが、アメリカ空軍は2020年11月に6ヶ月間のパイロットプログラムを開始し、UAPに遭遇する可能性の高い地域での収集を開始しました。そして今後の収集、報告、分析を空軍全体でどのように標準化するかを評価しています。
  • FAAは、通常の航空管制業務の中で、UAPに関連するデータを取得しています。FAAは通常、パイロットやその他の空域利用者がFAAの航空交通機関に異常や予期せぬ出来事を報告する際にこのデータを取り込みます。
  • さらに、FAAはシステムの異常を継続的に監視しており、UAPTFが利用できる可能性のある追加情報を生成しています。FAAは、UAPTFにとって興味のあるデータを分離し、それを利用できるようにしています。FAAには強力で効果的なアウトリーチプログラムがあり、UAPTFが航空コミュニティのメンバーにUAPの報告の重要性を訴えるのに役立ちます。

コレクションの拡充

UAPTFは、「標準的な」UAP活動の基準とし、データセットの収集バイアスを軽減する方法として、米軍が駐留していないUAPクラスター地域の収集を増やすための斬新な方法を模索している。レーダーで撮影・保存された過去のデータを高度なアルゴリズムで検索するという案もあります。また、UAPTFは、現在の省庁間のUAP収集戦略を更新し、国防総省や諜報機関の関連する収集プラットフォームを活用する方法を計画しています。

研究開発への投資拡大

UAPTFは、研究開発のための追加資金を提供することで、本報告書に記載されたテーマの将来的な研究を進めることができると指摘しています。このような投資は、UAPコレクション戦略、UAP研究開発テクニカルロードマップ、UAPプログラムプランによって導かれるべきである。

APPENDIX A – 主要用語の定義

本レポートおよびUAPTFデータベースでは、以下の定義用語を使用しています。

Unidentified Aerial Phenomena(UAP):すぐには識別できない空中の物体の略。UAPの頭文字は、分析のために検討される空中物体の最も広いカテゴリーを表しています。

UAPイベント:パイロットまたは乗務員がUAPを目撃(または検知)した出来事を全体的に記述したもの。

UAPインシデント:イベントの具体的な部分です。

UAPレポート:検証された証拠保全を含むUAPイベントの文書化、そしてUAPの時間、日付、場所、説明などの基本的な情報が記載されています。UAPレポートには、レンジファウラー*1 レポートとその他のレポートがあります。

*1 米海軍の飛行士は、「レンジファウラー」を「軍事作戦地域や制限空域で、事前に計画された訓練やその他の軍事活動を妨害する行為や物体」と定義している。

APPENDIX B –2021年会計年度の情報認可法に付随する上院報告書。

2021年度の情報認可法に付随する上院報告書116-233では、DNI(国家情報長官)がSECDEF(国防長官)およびその他の関連する米政府機関の長と協議して、UAPによる脅威に関する情報評価を提出することが規定されている。そして、UAPTFがこの脅威を理解するために行った進捗状況についても報告することになっています。

上院レポートでは、特に以下の内容を要求していました。

1. UAPデータの詳細な分析、そして海軍情報部が収集・保有するデータや情報報告など、UAPTFが保有する情報報告。

2. 収集した未確認現象データを詳細に分析した結果

a. 地理空間情報

b. シグナル・インテリジェンス

c. 人間の知性 そして

d. 測定とシグネチャー・インテリジェンス

3. 米連邦捜査局(Federal Bureau of Investigation)のデータを詳細に分析したもので、米国の制限空域におけるUAPデータの侵入調査から得られたもの。

4. どのサービスまたは機関が情報を取得したかにかかわらず、連邦政府のすべてのUAP報告のタイムリーなデータ収集と集中分析を確保するための省庁間プロセスの詳細な説明。

5. ↑第4項に記載されたプロセスに責任を持つ担当者の特定。

6. UAPが国家安全保障に与える潜在的な航空宇宙またはその他の脅威の特定。および、このUAP活動が1つ以上の外国の敵対者に起因する可能性があるかどうかの評価。

7. 潜在的な敵対者が、米国の戦略的または通常の軍隊を危険にさらす可能性のある画期的な航空宇宙能力を獲得したことを示す事件やパターンの特定。

8. データ収集の強化、研究・開発の強化、追加資金、その他のリソースに関する提言。

via USgov

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

映画、海外ドラマ、音楽、ビデオゲーム、ガジェット、自作ハイエンドPC、車、バイク、政治、経済、株式投資、格闘技、70年代のTVドラマ、超常現象などが大好きな湘南在住の管理人です。東京に住んでいた頃は、ハイエンドオーディオ、ハイエンドホームシアターなど趣味で実践していました。現在は、ソニー4KブラビアX9500Gの85インチで洋画、海外ドラマ、ビデオゲームをYAMAHAのA3070AVアンプ経由で5-1-4 9.1チャンネルのDolby Atmos環境で楽しんでいます。映画やゲームレビューはこのシステムかサブシステムのLG 55インチNANO91 4K 120Hzで検証しています。様々な幅広いジャンルでの経験で得た知識、見識をレビューやエッセイも含め、色々と書き綴って情報発信していきたいと思っています。尚、当サイトで書く内容は、あくまで個人的な好みや価値観での意見を書き綴っていますので、あしからず。 YOUTUBEチャンネルでは、高画質をモットーに4K解像度のゲームプレイ、PCゲームのベンチマーク動画、グラフィック比較動画に加えて他に好きなものなど、色々と公開していきたいと思いますので、お気に召したらチャンネル登録をよろしくお願いいたします。  https://www.youtube.com/user/hidebusa720