【XboxWire日本語訳】Designed for XBOXモニターの新製品を紹介。Xbox Series X|SでHDMI 2.1の真の実力を引き出す。

米国XBOX公式ニュースサイトXboxWire更新され、「Designed for XBOX」プログラム認定のモニターディスプレイ新製品紹介記事が掲載されたので、日本語訳でご紹介します。

非常に興味深い内容で、HDMI2.1端子搭載、4K 120Hzは当たり前として、HDR1000を達成するなどに加えてB&Wスピーカー搭載のハイエンドまで、予想以上にしっかりとした出来な印象です。

日本のメーカーがないのは残念ですが、PHILIPSやASUS、ACERなど品質には定評のあるメーカーです。日本での発売がどうなるのか気になるところです。しかし、マイクロソフトのゲーミングへの力の入れ様というか、情熱には驚かされるばかりです。


Xboxでは、プレイヤーに選択肢を提供することは、ゲーム体験の重要な要素であると考えてきました。コントローラー、ヘッドセット、ストレージなど、“Designed for Xbox“プログラムで提供される製品は、Xboxでのユーザー体験を向上させます。

ゲームにおいて、ディスプレイほど重要なデバイスはありません。新しい世代のゲーム機では、ゲーム体験に比類ない忠実さが求められます。XboxシリーズX|Sの驚くべきビジュアル性能と、HDR、120Hzでの4K、可変リフレッシュレート(VRR)などの考慮すべき新しいディスプレイ機能により、Xboxファンの皆様がお好みのゲーム体験に最適なモニターを見つけるお手伝いをしたいと思います。選択肢は無限にあり、時には混乱することもあるかもしれませんが、 Designed for Xboxチームはあなたをサポートします。

本日、初めてライセンスパートナーのゲーミングモニターが“Designed for Xbox“プログラムに参加することが発表されました。私たちは、フィリップス、ASUS、Acerなどの大手ディスプレイメーカーと緊密に協力して、Xbox Series X|SとHDMI 2.1を最大限に活用できるように、この2年間でこれらの製品を準備しました。PCやXbox Series X|Sでのゲーム用に新しいモニターの購入を検討されている方のために、この夏、新しいDesigned for Xboxモニターを発売します。


Xboxのゲーミング機能を発表。

              

近日中に、一部のモニターに「Gaming Features for Xbox」のバッジが表示されますので、新しいディスプレイがXbox Series X|Sのフルスピード、パフォーマンス、テクノロジーをサポートできることを確信してください。Xbox Series X|Sに搭載されている機能や技術については、こちらの用語集をご覧ください。

当ブログ参考記事:Xbox Series Xでの様々な技術用語を分かりやすく書いてみました。【PART1】

当ブログ参考記事:Xbox Series Xで採用される様々な技術用語を分かりやすく書いてみました。【PART2】

可変リフレッシュレート(VRR)からHDRまで、これらのモニターは最先端のHDMI 2.1技術を利用して、これまでにない没入感と高忠実度の体験を提供します。

Designed for Xboxディスプレイ

Philips Momentum 559M1RYV 55

コンソールゲームの愛好家のために、新しいDesigned for Xbox「フィリップスMomentumディスプレイ」は、ゲームの新時代においてプレイヤーが高忠実度モニターに期待するものです。55インチのこのモニターは、テレビとサウンドバーが一体化したものです。フィリップスのMomentumはマイクロソフトと共同で開発され、電源を入れた瞬間にXbox Series X|Sの最適なパフォーマンスを発揮することが検証されています。オーディオのエキスパートであるBowers & Wilkinsによって設計された高品質のサウンドと、背面の壁にイメージに合った光の輪を作り出す新しい“Ambiglow照明“によって、スクリーンが視覚的に拡大され、プレーヤーは真の没入感を味わうことができます。

フィリップスの「Momentum」は、AMD FreeSync Premium Proテクノロジーにより、120Hzの4K解像度に対応し、画面のティアリングを低減します。また、新たにXbox専用のピクチャーモードを導入しています。VESA認証を取得した「DisplayHDR 1000」は、“ローカルディミング機能“を搭載し、ピーク輝度は市販のミドルグレードのディスプレイの3倍以上で、高コントラストのHDRを楽しむことができます。フィリップスのMomentum 559M1RYV 55型は、今夏より全世界で1599.99米ドル(約17万7000円)で販売されます。また、フィリップスのチームと共にXboxライセンスモニターのエコシステムを拡大していくために、今後も様々な製品を提供していきます。

ASUS Strix Xbox Edition Gaming Monitor XG43UQ 43

ASUS Republic of Gamersの友人たちは、Xboxファンのために新しいモニターの開発に励んでいます。ASUS ROG Strix Xbox editionは43インチで、4K UHDの解像度と1msのMPRT(Moving Picture Response Time)を実現し、大画面での超高速ゲームを可能にします。Designed for Xbox Teamとの共同開発により、ASUSはXbox Series X|Sと組み合わせたときに最適な色、コントラスト、色相の設定を行うXboxモードを作成しました。また、AMD FreeSync Premium Proテクノロジーを搭載しており、ゲームのカクつきを解消し、HDMI 2.1経由でネイティブ4K(120Hz)のスーパースムーズなゲーミングを実現しています。さらに、DCI-P3の90%の色域とDisplayHDR 1000認証を取得しており、高品質な映像と忠実な色を実現しています。ASUS ROG Strix Xbox Edition XG43UQ 43″は、2021年10月発売予定で、価格は地域によって異なる場合がありますので、詳しい情報はお近くの店舗にお問い合わせください。

↓はベースモデル?のレビュー。PG43UQモデルをベースにDesigned for XBOXに改良したと思われます。

Acer Xbox Edition Gaming Monitor XV282K KV 28

28インチのAcer Xbox Edition Gaming Monitorは、4K 120HzとHDMI 2.1に対応しており、Xbox Series X|Sでの次世代のゲームプレイを限界まで高めることができます。1msの応答速度で高い色精度を確保し、VESA DisplayHDR 400により素晴らしいコントラストを実現しています。「Designed for Xbox」プログラムに参加している他のモニターと同様に、このディスプレイは、AMD FreeSync Premium Proに対応しています。Acer VisionCare 3.0を装備し、Acer Xbox Editionのゲーミングモニターは、世界で初めてTUV/Eyesafe認証を取得しています。これは、ゲーマーがゲームの世界へ没入する際の目への負担を軽減します。PCゲームに興味がある方や、より確実な技術的なセットアップを行いたい方のために、このモデルはKVMスイッチを内蔵しており、モニター、キーボード、マウスの設定を変更することなく、複数のPCを簡単に切り替えることができます。28インチのAcer Xbox EditionゲーミングモニターXV282K KVは、949.99米ドル(約10万5000円)で、今秋発売予定です。

↓ベースモデル?のレビュー動画。XV282KをベースにDesigned for XBOXに改良されたものと思われます。

4K 120Hzに対応したUltra High Speed HDMIケーブルの性能を活かして、ゲームをより美しく見せることができます。あなたのゲームは素晴らしいものになるでしょう。「Designed for Xbox」プログラムでは、パートナー企業と協力して、ゲームのニーズに合わせた様々な長さのHDMI 2.1ケーブルを提供しています。

新製品のCable Matters Active HDMI Fiber Optic Cableは、現在最も長いHDMIケーブルの一つです。認定されたUltra High Speed HDMIケーブルは、市場で最も長い32.8フィート(約10m)で、フル4K解像度と120Hzのリフレッシュレートをサポートしています。

「Certified Active Ultra High Speed HDMI Cable」は、64.99米ドル(約7,195円)から販売を開始しています。(米国の販売店:Amazon/Walmart市場。アメリカ、カナダ、イギリス、ドイツ、イタリア、エス、フランス、オランダ、日本、オーストラリア)


これは始まりに過ぎません。今後、より多くのモニターが「Designed for Xbox」プログラムに参加することを期待しています。Xbox Series X|Sでゲームを楽しむためには、緑色のGaming Features for Xboxバッジを探して、Xboxと次世代の旅を始めてください。

via XboxWire

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

映画、海外ドラマ、音楽、ビデオゲーム、ガジェット、自作ハイエンドPC、車、バイク、政治、経済、株式投資、格闘技、70年代のTVドラマ、超常現象などが大好きな湘南在住の管理人です。東京に住んでいた頃は、ハイエンドオーディオ、ハイエンドホームシアターなど趣味で実践していました。現在は、ソニー4KブラビアX9500Gの85インチで洋画、海外ドラマ、ビデオゲームをYAMAHAのA3070AVアンプ経由で5-1-4 9.1チャンネルのDolby Atmos環境で楽しんでいます。映画やゲームレビューはこのシステムかサブシステムのLG 55インチNANO91 4K 120Hzで検証しています。様々な幅広いジャンルでの経験で得た知識、見識をレビューやエッセイも含め、色々と書き綴って情報発信していきたいと思っています。尚、当サイトで書く内容は、あくまで個人的な好みや価値観での意見を書き綴っていますので、あしからず。 YOUTUBEチャンネルでは、高画質をモットーに4K解像度のゲームプレイ、PCゲームのベンチマーク動画、グラフィック比較動画に加えて他に好きなものなど、色々と公開していきたいと思いますので、お気に召したらチャンネル登録をよろしくお願いいたします。  https://www.youtube.com/user/hidebusa720