【UIバグ?】新しい第2世代Apple TV 4Kで、一部の4Kコンテンツを再生し、UIを見ると「HD」と表示される模様。

新しいApple TV 4Kでは、テレビ番組や映画が「4K」表示されず、「HD」と表示されることに一部のユーザーから指摘されています。

この現象は、4Kソースを再生しリモコンでスライドダウンすると、上から降りてくるUIを観る事が出来ますが、そこに表示される解像度ソースが4KソースであってもHDとしか表示されないのです。

これは、Netflix、HBO Max、Disney+などのサードパーティ製アプリケーションや、スタンドアロンの「iTunes Movies and TV Shows」アプリケーションを通じて提供されるiTunesコンテンツも該当するようです。

メインのアプリである、Apple TVアプリは影響を受けておらず、すべての4Kコンテンツが正しく4Kと表示されます。

当初、この問題はHDMIケーブルの問題ではないかと考えられていましたが、ユーザーからは第1世代のApple TV 4Kと、発売されたばかりのモデルを同じケーブルで試しても同じ問題が発生するという声が寄せられています。

実際に画面に表示されている映像が、新しいApple TV 4K上でHDなのか4Kなのか、はっきりとした真偽は不明です。それは、実際に表示されている映像が4Kであっても、インターフェースがHD品質を表示するという、UIのバグなのではないか?という推測もあります。

しかし、Apple TVは、4Kモードでは常に4K信号をテレビに送信し、必要に応じてUIをアップスケールするため、これを確認することは正直なところ困難です。また、アプリケーションによっても動作が異なる可能性があります。

私もTV OS 14.6の状態で、NETFLIXやMovies iTunesで4K解像度ソースを再生し、上からUI画面をスライドダウンして確認してみましたが、4K対応タイトルのはずが、UIでは「4K」ではなく「HD」と表示されている事を確認出来ました。自分は、印象として前述のとおり、UIのバグではないか?と感じます。

Redditのユーザーによると、このバグはTV OS 14.6のパブリックリリースとTV OS 14.7のベータシードの両方に存在するそうです。

おそらく、アップルはこの問題を認識していると思われますが、修正のスケジュールはまだ不明ですが、そう遅れる事なく修正アップデートが来る事に期待したいと思います。

🔚

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

映画、海外ドラマ、音楽、ビデオゲーム、ガジェット、自作ハイエンドPC、車、バイク、政治、経済、株式投資、格闘技、70年代のTVドラマ、超常現象などが大好きな湘南在住の管理人です。東京に住んでいた頃は、ハイエンドオーディオ、ハイエンドホームシアターなど趣味で実践していました。現在は、ソニー4KブラビアX9500Gの85インチで洋画、海外ドラマ、ビデオゲームをYAMAHAのA3070AVアンプ経由で5-1-4 9.1チャンネルのDolby Atmos環境で楽しんでいます。映画やゲームレビューはこのシステムかサブシステムのLG 55インチNANO91 4K 120Hzで検証しています。様々な幅広いジャンルでの経験で得た知識、見識をレビューやエッセイも含め、色々と書き綴って情報発信していきたいと思っています。尚、当サイトで書く内容は、あくまで個人的な好みや価値観での意見を書き綴っていますので、あしからず。 YOUTUBEチャンネルでは、高画質をモットーに4K解像度のゲームプレイ、PCゲームのベンチマーク動画、グラフィック比較動画に加えて他に好きなものなど、色々と公開していきたいと思いますので、お気に召したらチャンネル登録をよろしくお願いいたします。  https://www.youtube.com/user/hidebusa720